ITリテラシーはあなたを救う 2 結局は引越しか?

ITリテラシーはあなたを救う の第2回目です。先回はSIMフリー端末について触れましたが、携帯キャリアの端末をSIMフリー端末にしましょうということを申し上げました。私の申し上げることは個人的な感想ですので全て、皆様の自己責任でお願いします。

ITリテラシーを高めるということは、鯔のつまり、今までやっていたことを変更しようということですね。
業務プロセスの見直しという言い方もあれば、働き方改革なんて言い方もありますが、要するに、今までやっていたことを見直すということです。

では、今までやっていたことを、見直すのではなく、思い切って、やめてしまえ!ということを申し上げますね。
あなたは固定電話はありますか?
FAXがまだありますかね。fax-machine.jpg

固定電話とFAXで仕事をしている、もしくは携帯電話やスマホがないのならば、仕方ないのですが、もし、ほとんど使っていないというのならば、思い切ってやめてしまうというのはどうでしょうかね。

確かに、慣れ親しんだ固定電話であると思いますけど、基本料が勿体無いですよね。また、固定電話の置き場所も勿体無いですね。すでにSIMフリー端末があるのですから、思い切って捨ててしまいましょう

yjimage.jpeg

固定電話やFAXが置いてあった場所にはPCを置いたり、モニターを置くなどして活用しましょうね。もちろん、このブログを見ている方はすでにPCやスマホを持っているのでしょうけれども、意外なことに、固定電話やFAXを持っている可能性がありますね。

えっ。難しい? 固定電話も無線LANの元になる光回線もスマホもセットにされている?なるほど。それが携帯キャリア会社の戦略ですね。
ではスマホの更新月を狙って、全部解約してしまいましょう

えっ! 更新月をご存知ないですか?
携帯電話のキャリアは大体契約後2年経つと更新月が設けてありまして、その月には解約しても違約金が取られない仕組みになっているケースが多いですね。ですので、その月になったら、とっとと解約してしまいましょう。既に過ぎている方は10千円弱程度のお金が取られてしまいますが、SIMフリーの端末に切り替えれば直ぐに回収できると思いますので、思い切って変えてしまった方が良いと思います。でも、これは自己責任でやってくださいね。

いずれにしろ、今までのキャリアと綺麗サッパリオサラバしてしまっても、全然構わないと思います。しがらみで難しいという方は知りません。もう既に、ムラ社会の一員ですね。

さて、固定電話もFAXも捨てて、携帯キャリアも捨てて、全て新しく乗り換えましょう。色々なキャンペーンをやっていると思いますので、よく比較して、縛りや変なオプションがないものを吟味して選びましょうね。

自分の部屋には無線ルーターがある方がオススメです。設定の仕方は面倒ですが、頑張ってやりましょう。今時LANケーブルは面倒ですからね。
1-8.jpg
光回線が繋がらないのでという方で、かつ、ネットゲームや動画編集を多くしないというのならば、モバイルルーターでも、良いと思います。
kaigaiwifi_router.png
旅行先や外出先でも、ルーターとして使えますので、これは便利だと思います。ただし、電波の状況が悪かったり、時間帯によってはスピードが遅い場合があるので、自宅でお試ししてダメならとっと解約しましょう。ですので最初の契約に際しては半年とか1年とか縛りがあるのは避けた方が良いですね。


その他にやめてしまった方が良いと思われるのを上げていきます。

紙媒体にコストをかけているのならばやめましょう
ITリテラシーを高めるためには紙媒体を減らすことですね。
先ほどFAXをやめましょうと行ったことにも通じることですが、紙情報が多いとどうしてもゴミが増えますね。ですので直ぐにはやめられないということでしたら電子媒体にすることですね。

