2nd SARS後の世界 4-1 Web会議システム〜リアルに近い世界での交流〜

EXoxQFzU4AEtSUh.jpeg

東京の新規感染者数は1日で200名を突破していますね。
やはり、残念ながら、元の生活に戻すと2020年の4月の状態が再現することが見えてきてしまいました。
2020-07-12 18.38のイメージ.jpeg
ですから、元の生活に戻るとはとても思えないという可能性が更に高くなってきてしまいましたね。

もちろん、ワクチンや特効薬が開発、普及すれば元の生活に戻せるという希望は少しだけ残っていますが、それはもう少々時間がかかるでしょう。

その間に世界はどんどん変わっていってしまって、元に戻らなくなる可能性が高くなっていくのですね。

ですから、この世界は可能性が低い方には流れていかずに、可能性が高い方に流れていくでしょう。
可能性が高い方に変化をしていくことを考えたいと思います。

もう元の世界には戻らないと仮定しましょうね。言うならば不可逆的なんですね。

前回はリアルな世界が失われていくと申し上げましたね。リアルな世界は感染のリスクが高いのですね。
ですが、ここからは色々な未来が描けると思うんですよね。ですから、想像上のことでも良いので気軽に色々なことができるでしょうね。当然作り話でOKなんですから、申し上げたいことをどんどん申し上げれば良いと思っています。

では行きますね。

今のところは、感染のリスクを抑えるために私が最も注目している手段はWeb会議システムです。
私自身、色々Web会議をやりながら思ったんですけど、
ライブ動画とのちのストリーミング配信が圧倒的に武器になるとは思います。

それは、文字情報や静止画よりは圧倒的にリアル感があったんですよね。
ならば、テレビで良いではないかと言う声もあると思いますが、以前から申し上げましている通り、テレビは一定の使命を終えてしまったとも思えますね。ここでは多くは触れません。

いずれにしろ、誰でも発信できるし、誰でも参加できると言うことが必要なのですが、リアルタイムな感覚がやはり必要ですね。

静止画や文字情報よりは、動画の世界が圧倒的に武器になることでしょう。
でもやはり、リアルな世界が恋しくて、動画には飽き足らず、人間は人間自身と闇雲に触れ合って、失敗を重ねるのだと思います。そして、どうなるか?でしょうね。


以前、私も2画面の効率性に目をつけて、2019年の夏にはモニター(ディスプレイ)を購入しました。写真とは異なります。
こういうブログを書くことについても非常にモニターというのは効率化になっておりますが、一方で2画面というのは Web会議システムで非常に威力を発揮しますね。会議をしながら、別の画面で他のことができますね。


shutterstock_1680627343-770x514.jpeg

テレワークなんてやってみるとわかると思いますが、1日のほとんどがPCと向かい合わなければいけなくなる時代になってしまったんですね。
laptopstand_diy_190704_01.jpeg
もしあなたがノートPCだけしか持っていないのならその小さな世界で、過ごさなくてはいけなくなるのですね。
ということは外界の世界に対して小さな窓しか開いていない部屋に住んでいるのですね。

沢山の情報量に接して、自分なりの答えを見つけて発信していかなくては2nd SARS後の世界はやっていけなくなるのでしょう。
リアルに人と話したい、イライラして人混みに行けば感染する危険に身を晒すのですね。

hw414_AS20200608003437_comm.jpeg

僅かにそう言ったことが垣間見えてきていますね。
東京の夜の歓楽街の感染者や北海道の昼間のカラオケの感染拡大の話を聞いてそう思いました。

一瞬の気の緩みが夜の世界に踏み出して、感染してしまうことになる。一生の後悔につながることもあるのですよね。

やはり、リアルな人と出会うことはできないですが、緊急事態宣言化の状況にいたらわかるのですが、やはり人間は会話をしていないと人間としてだんだんダメになっていく動物だということもわかりました。


人と合っていないと、疫学的には勝利するかもしれないのですが、経済的にも精神的にも社会というのは持たなくなってくるということですね。

ですのでより、重要なことは命の危険に晒すことなく、人とあって、経済的にも精神的にも成り立たせることが重要になってくるのです。
ソーシャルディスタンスなんていう言葉がありましたが、それでは何のこっちゃさっぱりわかりませんね。

人とのリアルな接触は最小限にしつつ、経済的にも精神的にも成り立つ活動をしなくては行けない世界がやってきたとも言えるでしょう

そう考えると、何をしなければ行けないか自ずからわかるというものですね。
PCの仕事を効率化を向上させることと、リアルな精神世界を保つためのリアルに近い世界で交流していくことが重要であると思うんですね。

ですので、IT環境を整えて、高画質、高音質、よりリアルに近い環境に身を置くことがまずは必要になってくると思えます。
ですから、本来は動画で双方向にやりとりをすることが必要になってくる時代に突入していくだろうと予想しますね。

当然、IT関連の投資はどんどん先行して実施しなければいけませんね。

PCを最新型のものに置き換えることも大事ですし、ネット環境としても充実させることが必要でしょう。


光なんちゃらという様なところと契約しなければいけないでしょうし、WI-FIルーターも高性能にしなければいけませんね。また、モニターを追加し、2画面、3画面にすることも必要でしょう。


カメラ、マイク、スピーカーというデバイスも、より高性能なものに置き換えて使いこなしていかなければ、ならなくなっていくのでしょうね。

こういった荒海を乗り越えられば、非常に大きなブルーオーシャンが待っていそうですね。

今ある蓄えを大事にし、新しい時代に投資しましょうね。

では

See you!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント