アラフォーアラサーの騒ぎではない C国独身女は27歳で売れ残り

画像


C国で、現在物議をかもし出しているCMがある。
化粧品メーカーのSK-ⅡがだしているCMだ。

独身女の悲哀をドキュメンタリータッチで描いている広告だ。


画像


一人夜の街をさまようシナ人独身女性。
ちなみに、言い方もシナ語らしく厳しい。

売れ残りというと「剰女」と書く。余剰の女という意味だ。

淑女と発音が同じなので直接悪口をいわれたかどうかはわからない。
ただし、「彼女は淑女(剰女)だ」という言い方を巧妙に
隠語として使う。

真意は「立派な女性だが、売れ残り」ということである。


画像


家族に食事中でもまだ結婚しないかと責められる。

画像


とはいえ彼女たちもC国社会の被害者だと思う。
かつては、一人っ子政策(去年から始まったが、現在は2人までOK)があり、
当然「晩婚」を奨励。

それまでは「十五でねいやは嫁に行き」状態のため
10人家族は珍しくなかった。

毛沢東時代は女性は最低でも6人は産めと強要された。

一人っ子政策時には制度的には女性は24歳以上の晩婚を奨励した。

でもC国社会では女性はなんと27歳で売れ残りのレッテルを貼られる。

社会的結婚を与えられるチャンスはその期間わずかたったの3年間。

画像


非常に女性に厳しい社会である。
だから逆に淘汰され勝ち抜き、生き残った場合はに非常に強い女性となる。
男性は大事にされるから、はっきり言って無能が多い。

そういうこともあり、シナ人女性は外国人との結婚率も高い。
東京の婚期を逃したキャリアウーマンが外国人と結婚するケースが
多いのと似ている。

いずれにしろこのCMシナ人にはグサッと来る衝撃的な映像なのである。
独身女性の孤独死を連想する映像もある。

保育所落ちた日本史ねなんていっているやつらはよっぽど恵まれているのである。

あたし売れ残りになった。C酷使ね!というやつはいない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック