中所得国の罠 1 久しぶりの上海で見たものは

年末久しぶりに上海を訪問しました。 写真は上海高島屋です。ガラガラでした。平日の閉店間際に行きました。客より店員の方が多かったですね。 相変わらずなんですけど、シナは大都会でも薄暗いんですよね。昔は夜上海なんていいいましたけど、昼間はゴミが目立つので、夜の方が綺麗なんて言っているシナ人がいましたが、夜も明るくはないし、娯楽もどんどん衰退している感覚ですね。【風景・景勝地・中国語版DVD】夜上海 上海 - 中国の本屋華やかでは決してないですね。あの大いなる興奮は完全に去ったというのが私の結論です。 2年ぶりでしたが、街の風景としてはあまり代わり映えはしないようでしたが、渋滞は減っているようでしたが、これだけ高速道路ができるとどこでも高速道路で行けるようになりますので、渋滞は減るでしょうね。 トラックは圧倒的に減っていましたね。 というよりは、インフラはよくなっているのでしょうが、かつての経済成長は完全になりを潜めておりますね。 不動産価格もここ2年ぐらいは横ばいだそうです。高値安定といえば聞こえは良いですけどね。もう流石に不動産価格は上がらないでしょう。 生活の方は苦しいんだそうですね。 そうでしょうね。シナ経済のここ数年の厳しくなった要因としては人民元と米ドルのペッグ制にあると思います。人民元は米ドルに連動していますね。ここ数年で起こった現象というのが、米ドル高ですね。日本円は安くなり、米ドルは高くなりましたね。という事は人民元も連動して、米ドル以外の通貨と比較して高く…

続きを読む