#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 3  #新型コロナウィルス 1st SARSからの帰還民より

今回も2nd SARSの話をしたいと思います。 前回は簡単にウィルスとの戦いの話に触れました。第一の防衛ラインが突破されてしまったのは認めざるを得ませんね。第一の防衛ラインが突破されると第二の防衛ラインの戦いですね。 相手というのはウィルスですが組織的に日本国内に入って、増殖し始めている状態ですね。今回はこのお話をしたいと思いますね。 防衛ラインについて 第一のラインが水際作戦ですね。敵はつまりウィルスですね。 ウィルスは人間をのっとり、侵入するために様々な攻撃を仕掛けますね。 非常に巧妙なんですよね。 水際作戦の失敗はまず全てをシャットダウンしてから、徐々に緩めるということをしなかったんですね。まず緩めてから、徐々に絞るというのは絶対にやってはいけないことなんですね。 最初にまずは一番厳し目のことをやるということですね。徐々に厳しくするのは役に立たないのですね。ウィルスとの戦いに人権とは人格は関係ありません。 相手はシナ人ではなく、ウィルスなんですよね。 水際作戦でシナ人ということが識別が必要ならばシナ風邪や武漢風邪としてもぜんぜんOKです。相手がシナ人ではなくウィルスなのです。ウィルスの宿の多くがたまたまシナ人や武漢人が多かっただけなのですからね。 差別との戦いがしたければ、人類がウィルスに勝ってからやってくださいね。と言いたいですね。差別との戦いにかってウィルスとの戦いに負けたらどうするのでしょうかね。 お人好しの平和ボケの人は戦時と平時の区別がつかないのですね。…

続きを読む