2nd SARS後の世界 2 リアルそのものが力を失う世界 リアルに近いものは何か?

2nd SARS後の世界の第2回目です。 人に会えないのだけれども、人に会っている様な状態になっていないといけないのですね。それにはITの力を借りなければいけないということを以前申し上げましたね。 一つがWeb会議システムを使いこなすことが大事だということも申し上げましたね。バーチャルなんですけれど、よりリアルな世界に近づいた状態で人と接した様な状態を作り出すことが今後は重要になってくると考えます。 今回はリアルそのものが力を失う世界 リアルに近いものは何か?なることについて申し上げたいと思います。 2nd SARS前の世界でしたら、さほどバーチャルだけれどリアルな世界は求められませんした。リアルが圧倒的に力を持っていた世界でしたので人と人の交流の中ではリアルで良いのです。そこそこの交流に関しては、文字情報なんていうのでも、十分であると考えておりました。動画の世界は一部のYOUTUBERといった人々のものだと考えていたのですね。 しかし、2nd SARS後の世界ではリアルという現実がほとんどなくなってしまいましたね。 家にいる家族でしたら、特に問題はないでしょう。家にいればマスクもビニールカーテンも必要ありませんね。 外に出て会話をする時にはマスクやビニール越しにしかには人と接触することができなくなりましたね。レストランでも席が向かい合わない様に座ること、なんてなってきていますよね。 抗菌 透明シャワーカーテン 120×150【日本製】防水 透明カーテン 透明シート 透明ビ…

続きを読む