終身雇用、年功序列はそろそろ? 1

終身雇用、年功序列はそろそろ? の1回目です。 

日本企業の「終身雇用」制度が揺らいでいる。日本経済団体連合会の中西宏明会長(日立製作所会長)が「経済界は終身雇用なんてもう守れない」「(終身雇用は)制度疲労を起こしている」、日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)が「終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないか」と発言し、波紋を呼んだことは記憶に新しい。

年功序列は終わるのか?終身雇用制は終わるのか?という議論がありますよね。いつも同じ議論ですね。そもそも、終身雇用制です!としてる会社は、大企業の一部であるし、同様に年功序列の会社です!としてそれ相応の処遇が実施できている企業は、ほんの一部の余裕のある会社でありましょう。

中小企業では業績が悪くなれば、リストラは当たり前です。年功序列でも無いし、終身雇用制でも無い方が当たり前ですよね。逆に、中小企業に勤務している人で転職の経験がない方が珍しいですよね。

富士通や銀行の大手企業でのリストラの報道が多くされていますね。
post_28035_1.jpg
中小企業が雇用に手をつけるのは全く記事にもならないのに、この手の記事はカネになるんですね。人間ていうのは、優位にある人間が降り落ちる様を快感としてみる面があるのですね・・・・。さぁ、それはともかく、元の話に戻りましょう。

端的に言って、高年齢の人に、会社にいてもらっても、生産性が上がらないからなんですね。
だから、ある程度の年齢で区切って、45歳以上の早期退職を求めているのですね。景気が落ちる前の利益があるうちにリストラを進めるということでしょうね。首を切られる側としても、45歳程度ならなんとか仕事は見つかるだろう。55歳になったら流石に苦しいでしょうから、ということかもしれませんね。


世の中は、人手不足ですが、実は会社の中では、人は余っているのですね。


oogaki_bank_mega.jpg
全般的な動き

 基本的には今は多少は景気が良い。でも、今後、景気が悪くなるかも知れない。という漠然とした不安がよぎっているのでしょうね。新しいことはドンドン出てきているのだけれど、企業にしろ、個人にしろ、次の一手が打つことが出来なのでしょうね。ですから、次の一手を打つ前提として、企業の立場なり、個人の立場なりで対応策がいろいろ異なりますが、何とかしなきゃということだと思います。

会社としての立場

 上述のように、漠然とした不安がありますね。今は多少は景気が良いから、今からリストラをする体力があるうちに若手中心の企業にするということですね。特に、銀行関連は、地方銀行を中心としてもう既に、儲かるビジネスモデルがない。だから、先手を打って、リストラということでしょうね。

基本の大企業は年功序列の賃金体系でしたから、生産性が年齢とともに低くなるにも関わらず、賃金が高いですね。一方、優秀な若者は生産性が高いにも関わらず、賃金が低いのです。こういう、ギャップを埋めるということで年齢が高い人たちは早期退職を促進し、若者の賃金を上げて、優秀な若者を確保したいという思惑なんでしょうね。

特にIT企業ですと若くて体力もあり、優秀な人材が欲しいのですね。もちろん、既存の大企業もIT部門を充実させて、既存のやり方に固執している、事務員を整理したいという思惑があるのですね。

個人としての立場

リストラされない人材になろうとうことなんですが、リストラされたとしても、転職できる、起業できるための準備が必要ですよね。
別に準備が無くても、本当は精神的に耐えられれば、人手不足ですから何とか生きていくことはできるのですけどね。
都内のコンビニなら、すぐアルバイトはできそうですよね。そのぐらいの人手不足ですよね。

企業は今、若干景気が良いし、人手不足ですから、すぐには早期退職を求めることはしないでしょう。でも、あまり個人としては時間がないのですね。今後、どうなっていくかが非常に不安ですね。一生懸命に仕事はしているのだけど、やはり不安なのですね。
常に継続して、勉強しておくのが重要ですよね。でも、若いうちはあくせく働かされて勉強する暇が無かったのですよね。それに対して、ある日突然、早期退職を言い渡されれるなんて、酷い仕打ちと思うでしょうね。

だから、個人としては、そうならないようにしましょうね。それは大企業に居ようが、中小企業に居ようが、リタイヤしてようが程度の差はあれ、だいたい同じだと思います。

では一体何が大事なんでしょうかね。
EBAMFRKVAAUTm0j.jpg-large.jpeg
お金と時間と健康の余力を作ることだと私は思います。

お金があるうちに、効率化の投資をしましょうね。PCを購入して業務を効率化した方が良いでしょうね。本ブログを読まれる方はPCはお持ちなのでしょうから大丈夫でしょうね。

時間に余裕があるうちに余力を作るのですね。これは、人にやらせる、家族を養って配偶者や子供達に手伝ってもらうとか、会社を経営すると
かということもあるでしょう。また最近はITが発達しているので、機械にやってもらうことですね。RPAなんているのもありますよね。

健康にも余裕があるうちに、健康になる習慣を身につける。運動不足を避けるために、運動をする習慣をつける。そうすると病気をしなくなリますね。一度大きな病気をすると、なかなか負のスパイラルから抜けにくくなりますよね。

余力があるうちに好循環になるようにしたら良いのでしょうね。

ですので、PC関連でもドンドンスキルを上げていく。ブログを書く頻度を上げる。上げるにしても生産性向上が急務なので、PCのリニューアルをしたり、知識を上げて、ドンドンわかりやすいブログをアップすることを勤めたら良いと思いますし、私もそうしていますね。

ですが、若い人に申し上げますけど、ブログを書けば失業が防げるということではありませんね。
自分の頭の中を整理できるということですね。

では

See you!