中国人に対するビザ発給要件等の緩和

画像


1 本30日,外務省は,日中間の人的交流を拡大し,政府の観光立国推進や地方創生の取組に資するため,中国人に対する数次ビザ及び一部大学生等に対するビザについて,ビザ有効期間の延長や発給要件の緩和等を実施することを決定しました。
2 今次決定の内容は以下のとおりです。
(1)商用目的の者や文化人・知識人の数次ビザ申請者について,ビザの有効期間を現行の最長5年から最長10年に延長するとともに,発給対象者の要件を一部緩和。
(2)中国教育部直属大学に所属する学部生・院生及びその卒業後3年以内の卒業生に対する一次ビザの申請手続を簡素化。
3 措置の詳細及び具体的な運用開始時期については,現在検討中です。
(参考)
 中国教育部直属大学は,中国の教育部に直属し,教育部が管理する高等教育機関(75校)。



一言で言って賛成である。

かつて日本政府は研修生の名目で単純労働者ばかりを積極的に
受け入れてしまった。そのため、C国の単純労働者は帰国後も職が
無く、反日になってしまっていた。

加えて、現時点では日本は知識階級を優先的に受け入れて
いない。

C国人の日本の留学は両国にマイナス材料になっている。

つまり、C国の高考(大学入試統一試験)に落ちた人間が、
日本や香港の学校へ進学するようになってしまった。

加えて日本の低レベル大学がシナ人の金持ちの子供たちを
カネで入学させるから低レベル大学がなかなか淘汰されない。

日本帰り(シナ語で海亀という)は90年代までは
ある程度(それでも2流)優秀であったが、
現在、日本は遊学先である。

親が金持ちなのは認めるが全く優秀ではない。遊んでいる。
でも勉強でうまくいかないし、帰国後も就職で苦しむので
帰国後は反日になる。

逆もそうである。C国での日本人留学生もひどい。
日本の大学に受からない人間が遊学してる。

お互い低レベル学生ばかりのいる大学はもう終わりにしてもらいたい。

双方、大学生は低レベルの者ばかりになってしまった。
C国はどこの大学の卒業証明書もカネで買える。

でも、C国は上記の重点大学の本科生卒業者はやはり別。
レベルが高い。ここに着目したところは素直に
外務省を評価したい。


このレベルの人間ならば優秀であり、
留学する必要はないだろう。

1年の自習程度で日本語検定試験2級(今はN2)
ぐらいは突破できる。

日本語学科選考のC国の大学は卒業用件として
日本語検定試験1級(今はN1という)がノルマが殆ど。

レベルの高い日本語、シナ語の概念は大体は同じなのだ。

そもそも、シナ語が近代化して大学の授業ができるレベルまで
到達したのは明治の日本人が漢語で新たな概念を発明した
おかげ。(また、これはこれで後で議論したい)

生活用語は大幅に異なるが、欧州言語やインド言語より非常に近い。

いずれにしろ、レベルの高い者同士が交流するのは良いことだ。
日本の学生が不甲斐ないのが気になるが。

ゆとり世代が全員大学を卒業するにはあと何年だっけ?
ゆとり世代が終わらないうちには戦争をしても負けるし
経済的には大きくは飛躍できないだろうな。

彼らに罪はないが彼らに厳しくしなかった日本人の
大人がいけない。

ゆとり世代へのメッセージ


ブラック、ブラックっていったて、世の中全てブラックなんだよ。
世の中は理不尽なんだよ。所属している組織のせいにするな。
お前らブラック企業しか入れないレベルの癖に文句を言うな。

ブラックが嫌なら自分で起業しろ。起業が一番。
活路を見出すためには自分自身で新しいことをやることさ
かつての日本人たちはみなそうしてきた。


では See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック