紙通帳の電子化  インセンティブは与えられるうちに与えましょう

ようやく、メガバンクの中に紙の通帳をやめる様に促進する対策が大きく打ち出されましたね。三菱UFJはキャンペーンで紙の通帳からウェブ通帳に切り返した先着10万人に1千円贈呈ということですね。 という事は単純に言って、紙の通帳で回していくシステムに1口座千円以上かかってるという事なんですね。ですから、先手を売って、キャンペーンをするという事なんですね。千円払うけど銀行は損しないのでしょうね。 三井住友銀行でも確か、ウェブ通帳にしないと色々なサービスが受けられないというのはありましたね。 が、ここにきて、三菱UFJキャッシュバックは凄いですね。思い切ったことをしましたね。 また、みずほ銀行は紙の通帳のみですね。今後のみずほ銀行の方向性はまさに神のみぞしるですね。 Only the Fox God Knows! メガバンクと異なり、楽天銀行などの新規参入の銀行は始めから、紙の通帳がありませんので、ウェブ通帳しかありませんですと言えば良いのですね。しかし伝統のあるメガバンで、一旦紙の通帳を受け取ってしまうと、それが普通になってしまうんですね。特に紙の通帳はきれいによく作ってあるので、ありがたみがあったのです。 でも、私もここにきて、細かな電子決済をしようとすると、特に、銀行発行のデビット的なクレジット決済を使うと、通帳にいちいちコンビでの決済を記載されるので、銀行のATMでの通帳の記入に時間がかかるのがわかりました。つまり、紙の通帳があると、ATMに行って、並んで、印刷する…

続きを読む