BABYMETALコンサート大阪城ホールに参戦2

本当は狐の神様が憑依しているため、コンサートの詳細は全く記憶がないハズでありますが?
画像


BABYMETALコンサート大阪城ホールに参戦の2回目です。
前回はコンサートの音について申し上げました。

今回は会場及び周囲のメイトさんについて私なりに見たことを申し上げますね。
メイトさんというのはBABYMETALのファンのことです。

BABYMETALのコンサートはメイトさんを見ていても楽しいですね。
BABYMETALの魅力の一つは非常に多種多彩のファンですね。

加えて老若男女の幅広い支持層ですね。とはいえ、彼女たちの同年代の中高生男子が若干少なめですがね。大学生男子になるといるのですがね。まぁこの話題は別の機会にしましよう。

私は1日目はスタンド席で2日目はアリーナでした。
画像

スタンディングエリアでは区割りが細かく分かれています。BABYMETALのようなメタルバンドのコンサートはよくモッシュと呼ばれる興奮した観客が相互に体をぶつけあう現象が発生します。

会場側としては観客が極力モッシュはできないようにするための措置でこうなっているのかなと思っていました。しかし、小規模なモッシュは発生しました。私は極力巻き込まれないようにしましたが、何度が体当たりされて巻き込まれてしまいました。後半の体当たりはかなり体に響きます。

普段から体を鍛えていない人は体を痛めるので注意が必要だと思いました。

次に個別のメイトさん

メイトさん
20代前半の女性編

BABYMETALは全員が女性ですね。だからファンのメインは男性が圧倒的と思いきや・・・。
いやよく見ると女性も多いのに気がつきますよね。私の周辺でもアリーナスタンディング以外では女性が多かったですね。

スタンディング席で私の隣の隣のお姉さん見た目では20代前半でした。どうやら終始一人ボッチでの参戦でしたが元気よく飛び跳ねたり声を出したりしてノリノリでしたね。20代の女性が意外に一人ボッチ参戦が多いように感じました。見た目は猛女という訳ではないのですが、普段の鬱憤を晴らすがごとく、人目も気にせず、終始気合いが入っていましたね。
画像

また、もう一人いましたね。入場で並んでいるときに質問されました。BABYMETALのコンサートはスタンドやアリーナという言葉を使わないため不明確ですね。一人のお姉さんに質問されて教えてあげました。彼女も見た目は20代前半のようでした。一人で来ているとのことでした。

今の日本の20代の女性は意外に孤独なんですね。

おじさん編
画像
驚いたのは2日目アリーナで次の曲を待っていると隣のおじさんが突然首を垂れて手を合わせ始めました。始まったのが紅月(アカツキ)という曲ですね。もちろん出だしはSU-METALさんのソロがありますね。ソロの時はまるで観音様を拝むように終始瞑想しておりましたね。

画像

いろんな人がいるので書ききれませんが、BABYMETALのコンサートは様々なメイトさんに出会えるので楽しいですね。多彩なのですが、悪そうな人は出会いませんね。なぜかわかりませんが意地悪でない良い人ばかりのような気がしますね。これもBABYMETALのコンサートの良いところだと思います。

長くなりましたので今回はこの辺で・・・。

続きます

See you!