2020年 新年明けましておめでとうございます 2 新時代に向けて 日本の問題点 少子化 

EMMRKfjU0AAfUhJ.jpeg

2020年明けましておめでとうございます の第2回目ですね。
前回はカルロス・ゴーン氏の内容でしたね。大晦日に密航を報道陣に通知しての騒ぎでしたね。
元旦の記事に相応しくはありませんが、タイムリーだったので記事にしました。
さて、新年早々のテーマでありますが、新時代に向けてという内容でこれから申し上げたいと思います。

今回は少子化をテーマに取り上げたいと思います。日本の大きな問題点は少子化だと私は思っております。
日本の様々な問題があります。社会保障の問題、財政の問題、格差の問題、一極集中の問題。たくさんの問題がありますが、多くの問題はその問題に対して、解決策を施せば大抵の問題は解決に向かうと思っております。

これは病気になって医者に行く様なものですね。医師が診断し、原因に対して治療方法を施し快方に向かうという事ですね。

でも、病気が一向に治らない。解決策を施しているのですが、むしろ、悪化が加速する病気になる時がありますよね。まさにこの様に日本の問題の中で、解決策では解決できない問題が多くあると思いますね。私はこれは少子化という現象が日本の問題を難しくさせていると考えております。少子化が悪いと言っているのではく、日本の多くの問題は少子化の現象によって、解決が難しくなっていると言いたいわけです。

つまり、日本の負のスパイラルにドライブをかけているのが少子化という現象ではないのかと思います。

社会保障の問題についても当初は一人の老人を何人もの現役世代が支えれればよかったのですが、今後少子化が解決しないかぎり、一人の現役世代が、何人もの老人を支えなくてはいけなくなってしまいますね。財政もそうですし、格差の問題もそうですね。東京一極集中の問題もそうですね。少子化が問題の解決を難しくさせていると思っております。

では少子化を解決すれば良いではないという声が聞こえて来そうですね。
長らく、日本政府は少子化に対して、色々な施策を取りましたが、うまくいっていっているとは思ませんね。
という事はそもそも分析からうまくいっていないのではないかと思います。

なぜ、少子化という現象が発生する事がわかっていないとその解決策も無駄に終わる可能性がありますね。病気と同じで、原因に対して解決策を打たないとその病根が残っていれば治りませんね。

先ほど申しました様に少子化というのはその他の負のスパイラルを加速させるので厄介です。こういう病に対しては病気と同じで原因をしっかり分析しなくてはいけないと思います。分析してその対策を打てばやがてこの厄介な病を解決できるのではないかと思います。

では、少子化が発生する原因とは何かですが、こちらに行きましょう。

それは人間の行動と動機があるのですね。

人間の行動が少子化という望ましくない現象を引き起こすのですね。ですが、人間の行動はどうしているのでしょうかね。

少子化については大きく、結婚しないということと、結婚しても子供を多く生ないのが直接の引き金ですね。

でも、なぜ、結婚しない?ということでは解決しませんね。ここが解決に陥る大きな罠ですね。
なぜ、結婚しないということを分析しても解決しないのですね。
ですから、分析する対象は結婚しないということではなくて、結婚しないで良しとするという人間の行動ですね。これが分析対象なんですね。
夫婦が子供を産まないで良しとする。という人間の行動なんですね。

まずは結婚しないで良しとする事はどういう事でしょうか?

独身のままで良しとする行動ですね。つまり、変化が起こらないことになりますね。
本当は結婚したい願望はあるものの、独身のままでよしとするのですね。

独身のままでは家族が増えないのです。つまり、少子化と言うことになりますね。

独身のままでいるという事はどういう事でしょうか。
独身でいることによって恥を晒さなくて良いのではと私は思っております。まだ仮説の段階ですね。

恥を晒すという事はどういう事でしょうかね。惨めな状況を他人に見られるという事ですね。

今でも惨めな状況のに結婚しても惨めは変わらないから独身のままでよしとするのでは無いのかと私は思います。
私が思っているのですけど、当の本人たちはそう思っているのでしょうか?
聞いてみるとその分析対象である独身の人は黙ってしまうのですね。

答えが、出てこないのですね。何がどうなっているのかさっぱりわからないのです。なぜ独身で良しとした動機がわからないと次に進めませんね。
ここに悪い病巣が潜んでいると私は思っております。

うまくいっていないんですね。結局は、元々縁もゆかりも無い全くの赤の他人が一つの家庭を築くとい言う事は並大抵のことではありません。

私の知っている限り、普通の夫婦がうまくいかなくなるなんて当たり前ですが、その時に仲裁者がいるかいないかなんですね。仲裁者がいるといないのとでは大違いだと思います。でも、これは結婚後の話なんですね。日本はそもそも初婚が遅くて減っていると言うことなんですね。

だから、結婚後のことを色々言ってもしょうがないんですね。初婚が遅いのです。
独身率が国のデータにありましたので以下のせておきますね。

mikonritsu2.gifmikonritsu1.gif

このグラフは女性が先に示しているのは訳があります。何が以前と変わって行ったのかと言うと、女性の初婚時期が圧倒的に遅れたと言うことですね。

1980年ごろの25歳から29歳の女性の独身率は25%だったんですね。ですが2015年は61.3%と言うことなんですね。
出産に適齢期の後半の女性の独身率の向上が少子化をもたらしたと結論づけて良いと思います。

でも、だからと言って少子化の原因をそっくりそのまま、若い女性が結婚しなくなったからだ!だから、若い女性を結婚させろ!
といっても仕方ないのですね。その原因を深く探ることが大事だと思います。

では25歳から29歳がなぜ独身で良しとしたのでしょうか?

次のデータをご覧ください。
スクリーンショット 2020-01-02 8.35.40.png
こちらは小学校、中学校 高等学校への在学者数の推移です。少子化の影響を受けて、徐々に数が減っていますね。
当然といえば当然ですね。


次にデータをあげましょう。これは大学の進学者数です。
大学の進学率は少子化の影響を全く受けていませんね。逆に順調に拡大しておりますね。
幼稚園も激減しておりますねもう一つ各種学校や短期大学というのの激減といえると思います。

ですので幼稚園は別として、少子化で子供の数は減ったが、高校卒業後、大学に進学する人が多くなったといえるでしょう。
一方で、短期大学を中心とした高校と大学の中間に位置していた教育機関の著しい衰退がみられておりますね。


スクリーンショット 2020-01-02 8.35.57.png

少子化と言っているのにもかかわらず首都圏や近畿の大学では学部の新設が行われておりますね。ですから、大学という産業は少子化の影響を受けていないというよりはむしろ、その他の教育機関のシェアを奪っているともいえますね。

ですので、短期大学を例にとると、元々は高校を卒業して短期大学や各種学校を出て就職をしていた人が大学を卒業する様になったということですね。
ですから以前は高卒、各種学校や短期大学卒が最終学歴だった人が全体的に大学卒業になって高学歴になっているんですよね。
これはグラフから分かりますよね。

ですので日本全体としては少子化になっているものの、より多くの人が大学卒の切符を手に入れる様になっているのですね。

短期大学から大卒になって来た事を例にとると、就職する様になるのは単純に21歳→23歳ぐらいに伸びたということが言えるでしょう。

就職の高年齢化ですね。高齢化すれば当然、独身率が上がると言えるでしょう。現在の日本では学生の身分では結婚するという事は難しいといえますね。ここでも結婚年齢を押し上げる要因にはなるとは思います。これは一つの要因と覚えておいてください。

もう一つが人に言えない悩みを抱えているのではと私は思います。

平成11年(1999年)から平成17年(2005年)ぐらいの大卒なんですけれども一時的な仕事にはつくもののですとか進学も就職もしていないものが急激に増えてしまったんですね。グラフをご覧ください。この6年間で合計900千人程度のスキルアップが望めない成人を量産してしまったのですね。この頃はバブル崩壊後の低迷期でITバブルも弾けた状況で長い不況を迎えていきましたね。
日本が人口減を迎える年、人口減元年が2005年なんですね。


2020-01-03 18.00のイメージ.jpeg

つまり、大学の進学率は上がったんですね。上がり続けていますよね。しかし、この時から、日本は大学を卒業しても正規社員になれずにスキルが上がらない若者を量産していく時代が訪れたと言っても過言では無いのですね。

当然、大学は出たのですが、就職が無いのですよね。フリーターという言葉がありますけど、フリーターでは家庭を持つ事は難しいですね。つまり、結婚できないのです。結婚できなければ子供を生まれないのですね。

ここからが難しい世界に入っていきますね。
あなたは大学を卒業した。しかしフリーターにしかなれなかった

そうするとどうなるでしょうか?

ここはらは次回に続きます。

では

See you!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント