2020年 新年あけましておめでとうございます 3 少子化対策は? 日本の大学の力をつけること

新年あけましておめでとうございます の第3回目です。 先回までは日本の問題点として少子化がありますが、これに対してどういう原因で少子化という現象が発生しているかを分析しようと申し上げました。 少子化というのは日本人が産む子供の数が減っているということですね。にもかかわらず、大学卒業者は全く衰えを見せず、拡大しているということを申し上げました。ですが、大学卒業者と言えども時代によっては正式な社員になれずに、いわゆるフリーターとなってしまうことを申し上げました。 ここまでが前回の話ですね。 私としては、ここに少子化の原因があるのではと思いました。大学は出たのですけれども、いわゆる正社員になれなかった人々が多くなり、少子化の現象が生まれていると考えております。 正社員になれなかった人々は自分らも間違えだったんだということであまり多くを語らないのでしょう。ですから、声なき声になっているのですね。大学は卒業したけれど、就職活動がうまくいかず、新卒採用の絶好の機会を逃してしまったとしましょう。 こうなると、ハローワークの出番ですね。日本はそうなってしまうんですね。新卒採用では無い場合は一般企業というのは前職の経験値を聞きます。 一般企業は育成するのは新卒採用が対象でして、新卒採用されなかった人はキャリア採用ということになるのですが、一般企業がキャリア採用の対象者に求めるのは前職の経験値が欲しいからなんですね。 ですので、キャリアがない状態、つまり、職歴として誰でもできるアルバイトしかしたことが…

続きを読む