ITリテラシーはあなたを救う 1 SIMフリー端末

昨年末から、実際私が取り組んだIT関係の記事をぽちぽち書いておりますが、そういうのを一度全部ひっくるめて書いてみようということにしたいです。ですから、ITリテラシーはあなたを救う。ということで第1回目を始めたいと思います。

私はITリテラシーが低いと自覚しています。ITリテラシーを高めて、自分の業務や趣味の時間を短縮して、効率化できれば良いと思っています。
また、ITリテラシーを高めることによって、余分な出費を抑えて、自分のやりたいことの資金を貯めることができれば良いなと考えております。

だから、ITリテラシーを高めることの一つとして、今回はSIMフリー端末について申し上げます。
ちなみに私はブログでBIGLOBEを使っていますが、BIGLOBEの回し者ではありませんので悪しからず。
yjimage.jpeg

こないだ、と言っても先月ですね。ITリテラシーの高い人、つまり、システム関係者ですね。そういう人たちが集まる食事会に出席したときのことです。5名ぐらいですかね。

多くの人がスマホを持っていました。聴いてみましたが、全員の端末がSIMフリーでしたね。
キャリア(ドコモ、au等)で数千円も払うのが馬鹿馬鹿しいとのことでした。

私は約3年前から、SIMフリー端末でしたが、その頃この様な話を聴きましたITリテラシーの高い人に聞いてみたら半々ぐらいでしたね。
career_650.jpg
世の中変わるものですね。当時はSIMフリー端末を使っていると怪訝な目をされる時もありました。でも、よく考えてみて下さいね。
今は多少は安くなりましたが、キャリアの携帯ですとどうしても5000円程度/月かかってしまいますね。家族が4人いたら、約20千円/月もかかってしまう計算になりますね。折角のネット社会ですよね。テレビを見なくなりました、新聞も読まなくなりました。NHKの受信料が節約できました。新聞の購読料も払わなくなりました。でも、結局、携帯のキャリアの会社に20千円/月以上も支払っていたら、家計としては相当な負担になりますよね。IT社会の恩恵を受けていないと思いますね。

そもそも、IT社会になって、テレビは見なくてもOKだったはずですよね。そもそも、新聞も読まなくてOKだったですよね。
それと同じようにそもそも、電話での通話は必要なんですかね?
電話は相当込み入った話とか、緊急性のある場合は必要と思われますが、基本的にはそんなに通話は双方の時間を失いますよね。

急ぎでなければ、メールで事足りるでしょうね。今日、何時に帰ります。ですとか、晩御飯は不要です。なんて言う連絡なんていうものは急ぎの場合はともかく、メールで事足りますよね。よく考えてみれば、メールアドレスがあれば事足りことをわざわざ、不要であった電話で連絡していたことに気がつくでしょう。

そう言うことで、SIMフリー端末を購入して、SIMカードを購入すれば、1千数百円/月程度であなたの端末が、現在のキャリア通話の端末とほぼ同等の価値を維持できると言うことに気が付いた方が良いと思いますね。

でも、どうして、キャリア通話の方をされているのかと言うと、やはり、設定が面倒くさいとか、勧誘がうまいとか言う声がありますね。私の知り合いでも、携帯キャリアショップ店員に言われるがまま、オプションもそのままつけたままで、1万円/月も払っている人がいます。そう言うことも現実ですね。朝夕のラッシュ時に若干音声の品質が良いというのも利点だそうです。

しかも、3年ぐらい前はFREETELなんて言う業者もあって、事業がうまくいかなくなったケースもありましたから、格安SIM業者に対して違和感があるのも、最もでした。
freetel-musashi-simple-2.jpg
ですが、一度試してみてはいかがでしょうか?

と言うか、冒頭で申し上げました、ITリテラシーの高い人は既に多くの人がSIMフリー端末にして、格安SIM業者のSIMカードを契約しているようですね。設定は苦にならないと思いますね。私もやってみましたが、大したことはありませんでした。

一説ではSIMフリー端末は既に10%ぐらいのシェアを占めているとの情報もありますね。
006-03_500x344.jpg
私は既に3年前からSIMフリー端末にして、格安SIM業者と契約しているのですが、最近、この状況を見まして、嬉しかったですね。
私はSIMフリーを先んじて始めていたことが、ある意味実証されたからですね。

特にこの10%はITリテラシーが高い人だそうですね。

私自身はITリテラシーが低いと思っております。ですので、まだまだ仲間入りは難しいと思っています。これからも、色々、努力しようと思っています。

これからもこのようなITリテラシーネタをどんどん紹介していきたいと思います。

ではまた

See you!