4K動画にトライ 3

4K動画にトライの第3回目です。


前回は4K動画にトライをする前提のカメラの話を長々としました。まるで、カメラレビューのようでしたね。

私は4Kを映すモニターはあります。そして4Kを撮影する道具はカメラです。カメラを揃えました。という所まで来ました。

そして、今度は、4K動画を撮ることと、撮っていて、私が感じた話をしましょう。


撮影してみて、端的に思いましたが、4Kはなかなか良いですね。映像が非常に高精細で良いですね。

明るいところで撮影すると、非常に高精細に見えますね。暗いところで撮影するとなぜだかわからないですが、精細さが落ちる感じがするのですね。


理由はわかりません。後で調べてみたいと思います。

とはいえ4Kを見ている人はもう以前の古い画面に戻れませんよね。と思いました。

LG-UltraFine-5K-4K-Monitors.jpg

4K映像を見慣れてしまうと、フルHDも非常にボヤッとした粗い画像に思えてきますね。それよりも粗い画像は耐えられませんね。フルHDでも耐えられるギリギリぐらいですね。

ここでは画素数の話はしません。画素数について気になる方はご自分で勉強して下さいね。


もう一つの大きなことは、金銭的にも時間的にも大変になるよねー。と思いましたね。


撮るとわかるのですが、ストレージ(補助記憶装置)が一瞬で大量消費されるのがわかりますね。

撮影した映像は世界が変わる程、精彩で衝撃的なのですが、なんと、撮影している側の機材やその機材の使い方まで世界が変わる気がしますね。


4K撮影の詳細を申し上げますね。私も4K撮影してみました。1分の撮影でしたが、450MBとという凄まじいストレージが消費されるのですね。

450MBがどれぐらいかわからない人のために、最近はめっきりみる機会が少なくなりましたが、音楽CDの1枚分の容量と、感覚的には思ってください。


というと、音楽CDなら、確か70分ぐらいの録音データだったのですが、4K動画になると1分で同じ容量になってしまうということですね。


一言で言うと、これでは、今までのやり方では持たないですね。


何が持たないかと言いいますと。まずは、今までのカメラ内蔵のSDカードの容量が持ちません。買い替えが必要ですね。私の場合はmicroSDですけど、64GのmicroSDを準備しましたよ。でも、10分も撮影すれば4.5Gの消費量ですね。当然、10分の動画を10回撮影すれば45Gですから、すぐにでも、容量がなくなる気がしますよね。ですから、予備も買い増ししなければ、ならなくなりそうです。

SR-64UX2A.jpg

次です。パソコンが持ちません。たくさん撮影をした映像はカメラの保存用のmicroSDカードにだけでは、保存しきれないですよね。カードにある程度保存したら、パソコンというか、外付けストレージに保存し直さなければいけませんよね。でも、100分の動画で45Gですから今までの、ストレージでは全然足りないですね。


そして、映像は大容量ですから、HDDに保存しようとすると、時間がかかって仕方がないですね。以前、私は、パソコンの内蔵HDDを内蔵SSDに置き換えた!なんていう話もしましたが、当然、外付けでも内蔵でも結構ですが、HDDではなく、SSDに買い替えることが必要と考えます。


HDDとSSDはどちらも保存用記憶装置ですけれど、以前はHDDは主流でした。SSDは非常に高価で庶民は手が出せませんでした。

しかし、SSDは以下の利点とSSDの価格が年末から、急激にこなれてきましたので、最近はSSDは飛躍的に普及し始めています。


HDDはディスクというような回転体が有り。←読み書きが遅い

SSDはディスクというような回転体は無い。←読み書きが速い


読み書きが遅いと何に困るかと言いますと、動画編集等で何度も書き直したり、見返したりしますよね。こういう場合はHDDに保存するということは、時間が非常にかかり、効率上の面からも、耐えられないと思います。


もちろん、写真や動画を保存するにしても、相当古い写真や映像は、たまにしか見ませんので、HDDが保存先でも良いでしょうね。ちなみに、HDDは値崩れが激しいですね。SSDは安くなりましたが、HDDはもっと安くなっています。


HDDは安くなるものの、時代は効率化です。働き方改革ですね。4Kが普及すればするほど、HDDからSDDへの流れが加速すると予想はしますね。


HDD_SSD_image-600x316.jpg

HDDやSSDの論争はともかく、私はこれからは、ものすごくストレージを消費する社会が到来すると予想します。更に加えれば、こんな大量のストレージは管理の仕方が個人では思い浮かばなくなると思いますね。ですから、こういうことを予見してアマゾンやMSといったいわゆる米国の大手のIT企業は大型のクラウドビジネスを始めているのですね。


4Kというのは相当な高精細ですから色々なプライバシーも心配ですね。ですから私はクラウドに画像や映像を上げることは極力避けたいと思いました。

カメラメーカーなんていうものもカメラはどういう使い方をされるのか参考にするでしょうね。いわゆる覗き見ですね。覗き見をしていないと言ってもしてしまうでしょうね。話が脱線しそうになりました。


いずれにしろ、ストレージには大きな変革が来ますよね。

更にいえば、ストレージを変更、つまり、自分で換装できる人は良いですが、そんな時間も知識も無いという人はPCを買い換えますよね。


更にこれらのPCは相当高スペック化が必要になりますよね。4Kでの動画編集なんていうのは、相当な高スペックPCが出ないと無理でしょうね。ですから、CPUやメモリーも高スペックになりますよね。むかしのDOS画面からWin3.1を経て、現在はWin10まで来ましたからね。まぁいつか来た道なんですがね。


これはPCの買い替えが始まるでしょうね。と一瞬は思ったのですが、一部の人だけの話で、そうならないかもしれませんね。

ストレージやPCだけではなく、クラウドやネットワークの帯域なんていう色々な課題があると思いますが・・・・。


長くなりましたので、とりあえず、今日はこの辺で・・・。


では

See you!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リコー タフネスカメラ WG-50 ブラック(1台)
価格:25800円(税込、送料別) (2019/8/11時点)