引き揚げ船

香港、C国からは良く見える 

たぶん突然の最終回

長春のタクシーに乗るたびに私は運転手に
お前は海を見たことがあるかと問う

私は海は見たことがないという運転手はさすがに気の毒だと思う。

だからうるさい長春のタクシー運転手にはこれが一番効く。

大連の公務員さんたちは日本に行かれない。
けれでも志賀高原で一度でも良いからスキーをしてみたいそうだ。

札幌で出会った香港人は生まれて初めて積もっている雪を見た。
でも、私は意地悪く。お前は中国人だとするならば雪を見たければ北大壺へ行くべきだ。
と言ってしまった。

春節が終わっても大阪はシナ人だらけなんだ。
けれどもシナ人は梅田でも心斎橋でもわざと日本人の真似をして目立たないように振舞っている。

ああ。

気がついたら私は引き揚げ船に乗っていた
船はゆっくりと下関へ向かう

大連、天津、青島、上海、広州、香港。
目に浮かぶのは懐かしい港町

全てを置いてきた
着の身着のまま下関についたよ。博多による時間はないかもしれない。

家族が離れ離れにならなかった人
離れ離れになってしまった人どちらもいるだろう

ああ。

南洋の水平線に浮かぶ島々
ソ満国境の地平線に沈みゆく夕日

過去を言ってもそれを知らぬ内地の人にとっては関わりのないこと
過去は我々の心の中の記憶に刻まれている

これから何をしようかね。
いずれにしろそもそも何にもないから何でもできるんじゃないの。
ワクワクする新しい明日が我々を待っている

そして皆様方の人生に幸多かれ





この記事へのコメント

2017年03月04日 04:25
日本に無事戻れたようですね。

密かに心配してましたが安心しました。

幸多い新しい日々を重ねられますように!
2017年03月04日 21:47
暖かい声援ありがとうございます。
内地に帰ってきてまだ落ち着かない日々が続きます。
今後の事も含めてゆっくり考えたいと思います。

この記事へのトラックバック