香港独立を中国高官が否定。 なんのこっちゃ。 大陸無限ループ

画像


中国政府の高官は16日、香港が独立することは「不可能」だと述べ、2047年に香港の「一国二制度」が終了した時点で独立すべきだとする一部の主張を牽制した。
香港大学の学生会誌「学苑」は今週、ウェブサイトに「我々の2047年」との見出しで記事を掲載。香港が国連が認める独立国となり、民主主義政府と独自の憲法を持つべきだと主張した。
全国人民代表大会(全人代)終了を受けた記者会見で、これについて質問を受けた全人代法律委員会の喬暁陽主任は、香港の独立は「不可能」だとした上で、「香港がどうやって独立するのか」と逆に質問を返した。
香港が英国から中国に返還された1997年に発布された基本法では、50年間「一国二制度」を維持することが約束されている



香港が経済的にも、感情的にも傷ついている。
大年初一の旺角騒擾(Mongkok riot)についても
先週、香港人4、5人に広東語で聴いていてみた。

我的所愛的香港、怎么会这样的呢。(普通話の文字で申し訳ない)
(私の愛する香港はどうしてこんなになってしまったのか)

回答は無し。 香港人全員沈黙。

語りえぬことは沈黙せざるを得ない。

質問してみて気がついた。
独立するにはどうするのかの答えがないまま、ただ大陸がいやだからといってもなぁ。

「保育所落ちた日本史ね」と同じだな。
やり場の無い気持ちを、身近な相手に対して打撃を与えているだけだね。
日本に生まれて日本に死んでいく。日本無限ループ。

語りえぬことは沈黙せざるを得ない。

ところで、表題の写真は2006年の台湾の老人。
大日本帝国の教育を受けていることが自慢と語ってくれた。

毎晩、公園で日本の唱歌を演奏している。
とても楽しそうであった。

当時は新たな空間を作り出そうとする、夢も希望もあったんだよね。

向かうべきところを指し示し語ることができなければ,
元の空間に逆戻りだ。
語ることができなければまたそれは元に戻ってしまう。

大陸へのアンチテーゼでは無限ループ。自己矛盾。
孫悟空はいくら飛び回ってもお釈迦様の手のひらから
抜け出せない。

いつの時代もどの空間を獲得するかなのだ。

大陸無限ループ
英語で言うと Continental infinite loop.

東アジアの近代史の課題は
大陸無限ループからの脱出なのではないか。


で・・・・・。

無限ループに陥らないよう。この辺で終わり。

See you !

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック