中学校の教科書 文科省の失態を暴く 2 〜音読みの発明を生かせ〜

中学校の教科書 文科省の失態を暴く の第2回目です。 前回は導入部分でしたね。以下の問題を読者の皆さんに出しました。この地名を漢字で書いてくださいという、問題です。答えと解説をいたします。 Q1 チューハイ【風景・景勝地・中国語版DVD】百島の市 珠海 - 中国の本屋 A1 珠海 ジュカイ ですね。 広東省の都市名です。マカオに面しており、観光業が盛んになっています。音読みのまま、ジュカイと発音を明記すれば良いのにチューハイといったら、夕方の駅の売店でおじさんが買っている飲み物のことですよね。 でも こんな言葉が出題されて、中学生は回答しないといけません。もちろんチューハイといっても日本では誤解を受けるし、シナでも全く通じませんね。北京語の発音はジューハイに近いですが、これとて通じませんね。珠海の「珠」つまり「ジュ」の音は日本語にありません。でも音読みの方が近いと思います。チューでは通じませんね。 Q2 コワンチョウ A2 広州 コウシュウですね  広東省の省都ですね。歴史的にも有名な都市で、鎖国状態のシナの出島的役割をになって来ましたので、対外的には理解がある都市です。日本では博多や長崎を合わせたような存在ですね。発音としては北京語でグァンジョウといってギリギリ通じるかどうかですね。広州はカタカナ表記で発音しても、シナではほぼ通じません。中学校の教科書通りのコワンチョウといっても日本人にも通じませんし、シナ人の誰一人として通じないでしょう。 広東語の中心地なので、広州を広東語でいうと…

続きを読む