BABYMETALに学べ!  爆買い失速対策  漢語 ダメ! ゼッタイ! 

画像

“爆買いバブル”の減速が、いよいよ深刻化している。

10月1日から始まった、中国の国慶節に絡んだ大型連休。今年も多くの中国人が日本へ向けて旅立った。訪日観光客に人気の銀座も、この連休中は多くの観光バスや、キャリーケースを引く観光客が溢れた。

その一方、三越銀座店の空港型免税店「Japan Duty Free GINZA」は、あまりにも閑散としていた。空港型免税店とは、消費税だけでなく関税や酒税、たばこ税まで免除される免税店。今年1月末に、沖縄県を除く初の店舗として銀座店の8階にオープンした店舗だ。ところが、今や高級ブティックには文字通り人っ子1人おらず、中国人女性に人気の美容家電を販売する特設コーナーでは、商品を手に持った女性販売員が所在なさげに立ち尽くしている。高級感溢れるお酒とタバコの売り場には、1月下旬の開店当初はなかった「じゃがポックル」や「キットカット」などのお菓子が、うず高く積まれていた。


三越・伊勢丹とあろうものがなぜこのような単純なミスを起こすのか?


私のBABYMETALの英語 ダメ! ゼッタイ! の記事をご覧いただいた方ならば、なぜ、老舗デーパートの爆買いが失速したのかわかると思う。

三越・伊勢丹だけではない。インバウンドを狙う店舗の共通した間違え、ミスである。
ミスでは済まされない。シナ人の二重国籍の党首の方も国会の追求でよく言うよね。

日本人の特性から仕方ないとも言えるが、なぜ、シナ人が爆買いをするかの分析が足りない。
と私は考える。日本人は未知なものに対してのアプローチが下手。
未知なものに対して自分の常識で考えてはダメなのだ。

論理的に考えて欲しい。
思考実験にお付き合いを。

シナ人はなぜ爆買いをするのか?
 円安だからか?
 カネが余っているからか?

いいえである。
BABYMETALに置き換えて見て欲しい。

BABYMETALを見に東京ドームまで来る外国人は
 円安だから?
 カネが余っているから?

違うだろう。そこが日本人の弱点と言って良い。
私の分析としてはこうである。

BABYMETALは英語を話せないから世界的に評価が高いのだ。
これは全てではないが大きな要因である。

だから、伊勢丹・三越ともあろう老舗が何をやっているのか。
ラオックス等のシナ資本の店では仕方がないが、どうすればよかったのか。

そう、シナ人は日本で雇われたシナ人店員のサービスなんかは受けたくないのだ。
漢語の看板など見たくないのだ。真っ平御免。ということだ。

これは私があるシナ人から直接聞いた。
そのシナ人は日本旅行のリピーターだがシナ人店員がいるだけで買い物をしたくなくなるそうだ。自分の片言の日本語でやり取りを試してみたい。日本の店に行っているのだから日本人の店員だけの店に行きたい。とのことだ。

BABYMETALも同様だ。
英語圏の人間はBABYMETALの英語の歌などこれっぽっちも聴きたくない。
英語のサービスなど全くごめんだ。日本語に興味を持っているのだから、こちらから日本語を勉強する。英語は大きなお世話である。

客は世界最先端を求めているのだ。媚びるための不自然さを求めていない。
やりたいようにやれ。やりたいようにクオリティーを求めれば良いのである。

日本人は良心的に外国人のために英語を勉強しなきゃ。シナ人店員を採用しなければと思ってしまう。それが、シナ人にとっても外国人にとってもありがた迷惑なのである。

経済的には幸いなことに日本への旅行客は減っていないと聴く。むしろ増えている。
ホテルは相変わらず満員だ。
老舗デパートさん。もし、シナ人の爆買いをお求めなら。
BABYMETALを勉強することですよ。

漢語!ダメ!ゼッタイ。

再見!(あれ程、漢語はダメって言ったろう)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック