BABYMETALの衝撃 その2 論理哲学論考と哲学探究を念頭に

画像


BABYMETALの衝撃について書いた。

BABYMETALの衝撃をうけてから、私は
再びヴィトゲンシュタインの2大著書「論理哲学論考」と「哲学探究」を
読み比べることにした。以下検証を続けたい。
BABYMETALの衝撃については深く検証するのものの
「謎」が多い。検証には時間がかかる。

なぜ、BABYMETALは検証を困難にさせるのか。
検証方法はいろいろなアプローチがあり。

ネットを見れば一目瞭然で世界各地で検証や論争が
巻き起こっている。

肯定的なものから否定的なものまで多種多様である。
では方法論の一つとして全く受け入れない反応から検証してみたい。

一般的な否定的な反応としての代表的なものは「アンチテーゼ」である。

3人の少女は結成前にメタルは知らなかったのでこれはメタルではない。
こんなものはロリータコンプレックスである。

既存の概念から受け入れられないとき人はどうするのだろう。
まず、否定なものから入り都合の良いレッテル貼りをして拒否する。

一番判りやすい方法だ。「近頃の若い者ときたら」に代表される
様なことである。

一般人は経験外の事に対して殆ど理解することはできない。
言い換えると概念は経験を通じていないと理解できない。

先験的なものは一般的には理解できないのである。
数学や論理学は先験的であろうが、一般人としては難しい。
経験外の事に関しては拒絶することが効率的である。

方法として、経験の枠内での否定的要素を取り出し、レッテルを
貼り、そして排除することである。

メタルファンとしてはBABYMETALはメタルではないとして片付ける。
アイドルファンとしてはBABYMETALはメンバーの年齢が若すぎると
いうことを利用してロリータコンプレックスとして排除する。

ここで、一般人は自己の経験上の空間の保全に成功する。
そこでめでたしめでたしとして終了となる。
やっぱり自分は正しかったんだとなる。

私はいつも考えていることとして、以下を述べる。
一般人は理解できない新概念に対して9割以上の確率で
レッテル貼りをして排除するか「気味が悪い。気持ち悪い」
という反応なると思う。そしてその新概念を排除をするのだ。

これが、新概念だ!文学だ!と叫び街に出て呼びかける
ことをする人間は極めて稀である。

例を出すと明治維新というものがある。
私は長州のマッドネスが明治維新の原動力であると
考えているが、長州のマッドネスなるもはっきり行って
今で言うテロリストや思想犯である。
吉田松陰も何度となく投獄されている。

しかし、今となっては明治維新はあたりまえであり、
日本人も明治維新の恩恵を今でも受け続けている。

新概念は当初は受け入れられないのだ。

BABYMETALは新概念である。

で・・・・


では新概念はどうやって受け入れるのだろうか?
結論から言うと新概念は間違いや失敗を繰り返し、鍛錬をした上で
獲得するものである。
新概念は受け入れるものではなく、獲得するものである。

たとえば彼は数学ができるということがある。
彼は数学ができるということは彼は数学の概念を獲得したということである。

数学の概念が獲得できなければ数学はできるようにならない。
これはBABYMETALにも当てはまる。

なぜ、BABYMETALは中毒性が強いのか?
という問いたいしての答えになると思う。

私の答えは「BABYMETALは新概念であり、且つ概念を獲得
しなければ理解できないものである。よって、それは人としては
結果的に中毒性が強いという言い方になる」としたい。

数学の得意な人間はある一定の期間、異常な執念を
燃やして、猛烈に間違いや失敗を繰り返し、鍛錬して獲得し
ている過程が必要であり。
端から見れば数学基地外および中毒と表現するのと同様と考える。

BABYMETALは中毒性が高い。という命題の解説になったで
あろう。

さて、BABYMETALは新概念であるという検証の過程において
同時にBABYMETALは中毒性が高いという認識の真相も判明
するという副産物も生まれてしまった。

今日の検証結果。BABYMETALという新概念には中毒症状とも言うべき厳しい
概念の獲得過程が必要になる。結論が導出された。

今日のところは長くなったのでこのくらいにして明日以降にしよう。
まだまだ続くぜ!

See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック