陸上競技1 日本新記録で1億円

2020年に東京オリンピックが開催されますね。それを意識して、今回からは陸上競技というものに注目して行きたいと思います。最近は陸上競技観戦をするようになりました。今回は第1回です。マラソンについて申し上げたいと思います。

昨日大迫傑選手がシカゴマラソンで2時間5分50秒で第3位となり、日本新記録を出しました。
画像


設楽選手に続き、日本記録が更新されたということですね。
まずはおめでとうございますと言いたいですね。

とはいえ、賞金が1億円というのは思い切ったことをしましたね。

そもそも、陸上競技で生計を立てるのは非常に難しいですね。
スポーツでも野球やゴルフやテニスや相撲は賞金が昔から多く、プロスポーツとなっていますが、陸上競技や競泳という競技でのプロは殆ど記憶がありませんね。

先日私も陸上競技を見る機会が増えています。しかし、やはり、チケットが有料でスタジアムが満員になることはあまりないですね。男子100m走の山縣選手や桐生選手は有名ですが、その他の種目は人気があまりあるとは言えませんね。その中でも、箱根駅伝というのはなんとか昔から経済的に成り立っていましたね。

しかしそれも学生の間だけですね。

特に長距離種目は非常に厳しい練習をしていますし、その間に仕事はできないですから、生計を立てるのは難しいですね。

実業団でやっていくという可能性もありますが、それは企業の善意ですね。単独では経済的に成り立つのは難しいですね。実質は引退後等を考えるとなかなか高校、大学卒業後も陸上競技を続けて行くのは難しいのですね。
以前青山学院大学の原監督について申し上げましたが、ほとんどの人はサラリーマンになって行くのですね。なかなか陸上競技を続けるのは難しいからだと思います。
画像


でも、1億円あれば、なんとか無理をしてもやっていこう。1億円あればこれを資金に小さくても事業を継続できる可能性もありますね。だから苦しい練習も耐えられるようになるでしょう。

でも、マラソンだけですかね。マラソンはオリンピックを象徴する種目ですが、花形は100m走かなとも思います。
というと、200mや400mはどうなんだということもありますが、せめて、男女100m走は日本新記録のファンドでもできて欲しいのですがね。

今回はマラソンですから短距離には深入りしません。
商業的にはマラソンの方がある程度ドラマ性があり、番組にもなるのかもしれませんね。

陸上競技をやる方々は本当に何の保証もないのに頑張っていますよね。頭が下がりますね。

陸上競技がビジネスになることが東京オリンピック後もスポーツが継続できる鍵になるのかもしれませんね。

いずれにしろ、大迫選手、日本新記録おめでとうございます。

では See you!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック