2nd SARS 終息後の方が厄介ですかね

ようやく、緊急事態宣言も解除になりましたが、厄介なことがありますね。世の中が、社会が変わってしまっているんですね。もちろん、社会の構成員は人間ですから、人間が変わったのと同義ですね。日本人が変わってしまいました。世界の多くの人々も変わってしまいました。 ですから、既についていけなかった人は相当頑張らないと、新しい社会についていかれなくなるでしょう。第2波、第3波の備もしながらですけどね。 布団の中でブルブル震えていて、布団の中に潜り込む前の世界がまだあると思って、外に出てみたら、あら不思議、風景が変わってしまったと言うことでしょう。開けてびっくり玉手箱の浦島太郎ですね。 例えば、経済的に困窮し出した時に、動く界隈の人々がいますね。 今その動きを見ています。その動きにごまかされない様にしましょうね。実はその動きで、世の中の変容をごまかしたい人もいるのではと勘繰りたくもなりますがね。リーマンショックから10年(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.386)成長率鈍化 格差拡大 投資銀行の収益低下 世界に遺した爪跡【電子書籍】[ 竹田幸平 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア リーマン・ショックの経験があるので、相当、日本国民も学習してきたなとは思います。総理大臣に漢字テストをして、国民の憎悪を煽っていましたね。 大衆扇動にまんまとはめられない事ですね。 自分たちにできることはIT化を進めることです。そして粛々と古いもの、古い媒体である、テレビや新聞などを無くして行く事ですね。古いもの…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 11 歴史的位置づけは?  様子見です

緊急事態宣言が延長されましたね。 世界は元には戻らないという声もちらほら聞こえましたね。ということは、今、マスク小さいとか賃料が払えないとか売り上げが減ったとか言って、文句を言っている人は残らず、無駄なことをしていると思えますね。 日本が色々転機になったことは歴史でも勉強していますし、自分たちの経験でもありますよね。 例えば歴史で習ったりした近現代史も含めて以下の出来事がありますよね。 1868 明治維新1894 日清戦争1904 日露戦争1914 第一次世界大戦1931 満州事変1941 第二次世界大戦1950年代から        高度成長1979 オイルショック1991 バブル景気とその崩壊2008 リーマンショック2011 東日本大震災そして 2020 2nd SARSですよね いずれにしろ、これらの前と後では社会のあり方だけではなく、人々の行動や仕草に至るまでありとあらゆるものが変わってしまっていると思いますね。でもその当時のことで見ると毎日社会や人々は変容しているのでしょうが、毎日見ているのであまり、変わりませんね。 東京にそれまで住んでいて、東京を離れて数年無人島で暮らしていて、また東京に戻ってくると全く違った風景なんでしょうね。 まずは、人と人との距離が開く様になっているでしょうね。あとはどうなって、どうなってか・・・・。と思いたいのですが、私もどの様になるかを考えてはいますが、見通しができません。 今は様子見ですね。 鍵は2nd SARSの第2波、第3波がど…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 10 ちょっと失敗

緊急事態宣言下の社会も既に10回目ですね。 ちょっと失敗した話をしましょう。 緊急事態宣言下当然家にいる時間が長くなりますから、今までやりたくても出来なかったことをしようと思いました。 本当は10年ぐらい前にやっておくべだったんですけど、家の棚を整理していまして、VHSテープが出てきたんですね。数年前に、ハンディカムでとった録画はなんとかIEEE1394があったのでデジタル化したんですけど、また、VHSのテープはデジタル化してなかったんですね。 VHSのデッキもここ10年以上一度も動かしていなかったんですけど、何とか動いていたので、思い切って、以下の製品をポチりまして、買ったんですね。 バッファロー BUFFALO PC-SDVD/U2G2 [ソフトウェアエンコード対応 USB2.0用 ビデオキャプチャー]です ビデオキャプチャと言って、アナログ画像をデジタル化してくれるものなんですけど、ちゃんとWin10のソフトで動くのですね。 購入しました。ビデオキャプチャが私の手に届きました。VHSのデッキ(写真とは違いますが・・・)を動かしましたね。30年前に購入したものですが、動きましたね。リモコンの電池が液漏れ寸前でしたが、本体から動かせば大丈夫でした。さて、ビデオキャプチャのソフトをインストールして、VHSのカセットを挿入しましたところ、うまく行きました。20年前の画像がデジタルデータになりました。 やはり、アナログのデータだった時代と今では時間の感覚が違いますねということが…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 9 憎悪の向く矛先 

写真はSis. Angerを披露するBABYMETAL 緊急事態宣言下で、人が行列をなしているところがありますね。それはスーパー、コンビニや薬局が代表的なところとして挙げられますね。たくさんの店が自粛で営業をやめている状況下、これらの販売店は閉めようという人はいませんね。人々が生きていく最低限度の食事や医薬品が途絶えてしまうからなんですね。 先日、薬局の人と話をする機会がありました。スーパーや薬局は非常に景気が良いらしいねぇ。と申し上げました。ですが、大変なことがあるらしいですね。 現場の店員さんが非常に消耗しているとのことですね。特にあげられるのがマスクと消毒薬ですね。その渦中にトイレットペーパーもありましたけど・・・それは置いておきます。 マスクがだいぶ市場に出回るようになってきたみたいですけど、まだ、足りないところでは足りないですね。ですので、マスク販売で有名なところですと、薬局ですよね。ついでに消毒薬も買いましょうということになりますね。 ところがどっこい、マスクも消毒薬もおいてないではないですか。 当初は棚に欠品中の表示がありましたが、店員さんに質問が繰り返されるということなんですね。店員さんとしては呼び止められて、「マスクはありますか」と聴かれます。店員さんは「すみません。マスクは置いてないんですよ」 ただでさえ店員さんは忙しいのにこのやりとりだけでも大変だそうですね。 これだけでも忙しいのに「なぜ!おいてないのだ!」ですとか、どうでも良いこと。日頃の鬱憤を…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 8 ビジネスチャンス 生き残る先生?生き残る生徒?

緊急事態宣言下の社会 6の続きになります。 先回では、今後、教育の現場でオンライン授業が進んでいくと、講義形式の先生は一部の先生が勝利し、ほとんどの先生は淘汰されるであろうということを予想しましたね。 では生徒は講義形式の授業で学力が向上するのでしょうかね。 一部は向上するでしょうが、大部分はそうでは無いでしょうね。講義形式の授業というのはどう見ても講師側の都合でしょうね。 講師側からすれば、多くの生徒を集めて授業料をいただければいただけるほど、効率が良いですからね。 生徒の習熟度というのは千差万別だと思いますね。習熟度が上位の生徒は自分で勉強できる人材も多くそもそも講義形式が退屈になる生徒さんもいるでしょうね。でもそういう生徒さんは教科書や参考書を与えておけば勝手に勉強しますね。だから大きな心配ないと思います。 一方、習熟度が下位の生徒はそもそも講義形式の授業ではついていかれないでしょうね。質問したくても、オンラインでは中々質問するのが難しいですね。場の雰囲気が分かりにくいですからね。日本人はこういうところを気にしますからね。わからないまま、話が進んでしまって、どんどんついていけなくなるでしょう。ですから、講義形式の教育方法では下位の生徒には向いていないと思いますね。 でもよく考えたら、教育って、下位の生徒の学力向上に価値があるのですよね。上位の生徒は勝手に勉強して行きますからね。 下位の生徒の学力向上されることができれば、世の中にとっては非常に価値があることになりますからね…

続きを読む