スマホ決済 提灯記事を書いている、日経新聞の記者の頭の中にPAYPAYはあります。 

mainimg.png

PAYAPAYは日本経済新聞を書いている記者の頭の中だけでしか使えないのでしょうか?

スマートフォン決済で、消耗戦脱却に向けた薄明かりが見えてきた。Zホールディングス(旧ヤフー)は1日、7~9月のスマホ決済「PayPay(ペイペイ)」の決済回数が1~3月の4倍超の9612万回に達したと発表。決済1回当たりの赤字額は縮小傾向が鮮明だ。LINEはスマホ決済「LINEPay(ペイ)」を含む戦略事業の7~9月期の営業赤字幅が縮小した。消費増税に合わせたポイント還元などでキャッシュレス決済への関心が高まり、増税前の駆け込み消費の恩恵も一部であったようだ
ZHDが1日発表した4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高にあたる売上収益が前年同期比4%増の4841億円、純利益が7%減の511億円だった。
ペイペイの決済回数は7~9月に9612万回に達し、開示を始めた1~3月の2160万回から4倍以上に増えた。9月末の登録者数も1500万人近くとなった。同期間にZHDが計上したペイペイの持ち分法投資損失で割ると、1~3月には決済1回あたり379円の赤字が出ていたが、7~9月では1回あたり47円まで縮小した。
決済回数が増え、チェーン店などに課している決済手数料が増えている。料率は顧客企業によって異なり、同社は詳細を開示していないが、クレジットカードなどの手数料は下回るもようだ。

なんとも言えない提灯記事なのですが、なんとか提灯記事でない様な姑息な内容なのであえて取り上げさせていただきました。

日本経済新聞の11月に入ってからの記事ですね。
提灯記事とは結局はスポンサーからカネをもらって買いている記事ですね、
ですから、中身は結局は真実ではないということになりますね。
シナでいうと共産党のいうことをカネをもらって、そのまま書く、環境時報とか人民日報の様なレベルの記事ということになります。

日本経済新聞は民間企業なのでとやかく言いませんが、今回はあまりにも提灯記事の内容ですが姑息にも提灯記事でない様な奇妙な書き方をするので敢えて私のブログで突っ込ませていただきました。

さて、そもそも何がおかしいのか?

私も消費税導入後の世界を予想しましたね。
キャッシュバックで情報弱者の客を囲い、消耗戦ののちに、ある程度のレベルの高い層を取り込めずに、
結局、日本ではシナと異なりアリババ・WECHAT陣営が勝利せず、Suicaとクレカ陣営が勝利するでしょうと予想しましたね。

でも、この日経の記事はすごく面白いですよ。もう既にアリババ陣営の代表である、PAYPAYが白旗を上げざるを得なくなってきて、日経という提灯記事業者に記事を書かせ、まだ、PAYPAYにも部がある様な内容を書いているということが明白になったということですね。

それを日経の記者も薄々感づいているという記事ですね。

日本経済新聞というのはそれ自体はあまり、価値はありません。大したことのない新聞です。
結局、後ろにいる連中のカネの力に任せて記事を書いているのですから、本質を問われた時には提灯記事の価値しかありません。こんなことをやっていて恥ずかしくないのでしょうか。というより、それを予想して私がPAYPAY・アリババ陣営の敗北を予想しているのですけどね。

まぁ。いずれにしろ、PAYPAY・アリババ陣営の中身はわかりましたね。結局、日本では苦戦しているということですね。キャンペーンが長く続きますけけど、持ち出しがかさんできていますよね。

だから、非常に苦しい。LINEなんていうものはもう原資がなくなりつつありやめているとのことだそうです。
ですから、皆さんはPAYPAYのキャンペーン起案中にフリーライド出来るだけしていただくことになるでしょう。
1000038515_1.jpg
という記事ですね。

シナや朝鮮でいうと川に落ちた犬は棒で叩けということなのでこれからはPAYPAYとLINEペイのフリーライドを試していただいて結構ですが、その代わり個人情報を抜きとなれない様に気をつけてくださいね。
では

See you!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント