国境 その2 これはいわゆる北朝鮮レポートではない

画像


韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は21日午後3時19分?4時5分(日本時間)に、東部の咸鏡南道?咸興南方約20キロの一帯から日本海に短距離の飛翔(ひしょう)体5発を発射した。飛距離は約200キロと推定される。韓国軍は飛翔体の種類を分析中で、軍関係者は「口径300ミリの新型多連装ロケット砲の可能性もある」と述べた。
 北朝鮮は3日に新型多連装ロケット砲6発、10日に短距離弾道ミサイル「スカッド」2発、18日に中距離弾道ミサイル「ノドン」2発をそれぞれ発射。ノドンの1発は飛距離が800キロに達した。 


写真は北朝鮮側(3月某日)。飛翔体は見えなかった。

さて、国境の話をしよう。


琿春(こんしゅん)駅を降りて、車を走らせて海を目指す。

画像


ひたすら車を走らす。ずっと一本道だ。通りにポツリポツリと
朝鮮式の農家が見える。

シナと朝鮮の国境である。豆満江が見えてきた。
ちなみに、鴨緑江は丹東側だ。基本的には氷結しており、渡河は可能だ。
冬場の夜は簡単に行き来ができそうだ。

豆満江沿い1時間近く走らせると。シナと朝鮮をつなぐ橋が見える。
たくさんのトラックが橋を渡っている。(冒頭の写真)

国連決議は?制裁は?????関係なさそうだ。

口岸も見える。トラックだらけだ。
画像


西側の報道ばかり信じている諸君にはわからないだろう。
どういうことだ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ということでネットの調子が悪いので今日はこの辺で。

明日以降につづく。

See you !

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック