新時代に向けて 令和1

平成が終わり、新時代である、令和が始まりましたね。

御即位おめでとうございます。
画像

さて、そこで、平成はどういう時代であったが振り返ってみましょうか?
簡単にですが以下です。

平成が始まった時期早々に日本はバブルの絶頂を迎えたが、その後、バブル崩壊とともに、金融機関の破綻が相次ぎ、産業が海外に流出、少子高齢化も加わり、非常に国力が振るわない時代となったと私は思っています。

暗いですね。昭和という時代が起伏が激しかったのと対照的にジリジリと暗くなっていったのが平成というところでしょうか。

令和という新時代に期待したいものですね。

しかし、偉そうに語ろうとしても時代というのはドンドン進んでしまって行くのであるので、ここの4月、5月でもドンドン変わってしまいました。

当然、改元ということなんですがね。4月からも色々法律が変わってきておりますね。働き方改革も始まりましたし、チャイナでは消費税に相当する増値税も減税されましたね。低迷してきたチャイナのここにきて若干上向きになりかけましたね。でも、また、ここにきてトランプがチャイナに対して25%の関税をかけるということなんですね。

そして、我らのBABYMETALにも動きがありました。3rdアルバムのリリース予定が報じられました。喜ばしい事です。

平成と令和を挟んで10連休ということで日本の多くの方々はのんびりしているようですが、周りはドンドン変わってしまうのですね。世界はあなたを休ませてくれませんね。

ではどうすれば良いのかということですが、
年末年初に申し上げたこととあまり変わりませんね。

とにかく自分の身の回りの物事に対してIT化を進めることですね。
デジタル化を進めることをしてくださいね。携帯がある人はスマホに変える。スマホに変えたら、FAXや固定電話を捨てることです。

ネット環境を整えて、新聞やテレビを捨てましょう。オールドメディアにおカネをかけることをやめましょう。

執着しても始まりません。チョンマゲや羽織袴に拘泥しているうちにあなた方の居場所はドンドンなくなるでしょうね。つまり、おカネがドンドンなくなっていきますよ。

年齢が高くどうしてもITが進められないのでしたら、いっそのこと、ITの詳しい人に投資をしましょう。
その人が出世したら恩返しを受けるでしょうね。

新時代なのですから、新時代にふさわしい事をするべきなんでしょうね。

では

See you!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック