ポイントやキャシュバックについて考えると 時間がなくなります

10月1日から消費税が8%から10%になりますね。 それを見越して、QRコード決済陣営とクレジットカード陣営とICカード陣営がキャッシュバック、ポイント還元という方法を通じて激戦を繰り広げることになるでしょうね。しかし、先日も別の記事で申し上げましたが、QRコード陣営が勝利を収めるのは難しいと思います。 ここに来てクレジットカード陣営も大幅なキャンペーンを実施しておりますし、ICカードはSUICA一強ですが、ポイント還元で対抗しようとしておりますね。 既にIT関連や貨幣というものは先行者利益というもがありますね。後でも逆転は可能ですが、先行者が突っ走ってしまうと止められない。ということになると予想しますね。Windowsが先行し、ディファクトを取ってしまうと多少クオリティーが低くても後追いが追いつけないということですね。 クレカ・ICカード陣営とQRコード陣営とは差がかなり空いていると思いますね。クレジットカード陣営とSuicaが既にリードしているのに加速しだしたら、もはや、QRコード陣営は勝ち目がないでしょうね。 と言うことですので、QRコード陣営としては撹乱させる手段に訴えるしかないと思いますね。 訳が分からなくさせて、市場を混乱させて時間を稼ぐ手法とるかもしれません。と予想しますね。 一般消費者に難しいルールの謎解きをさせるようにします。注目された分、QRコードについて考えてくれるようにはなるでしょう。 でも、結局、クレジットカードとSUICAの優位性は変わらないでしょうね。…

続きを読む

SIMフリー端末はあなたを救う 4 高級コンデジのSIMフリー化

SIMフリー端末はあなたを救うの第4回目です。 前回まではSIMフリー端末の仕組みから、SIMフリー端末の一例(iPhone)を挙げて、簡単に説明しました。 1.SIMフリー端末とSIMカードの仕組みの理解2.自分で設定しなくてはいけないということ3.有利なプランを聞き出して、比較しないといけない4.SIMフリー端末の選定 どれも聞いたことがないメーカーばかりでどうしたら良いかわからない。 1、2、については申し上げましたようなものですが、初めての人は難しいと思いますね。とはいえ、私も自分自身で理解して、自分で設定しましたので、難しさわわかっていますが、多分、何とかなるんですね。大丈夫だと思いますね。さて、3についてですが、非常に多くの業者があるのですね。正式にはMVNOというのですが正しい言い方は以下ですね。 仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO、モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドで携帯電話やPHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。 このMVNOの会社の中にも色々なプランがありますね。大手の携帯キャリアでも色々なプランがあって、全くわからないでしょう。 さらにこんなに多くの事業者から色々なプランがあると思うだけでウンザリでしょうね。ですので、どのような業者から見つけるとするのならば普段から、…

続きを読む

SIMフリー端末はあなたを救う 3

SIMフリー端末はあなたを救うの第3回目です。先回はSIMフリー端末を入手して携帯電話料金を格安にするまでに大きな壁があると申し上げました。 1.SIMフリー端末とSIMカードの仕組みの理解2.自分で設定しなくてはいけないということ3.有利なプランを聞き出して、比較しないといけない4.SIMフリー端末の選定 どれも聞いたことがないメーカーばかりでどうしたら良いかわからない。 1.SIMフリー端末とSIMカードの仕組みの理解キャリアの携帯端末というのは、いわゆる通信キャリアが通信回線を使用することとと端末を込みで売っているサービスですね。本来ならば、携帯電話用の電波というのは目には見えませんが、携帯電話の基地局から電波が届く範囲なら誰でも受信できるはずなんですね。しかし、N社と契約したのならば、N社が売っている携帯端末を通じて、でしか、N社の電波を受信できない仕組みになっています。それは端末側に仕掛けがあります。端末にはどういう仕掛けがあるかというと、そのN社が設定した携帯端末とN社が発行したSIMカードというのを照合して初めてN社の電波を受信できるような仕掛けがあります。というように携帯端末とSIMカードによって、音声通話やデータ通信が会社を限定されてしまうことになっているのです。しかし、携帯端末は本来キャリアのために作っているわけではないので、本当はどんな機種でもどこの携帯キャリアにつながることができるのです。それを理解しましょう。 ですので、別に3大携帯キャリアと契約する必要はないのです…

続きを読む

SIMフリー端末はあなたを救う 2

SIMフリー端末はあなたを救うの第2回目です。 先回は多少曖昧な説明に終わってしまったので、申し訳なく思っております。消費税の増税前にSIMフリー端末の業界で価格破壊と呼ばれる動きが一部始まっていると申しました。一連の動きは大きくはもちろん報道されておりませんね。大事なことは内地では報道されませんね。 3大携帯キャリアの価格が高いということも世論から不満が上がるだろうと予想されていることも背景にあるでしょうね。 消費税の負担が家計を圧迫すると容易に予想はできますが、それに対して不満が出る場合が予想されますね。そもそも携帯電話の通信費用が相当かかっていることに人々は気がづくはずですね。そして、政府としては家計を圧迫しているのは消費税ではないですよと言いたくなるでしょう。そして、携帯電話会社に支払われる毎月の相当な負担金額がその一つの要因ですよと非難の矛先を向けることも容易に予想されますね。しかし、3大携帯キャリアを叩いても、仕方のないことだと私は思っています。 すでに、携帯電話費用を安くする、選択肢は他にあるのですね。3大携帯キャリア以外に携帯料金を安くする方法はあるのです。つまり、SIMフリー端末を手に入れることがその第一歩なのですが、でも、どういうわけか、多くの人はそうなっていないのです。3大携帯キャリアの市場の占有率が依然として高いのですね。 私はSIMフリー端末を手に入れるまでに大きな壁があると考えております。端的に言ってしまえばITリテラシーを高めることが解決策の一つであると思っ…

