2nd SARS後の世界 3 リアルが失われた世界の縁に立っている


20200519_080031.jpeg

2nd SARS後の世界の第3回目です。先回はリアルな世界が力を失っていくことについて申し上げました。
これからの世界はリアルな世界を取り戻そうとするのだけれども今後どうなっていくかを予想します。

リアルな世界では人は生まれて、少年少女から大人になっていくにつれて、人と人との繋がりの中で社会性というのを身につけていきますね。

赤ちゃんを見ると、いろいろ触って、色々、口にくわえて、体全体でそれを感じて、学んでいきますよね。子供から大人になる時も、集団生活で同じ様に人と人が表情や声と言った五感に訴える形でも社会性を獲得していきます。

ここで言う、リアルと言うのは五感を動員して感じる世界のことです。
リアルでない世界は五感が動員できない世界を言います。
一方、今の世界は、聴覚と視覚のみでかつ、それが電子デバイスを通じてしか、感じられない状況ですね。

と言うことは今後の世界は、嗅覚、触覚や味覚と言うものが直接発揮できないと言うことになりますね。
もちろん、家の中、家族同士では分かりますが、家族以外の人と人では分かり合えないと言うことになりますね。

前置きが長くなりました。それでも、やはりリアルを失った後はどうなるか?と言うことで話を進めますね。
これを考えるヒントとしては今我がどこに立っているのか認識することだと思っております。

今まで、リアルの世界にいたときに知っている人についてはリアルが失われた世界でも、リアルな時代でのストーリーが残っているので、大きな変化が無い可能性がありますね。
初対面の人と会うと言うことはどう言うことだったでしょうか。人とはどうやって、人となりをみてもらえるかについて、または人からどうやって見られるかは、その人実物に近づいてみて、どう言う仕草をしたり表情をしたり、詳細に見るでしょう。もちろん、初対面でジロジロは見ないのですよね。

テレビや新聞で悪く言われている人でも実際会ってみると良い人でしたなんていうことをよく聞きますよね。
それがやはりリアルなのであって、映像や音声だけではわからないのですよね。

圧倒的にリアルな世界には敵わないでしょうが・・・・。

残念ながら、今後はそういうことも出来なくなる圧倒的な現実もあるんですよね。

リアルのある世界は最低限必要なんでしょうが、人と人が対面すれば当然、感染のリスクはあるわけで、リアルとリスクが同時に来るわけですね。

リアルを求めれば当然リスクが大きくなります。リアル≒リスクですね。
今後のリアルの世界というのは感染リスクに見合うだけの価値がある行動する場合か、リスクに怯えながらリアルな行動ができなくて、自暴自棄になった人たちの行動の場になる可能性が出てくると私は思っています。

リアルが失われれた世界というのは当然、人とのリアルな関わりがほとんどない世界ですね。こちらは、感染するリスクが抑えられるのですが、人類が経験したことのない世界ですね。既に一部のテレワーカーとかゲーマーは体験しているのでしょうが・・・。はっきり言って今まで日の目を見ていなかったんですね。まぁ。ここでは置いておきます。

今後のリスクを減らした世界で生きていくにはリアルが失われる世界だとは思います。リスクを減らしたい側からの考えですが・・・。
私自身、試行錯誤をしながら、考えて、文章を書いてみました。しかし、書けば書くほど、色々な世界が想像されますが、でも誰一人として経験したことがない世界なんですね。

今、自分が立っている場所からはたくさんの分かれ道があると思われますが、その道の向こう側に誰も行ったことがないのです。

それも、色々な可能性がありますね。今後は想像力を働かすことが大事になるのでしょうね。

多分、今の世界を生きている我々がリアルが失われた世界にリアルに関わらなければいけない世界というのは目の前に誰もいない、大海原や大草原が広がっているのですが、振り返ると背にした大地は刻々と場所を狭めているという世界なのでしょう。
image3.jpeg

もちろん、すぐに船が壊れて、溺れてしまうこともあるでしょう。

あなたが、誰かを説得しようとして、一緒に行って欲しいと望んでもそれはあなたの想像でしかないと言われるでしょう。
ので、誰もあなたと一緒には行かないかもしれません。

これからの世界は自分自身で大海原に出ていくこと、そしてもう元の世界には戻って来られないかもしれないと覚悟をすることかもしれません。

では

See you!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント