硬貨の出番が減りました 節税より人件費

最近は硬貨の出番がめっきり減りましたね。 なんとかPAYですとかクレジットカード会社やICカード業界がどんどんキャンペーンを行なっているおかげで、とんと、硬貨だけでなく、紙幣も使わなくなってしまいました。だんだんと、世の中のATMが少なくなっているのも頷けます。 だんだんと、硬貨や紙幣が電子マネーに置き換わってきていますね。 昔は、クレジットカードを出すと、店側も、現金の方が、キャッシュフローが回るというのもありましょうし、クレジット会社からの手数料に不満があるため、現金での支払いをお願いされたことがありました。 これも最近はとんとそう言った光景が目に入らなくなりましたね。私自身も店で電子マネーやクレジットカードを使いますが、嫌な顔をされたことはありません。 というより、並んでいるコンビニエンスストアで細かい硬貨を数えている人の方が顰蹙に映りますね。 人手不足ですので、結局、硬貨の管理とか帳簿の整理とかは難しい。多少税務署にバレても良いので、小細工せずに、正確な値を出した方が、結局は儲かるのでしょうね。あまり小細工に走って、キャッシュフローは良くなっても、結局、小銭を両替するために大量の人を裁かなければいけないでしょうし、また、お釣りを用意するために、銀行に言って、硬貨を準備しなければなりませんね。 また、小銭ですと、釣銭を間違えるかもしれませんね。すごいストレスでしょ。ですから、こんな時代に、現金を尊重する、店側のオーナーなんていたら、若い人はどんどん辞めてしまうで…

続きを読む