代表的なものは新聞ですね。
新聞を購読しているのならば新聞をやめてしまいましょう。新聞の半分以上の内容は読んでいますか?そこまで時間が有りますか?
結局、古新聞として棄ててはいないでしょうか?広告の山ばかりではありませんか?
でしたら、とっととやめてしまいましょう。どうしても読みたければ、ネット購読もあるんですよ。
p1.jpg
次は雑誌の購読ですね。
雑誌の定期購読をしているのならば購読をやめてしまいましょう。
これも新聞と同様ですね。自分から取りに行く情報の方が価値があると考えて、とっととやめてしまうことですね。
また、置き場所もなくなり部屋がスッキリしますよ。

51X5qSWLXCL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
では書籍はどうするのか?
という質問があると思います。
私は極力は電子書籍で購入しています。

お子さんがいて、受験関係の書籍はどうしても依然として紙媒体に頼らなければいけないところもありますので、書籍は全部はやめてしまえとは今のところは言えませんが、電子書籍にすれば保管のスペースがいりませんし、非常に格安で購入することができると思います。

ここでおすすめなのが、読書メーターというアプリですね。

login_main_visual-6ecfd853bea3ec17781d7c13ec18fac6b7d147b1b69dd673a234a620319b04e4.png
もちろん私は読書メーターの回し者ではありませんが、これを使うことでスッキリしました。電子書籍は色々な会社があるので、特に決めていません。時々無料や格安キャンペーンの時にどかっと買ってしまいます。
ですが読書メーターに記録しておけばどんな本を買ったのかがわかりますね。購入先で分類するのも良いかもしれません。
また、著作権切れの書籍を扱う無料サイトもあります。真面目なものもありますが、無料サイトは気をつけましょう。

どうしても、紙の書籍を購入することがあると思いますが、相当思入れのある場合の書籍を除いて、1年以上読み返さない書籍はとっとと古本屋に売ってしまいましょう。書籍は死蔵するより、別の人に見てもらった方が価値がありますからね。
img_9eb6062aa8295b23991bd42e66e137201048938.jpg
どんな本であったかというのは読書メーターに記録しておく程度で大丈夫だと思います。


それから、NHKやケーブルテレビの解約ですね。
NHKをぶっ壊せ!なんていう人が国会議員になりましたが、もう既に、NHKを見る必要がないのですね。私はNHKのテレビはNHKのラジオ程度の価値しかないと思います。もうすぐ廃れるものをぶっ壊せ!なんて言っても時間とともに衰退していくものです。思い切って解約しましょう。
テレビはネットのモニターとして使いましょう。
yjimage.jpeg
でも、新聞、雑誌、NHKやケーブルテレビなんていうものは本当は必要なかったのに人間関係に介入してきているものも多くあると思います。、人間関係が壊れるので解約し難いですね。ですが、そんなことを言って、泥舟にしがみ付いていると、全員が沈んでしまいますよ。

結局ではどうすれば良いのということなんですけど、思い切って、引越しをすることですね。
現在、家賃相場も大きく変わってきていますね。通信環境を確認して、家賃も高いところから安いところへ引越ししましょう。紙媒体がなくなったので、部屋もスッキリしましたでしょう。今までの考え方ですと本棚や新聞、雑誌置き場なんていうものがなくなるでしょうから、多少狭い部屋でもOKだと思います。PCやモニターといったIT機器の置き場があれば良いのですね。

新聞もNHKも固定電話も綺麗さっぱり止めることができます。固定費も下げることができるのですよ。ですので、結局はITリテラシーを高められる環境を一気に作り出すことが、できますし、心機一転引越しをお勧めします。
2015-02-26_131925.png
ITリテラシーを高めることで、固定電話、FAXの置き場や新聞、雑誌、書籍の置き場を減らすことができます。また、部屋の数を減らすことができますし、家賃も浮きますね。また、既に部屋に光回線が格安で契約できる物件も多く存在しています。そういう物件を狙って、思い切って、引越してしまいましょう。そうすれば、家賃も節約できますし、古いシガラミなんていうのも綺麗サッパリ取り除けますね。良いことづくめですね。

ITリテラシーを高めるということは費用や時間が浮くだけではなく、古いシガラミからも逃れられることに繋がるということですね。


長くなりましたが、ではまた。

 See you!