続きを読む

SIMフリー端末はあなたを救う 1

この前までITリテラシーはあなたを救うシリーズをしていましたが、第1回はSIMフリー端末でした。私は3年近く前にSIMフリー端末にしましたが、今回のシリーズを書いた後、気になって、SIMフリー端末の市場を見てみました。いやはやすごいことになっていました。 ということで、2019年の10月からの消費税8%から10%への増税前の駆け込み需要で何か買わなければいけないと思っていらっしゃる方は、SIMフリー端末でもご購入されてはいかがでしょうか?兎にも角にも消費税が来月から増税されますね。8%が10%になるそうですね。色々軽減税率なんていうのもあるらしいのですが、今回のテーマとはあまり関係のないことなので置いておきます。 さて、消費税増税前に、SIMフリー端末の大幅な値引きが密かに行われていますね。 低価格機種は新品でも、ほとんどただ、つまりプライスもフリーの状態ですね。また、中級機種も非常に安くなっていますね。本来ならば乗り換えを優遇するはずなのですが、実質は機種変更でも対応可能ですね。つまり、機種変更でも結局お得。ということは密かにSIMフリーの波が押し寄せているということですね。ここで、格安SIMキャリアとしては一気にユーザーを取り込んでしまえば、3大キャリアにはもう戻らないと思っている節がありそうですね。ですから、此処一番の大勝負に出ているということだろうと思います。3大キャリアも値引きの噂は聴いている人もいると思います。しかし、料金がべらぼうに高すぎますよ。そのためにはプランを複雑にしてわ…

続きを読む

硬貨の出番が減りました 節税より人件費

最近は硬貨の出番がめっきり減りましたね。 なんとかPAYですとかクレジットカード会社やICカード業界がどんどんキャンペーンを行なっているおかげで、とんと、硬貨だけでなく、紙幣も使わなくなってしまいました。だんだんと、世の中のATMが少なくなっているのも頷けます。 だんだんと、硬貨や紙幣が電子マネーに置き換わってきていますね。 昔は、クレジットカードを出すと、店側も、現金の方が、キャッシュフローが回るというのもありましょうし、クレジット会社からの手数料に不満があるため、現金での支払いをお願いされたことがありました。 これも最近はとんとそう言った光景が目に入らなくなりましたね。私自身も店で電子マネーやクレジットカードを使いますが、嫌な顔をされたことはありません。 というより、並んでいるコンビニエンスストアで細かい硬貨を数えている人の方が顰蹙に映りますね。 人手不足ですので、結局、硬貨の管理とか帳簿の整理とかは難しい。多少税務署にバレても良いので、小細工せずに、正確な値を出した方が、結局は儲かるのでしょうね。あまり小細工に走って、キャッシュフローは良くなっても、結局、小銭を両替するために大量の人を裁かなければいけないでしょうし、また、お釣りを用意するために、銀行に言って、硬貨を準備しなければなりませんね。 また、小銭ですと、釣銭を間違えるかもしれませんね。すごいストレスでしょ。ですから、こんな時代に、現金を尊重する、店側のオーナーなんていたら、若い人はどんどん辞めてしまうで…

続きを読む

ITリテラシーはあなたを救う 3 確定申告 1

ITリテラシーはあなたを救うの 第3回目です。ITリテラシーの前に、余談ですが、これから、10年〜15年ぐらいに何が必要ですか?なんていうことを時々ですが、大学生の方から質問を受けます。就職も人手不足から、学生が有利な立場ではありますが、これからどういう世の中になっていくかも見据えて、学業や就職活動に生かしたいとのことです。結論から言ってしまうとあまり、代わり映えしないのですが、私はIT、会計、外国語だと思いますね。 ITに関してはこのシリーズでも申し上げていますので多くは触れませんが、結局のところ、働き方の見直しにつながると思っていますね。会計に関しては結局働き方を見直したけれど、どれだけ、効率化できたのか?どこが非効率なのかを分析する必要があるのですね。ですから、会計の概念が必要だと思っております。ビジネスにいちばん使える会計の本 新入社員から社長まで [ 安本隆晴 ] - 楽天ブックスそれと外国語ですね。外国語については今後申し上げましょう。 今回は、ITと会計が融合したテーマとして、確定申告を取り上げたいと思います。 か自分ですらすらできる確定申告の書き方平成31年3月15日締切分 [ 渡辺義則 ] - 楽天ブックス 税金の話。究極の金儲けは節税です。ITも会計も外国語もやるだけやった究極の姿が節税ということになります。ですので、端的に言って、世界でも有力な企業である、GAFAがありますけど、ある意味、こう言った企業はITと会計と外国語を駆使した節税企業ともいえるでしょう。 th…

続きを読む