BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.1

画像


遂にBABYMETALの2ndがリリースされた。
ダウンロードに時間がかかりすぎだ。
予約をしていたのでメールも来た。ダウンロード開始。
レビューを始めるぞ!

全体的な印象 概観 ざっくりとしか聞いていないけどね。

先行して「The One」のMVがリリースしていたね。

少々下品も加えていているね。良いけどね。「馬鹿野郎」の歌詞もあるな。
別に良いのではないか。メタルだからね。逆にぶっ飛んで欲しいところもあるな。
妥協をしても何もならない。「いかれ」ていないと日本人らしくない。

個人的には歌詞は全部終始一貫「馬鹿野郎」でも良かったのではとも思う。

STAY METAL(メタルを続けて欲しいが、続けられるか?)が
彼ら(彼女たち)の宿命だからな。

METALに縛られそうで打ち破ろうとしている苦悩があり
端的に言って素晴らしい。昭和歌謡ぽっくなっているところも素晴らしい。

J-POPに行くのか昭和歌謡に行くのかの迷いも面白い。

徹底的に昭和歌謡とメタルを重ねるのも一つの解かもしれない。
と思わせる実験もあり。ここも素晴らしい。

1STを超えられないというのはアーティストの苦悩なのだから。
1stが「死」と「呪い」(ここまでは行っていないが)であったのが
今回は歌詞は聴衆に向かっての挑発がテーマかな。

でもJ-POP気味だな。J-POPが挑発になるかどうかだな。分裂しているな。
全般的には素晴らしいが、NEXT J-POPを目指して欲しかったな。

昭和歌謡なのかJ-POPなのかはっきりしてもらいたかった。
個人的には昭和歌謡のほうがぶっ飛びそうで面白いと思うのだが・・・・。
J-POPの領域ではぶっ飛ばすことはできないだろう。そこが抑え気味だな。

演奏は相変わらず超絶技巧を加えている。
抑え気味にはしていないがもっとできるハズ。
演奏家の個性をもっと引き出して欲しかった。

とはいえ、全体には一言で言うと素晴らしい。

SU-METALは歌声が更に進化したね。KARATEでも歌声に伸びが出ている。

英語の歌詞はいただけない。残念。英語禁止!!!!!
英語圏に対する弱気と焦りが見えるな。

英国で受け入れられたのは英語を使わないからだ。
英語ダメ!ゼッタイ! No more! English! Forever!

ゼロ戦を主力とした航空部隊がプリンスオブウェールズを沈める!

とはいえ、全般的には想定内の中であるが殻をぶち破ろうとする
苦悩が垣間見えて良いと思う。

スゲーな私の音楽経験及び知識をかなり動員したぞ。へへへへ。

サウンド的にはリズムセクションを軸にしたアンサンブルを
奏でているので、ライブでやるのは難しいだろうう。
もちろんプロだからやるだろうが。

ちなみにシンフォニックメタル要素も加えているのか。
シンフォニックメタルではないと思うなぁ~。
シンフォニックではぶっ飛ばないんだよなぁ~。

小神様がいるのであるなら、ピッキングハーモニクスを多用した
静寂感も欲しかった。

歌詞はJ-POP気味で時々下品で音楽はメタルプラスシンフォニックというところだろうか。

われわれの音楽の残りは昭和歌謡のほかには
滝廉太郎か山田耕作ぐらいしかないのでね。、
古賀メロディーは朝鮮ミュージックだからな。

まぁ・・・・・・・。
と好き勝手言っても言うのは簡単だが、やる方は大変だ。
期待値が高い分プレッシャーもあるところ頭が下がる。

こっちは金を払っているのだがその分は十分返してくれていると思う。

敬意を表したい。素晴らしい。
SALUTE! See you!

次回以降曲別のreviewにどんどん続くぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック