2nd SARS後の世界 3 リアルが失われた世界の縁に立っている

2nd SARS後の世界の第3回目です。先回はリアルな世界が力を失っていくことについて申し上げました。これからの世界はリアルな世界を取り戻そうとするのだけれども今後どうなっていくかを予想します。 リアルな世界では人は生まれて、少年少女から大人になっていくにつれて、人と人との繋がりの中で社会性というのを身につけていきますね。 赤ちゃんを見ると、いろいろ触って、色々、口にくわえて、体全体でそれを感じて、学んでいきますよね。子供から大人になる時も、集団生活で同じ様に人と人が表情や声と言った五感に訴える形でも社会性を獲得していきます。 ここで言う、リアルと言うのは五感を動員して感じる世界のことです。リアルでない世界は五感が動員できない世界を言います。一方、今の世界は、聴覚と視覚のみでかつ、それが電子デバイスを通じてしか、感じられない状況ですね。 と言うことは今後の世界は、嗅覚、触覚や味覚と言うものが直接発揮できないと言うことになりますね。もちろん、家の中、家族同士では分かりますが、家族以外の人と人では分かり合えないと言うことになりますね。 前置きが長くなりました。それでも、やはりリアルを失った後はどうなるか?と言うことで話を進めますね。これを考えるヒントとしては今我がどこに立っているのか認識することだと思っております。 今まで、リアルの世界にいたときに知っている人についてはリアルが失われた世界でも、リアルな時代でのストーリーが残っているので、大きな変化が無い可能性がありますね。初対面の…

続きを読む