電子マネー時代 1

電子マネー時代 の1回目です。
20190605plant.jpg
昨年から仮想通貨の話は多かったですね。
仮想通貨とかビットコインとか言われても、まだまだ一般的な人はわからないですよね。

でも我々の生活でも電子マネーがジワリジワリと浸透しておりますね。日常生活でも小銭をほとんど使わなくなったような気がしませんか?

以前、つまり、昭和の時代は移動するのにもバス、鉄道の切符を購入や精算に小銭が必要でしたし、公衆電話でも百円玉や十円玉が必要でしたね。

それが時代とともに、今申し上げました、移動や通信の局面では殆ど現金を使わなくなっていると思います。

鉄道も以前はオレンジカードがありましたし、公衆電話ではテレフォンカードなんていうのがありましたね。
20151222_336f0c.jpg
そして、平成になりまして、鉄道に乗るにはSUICAのようなICカードしか使わなくなって行きましたね。今切符を買っている人は訪日外国人が多いですね。

日本、とりわけ首都圏ではSuicaというICカードのが有名なんですけど。これがどんどん発達して色々なビジネスを飲み込んでいますよね。

自動販売機でもSuicaですね。でも、そのSuicaを取り込もうとして携帯電話会社の方でも、お財布携帯とか、携帯会社のクレジットカードなんかを販売していますよね。Suicaというのは面白いですよね。古い体質であったはずのJR東日本から生まれたんですよね。電子マネーで普及しているのはSuicaの影響が強いと思います。もちろん、JR東日本のエリア内の人たちがメインなんですけど。東海圏ではマナカであったり、近畿圏ではイコカとかピタパなんていうのがありますね。1f25d_1287_d5e3310daf81a21c4ee4445db623ca07.png

まあ。ICカードは後で議論しましょうね。

また、今入会すると何々の特典があります。〇〇ポイントつきますというような売り文句で販売員が勧誘してますよね。
昔からクレジットカードの勧誘は執念深かったのですが、それよりは使い勝手を強調していますよね。

当然ですが、仮想通貨と電子マネーも別物ですし、電子決済もまた別物ですね。

電子マネーの時代が来るのでしょうか?どういうことになるのでしょうか?不安に思う方もいると思いますし、これをチャンスだと取られる人も出て来るでしょう。

まず、は誰のおカネが対象でしょうかということになりますね。市場(マーケット)は誰の何が欲しいのでしょうか?

おカネの使い道を知りたいですよね。誰でもそうなんです。だから、多くの人々、世界中の出来るだけ多くの人々がのおカネの使い方を知っている人が、今後の未来の社会の勝者になるだろうということなんですね。

結局、電子マネーの時代のようですが、決済方法の電子化なんでしょうね。その、決済方法と言いますか決済手段のシェアを握ることによって、人々のカネの使い方という貴重な情報もわかるし、その人のある程度の属性もわかりますね。そして、その人が今後、どういう使い方をするのか予想できるのでマーケット戦略も立てやすくなるということなんでしょうね。

日本人は小さい頃から人の給料の額は聞いてはいけません、財布の中身をのぞいてはいけませんと教えられたと思います。でも現実問題はそうは言っても仕方がないんですね。現実として、その人物の所得や現在ある財布の中身を知りたいのです。そして、これから、どうなる。だから、どうする、という風に未来に備えていかなければいけないんですよ。道徳とビジネスは違うのですね。
一番早いのが、人々がどうやってカネを使うかがわかれば、現実がどうなっているかを把握できるし、把握できれば、ある程度近未来なことも予測、予想できます。だから、新たなビジネスも考え付きやすいであろうと予想しているのですね。

昔から会計という考え方がありますよね。商売をする人は、そもそも、儲かっているのか、損をしているのか、日々の多くの取引の中で、現在の位置を見定めるために、どこでも帳簿をつけていたのです。いわゆる複式簿記というやつです。もちろん、今でも電子化されてはいますが、システムとしては複式簿記になっていますね。複式簿記を追えば、自分や自分たちの組織のカネの流れがわかります。
そういうことで、Aさんは一体どういうカネの流れなのか、それは個人個人経済活動を行なっているのですね。でも、それが透明になるかといえばそうではないですね。Aさん自体は他人に自分の経済活動を把握されたくないですよね。把握されるということは税務署さんにも同様に把握されるからですよね。

結局のところ、相手方はあなたの決済手段を握ろうとしているんですね。ですから、あなた方はそれなりに備えなければいけないのです。

では、どうやって備えたら良いのか?それは、今後にしましょう。

では
See you!