4K 動画にトライ 2

先日紹介しました。

ソニーのDSC-HX99です。


画像


この機種は全般的には気に入っています。


購入の一番の動機はコンパクトで望遠までできるという、高倍率ズーム機能があるからですね。そして、レンズ周りにズームの機能が付いているのですね。設定はしないといけませんが・・・。


そして、一番は4K動画が撮影できるという点ですね。4K動画というのは当然、再生用には4Kのモニターがないといけないのです。先回も触れましたけど私は4Kのモニターというのはありますから、そこで再生できるのですね。


ここまで、コンパクトで4Kができるという点は素晴らしいですね。

あと気に入った点はモニターが180度回転するということですね。これで自撮りができてしまうので便利ですね。コンパクトカメラの中には時々この機能が省略されているカメラがありますが、この機能は付いていた方が良いですね。



とはいえ、不満な点もありますね。もちろん100点の製品なんてないのですから当然、ケチをつける為にいっているのではないのでご容赦を。


不満なところは、起動が多少もたつくところがあります。


もともと私はフィルムのマニュアルカメラから始めました。もちろんデジタルカメラなんてない時代ですからね。フィルムカメラは基本的に起動時間なんていうものは無いのですね。


レンズキャップを外して巻き上げを確認して、露出を決め、ピントを合わせて、シャッターを押すだけなんですよね。写真の原理がわかれば自然にできるのですが、体感的に、シャッタースピードや絞りを決められないし、ピントも合わせられないような方は難しいと感じるのでしょうね。

それは良しとして、私はデジタルカメラについては起動時間というのを重視します。なぜなぜ、良い被写体があれば、電源投入後、すぐにシャッターを切りたいですよね。つまり、シャッターチャンスというのは稀にしか来ないですからね。カネを払って何度も同じポーズをとってくれるモデルでもいれば別ですが・・・。

人を撮る場合は特にそうですね。人の表情や仕草なんて、時々刻々と変化しますからね。子供が良い表情をしているなぁと思った時に、電源投入後、  撮影者が何秒も待たされている場合はシャッターチャンスを逃してしまいますよね。


ですので起動時間にストレスがかからないのはどのくらいかといえば個人差があるのですが、私としては色々なカメラを試してみましたが、0.5秒以内ですね。このカメラは、0.8秒ぐらいですので、ちょっと遅いなぁと感じますね。でも、このおかげで、シャッターチャンスを逃したということはありません。


1秒以内なら、まだ良いなと思いますね。


もう一つの不満はシャットダウンが遅いということですね。スナップショットが多い場合には撮影後は、とっととカメラをしまって、次のシャッターチャンスを狙う為に、別の場所に移動したいのですね。物騒な話ですけども、刀を鞘に収めないと移動できないみたいですね。早く、コンパクトカメラをしまって、suicaでも出して、とっとと次の駅に行きたいわけです。


画像



ですけれど、このカメラは、スイッチをOFFしてシャットダウンすると体感的には3秒弱ほど待たされるのでそれが、多少、もたつくという感覚になりますね。レンズの鏡筒が出ているので鞘に収められないのですね。

これはちょっと不満ですね。


とはいえ、何か実害があったのかといえば全くありませんでした。


だんだんカメラのレビューのようになってきてしまったので話を戻します。
4K動画にトライしたくて、4K動画を撮影するためのカメラを購入した。ここまでで良いですね。
このソニーのカメラには4Kの動画を録画する機能があります。
そこで、4Kを撮影することにしました。

これからがどうなることでしょうか

これは次からのお楽しみですね。


では


See you!




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック