人手不足になると賃金が上がるのか? 2

画像


人手不足になると賃金が上がるのかという問題です。
前回言及しましたが、大規模金融緩和はやった方が良いと私は思いますが、やはり阻害要因の方が今は強いのではないかと思います。効果が表れにくい。だからその阻害要因ということについて以降はフォーカスしますね。

以前も申し上げましたが、人材の流動性の問題があります。内地は海外と比較して流動性が低いです。
これは昔から言われていますし逆にバブルの時は流動性の低さが日本的経営の強みなんて分析されてましたよね。

内地は既に終身雇用は完全ではないとは言えやはり長期雇用ですね。
年々経験値が上がったということで少しずつ給与が上がって行くシステムですね。

それ以外に給料を上げるとしたらどう言うイメージでしょうかね。
私は賃金が上がる可能性を思いつきません。

企業としたらはこの人材を流出つまり、他社にヘッドハンティングされるぐらいなら、と言うことで給料を上げると思うのですね。そのぐらいの可能性ですかね。

現時点で課題になっている人手不足というのは若い人が対象ですよね。そうなると企業としてはなかなか採用の時点特に新卒では賃金は上がらないと思うんですね。

はっきり行って大企業に入れる優秀な新卒でさえ職業経験ゼロつまり経験値ゼロですよね。
結局は企業つまり雇用主は被雇用者の報酬を払うんですが、あくまでもそれは企業側の期待値
で払っているようなものですね。

いくら良い大学を出ていても、良い業績を出せるかは本人の努力次第です。
未来の業績は保証はできないです。

いわゆるアベノミクスの第3の矢は教育でないといけないと私は思っております。
色々産官学で投資をしていますが直ぐにはうまく行きません。そうですね。即効性はないと思うんですよ。
新しいことをやれば失敗もありますね。

また、内地の人間は嫉妬も多いですので、新しい芽に対して寛容ではないのですね。

話が逸れてしまいましたが、元に戻すと、人手不足ですね。賃金が上がるのでしょうか?
難しいでしょうね。簡単ではありません。今まで企業が苦しい時に賃金を下げなかっただろうとも言えます。

企業もバカではないので人が取れなくなったらからといって簡単には給与は上げないでしょうね。
それともう一つの大きな要因がひたひたと忍び寄るAI化の波ですね。

AIも二つの道があると思います。つまりAIを推進する側は狙いを定めて推進するでしょう。その流れが大きくは2つに分類できると思います。

一つは高報酬の業務のAI化です。こちらは現在の高報酬の業務、お医者さんとか弁護士さんとかですね。
こちらの高報酬の仕事は高報酬のゆえ、AI化の波にさらされます。IT投資に収支が見合うわけですね。
画像


当然、お医者さん、弁護士さんの報酬は今後は下がっていくでしょう。すでに歯医者さんはAI化の波に晒される前から、報酬は厳しいくなっていますよね。

もう一つの流れがあります。IT投資に収支が見合わない方の流れです。

業務のIT化の方はやり尽くしてしまった。できるところはですね。あとのIT化としては置き去りにされた分野ですね。例えばたまにの仕事、システム開発投資がバカバカしくなるぐらいのつまらない仕事が自動化の対象になるでしょうね。

お客さんが記載した書面を端末に打ち込んだり、客先リストに地図を加えたりする簡単な事務作業です。

これらの仕事ですらこれからどんどん無くなりますよ。
むしろ人手不足解消の方向に行くでしょうね。反復作業は無くなってしまう。

そうするとやはり人材採用は置いておこうと言うことになるでしょうね。
そうなると困るのは誰でしょうか。

やはり若者です。と言うよりも、従来型の学習をしている学生でしょう。
先ほど申し上げました通り、一生懸命大学の医学部、法学部を卒業して頑張ったところでAIに取って代わられてしまう。そういう可能性だってあるのですね。

また、その他反復性の事務作業である仕事はどんどん無くなってしまう。
本当に厳しい世の中ですね。一度でもやったことのある仕事はAIが行う。そうすると、人間が業務を繰り返さなくなってしまうのですね。つまり反復業務がなくなるということですね。
画像
一度あるお手本になる先生がやった業務。それはレコードされているので機械がやってくれる。
では人間は何をすれば良いのでしょうか。

そうですね。やはり、人対人の仕事は無くならないでしょう。

それと一発芸をどんどん繰り出して行ける様な人は生き残るでしょうね。
一発芸です。二度と同じことはしません。

だから機械がレコードしても無駄です。
アイデアがどんどん出る人は失業はしないでしょうね。

まとめると生き残るのはこの辺りかな・・・もう少々あると思います。

・対人系職種(営業、店舗窓口)
・アイデアがどんどん出る人(企画系)

この辺りの人は生き残るでしょうね。機械化できないでしょうから・・・。
でも、この辺りの人々は賃金はうなぎのぼりなのでしょうか?

そうとは思えませんね。生き残る業種の話は後で別の機会にまとめましょう。

続きます。

では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック