今年1年を振り返って 1

12月になり平成29年が終わろうとしている。昨年同様今年1年を振り返って見たいです。

一言で言うと亀裂が深まった一年であったと思います。
まさしく、亀の甲の様に割れる裂けることです。

画像


亀裂が起きたら基本的には元に戻りません。不可逆的だと思います。
2016年の年末および2017年の年初にブログで予想したことなんですね。
全部が全部当たった訳ではありませんが、振り返ると総じて方向性は間違っていなかったですね。

地政学的に一部ですが概観してみましょう。

欧州
亀裂はもちろんBrexitであります。英国が欧州連合という幻想に戻らないと言うのは彼ら英国人はよく分かっていますね。もちろんこれも不可逆的でしょう。これについては昨年散々言及しましたのであまり深入りしません。

画像


日本
亀裂は大したことがなかったです。小規模でしたが、古いものの亀裂が明らかになり予想通り、木っ端微塵に砕けました。

つまり、いわゆる旧民主党の勢力が小池都知事と一緒になって分裂したことですね。
中には驚かれた人もいるでしょう。でも、私は解散から大分前にブログで指摘しました。

画像


民主党というのは当初から綱領がないです。端的に言って闇の勢力と繋がっている集団です。本当の心情は偽装保守から極左までデタラメです。闇の勢力でデタラメなゆえに、明文化されるとひとたまりもない。だから、綱領を作ろうとすると分裂するのです。と今年の前半に申し上げました。

画像


一度、民主党は民進党になりましたが、そして結局、政策の踏み絵を提示した小池都知事によって分裂してしまいましたね。これも、綱領というか政策の基本路線を確認するだけであっけなく大分裂したのです。小池知事が質問したのはたかだか安全保障の考えだけですよ。いずれにしろ、私が予想していたことが、立証された形となりましたね。

画像


米国と北朝鮮情勢
今年はトランプ大統領の誕生や北朝鮮危機等があったが、それ以外はなんとか総じて大きな亀裂が深まるということがなかったと言えます。米国と北朝鮮については皆様の方がお詳しいので控えます。

画像


香港とシナ
例えば香港はどうだったのでしょうか。ほとんどシナ共産党に押されっぱなしでありました。もうシナ共産党との亀裂が決定的になってしまいました。自由や人権を大切に思う香港人はどうするのでしょうか。海外に逃げるかどうか?とは言っても、どこに逃げるのでしょうかね。理想としては米国だった筈でありますが、台湾や日本になっておりますね。

香港人は流浪していると思います。少し種明かしをすると、
私は未来を予測するときには香港人や広東人の行動を参考に見ることにしています。

彼らは現在流浪していますね。亀裂して砕けっ散った破片が飛び交うごとくですね。
ですから、当然ここ数年は流浪すると思いますね。

旅行・観光業
流浪とくれば、漂泊。漂泊とくれば芭蕉。芭蕉とくれば旅ですね。ですから観光業や旅行業は好調と思うのですね。
画像


あれだけ北京政府が反日キャンペーンをやるのですが、シナ人の訪日人数は衰えませんね。
むしろ、わざと訪日するシナ人が多い様な皮肉な現象ですね。

特に大阪を中心とした関西経済は訪日アジア人で支えられていると言っても過言ではないですね。
もちろん、日本では東京を中心とした首都圏の訪日外国人が最も多いですが、関西圏も活躍していると思いますね。

そこに気がついた人たちはホテル業で大儲けですね。アパ社長もホクホク顔でしょう。狙いが当たりましたね。訪日外国人のおかげで日本のビジネスマンは出張でホテルが取れずに大慌てですね。

少し長くなりましたので今回はこのくらいです。

続きます。

See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック