暗号資産の正体は? 1

このシリーズでは暗号資産及びビットコインの財務上のアドバイスではないことをご了承ください。 昨年末からビットコインと中心とする暗号資産というのが第2次のブームになっているそうですね。ちなみに、第1次のブームというのは2017年から2018年頃と言われていますね。第1次のブームというのは日本を中心としたブームだったそうなんですけど、現在は全世界的なブームだそうですね。 そもそも今回の暗号資産ブームというのは、どうして起こったかというと、全世界的に日本円や米ドルと言った法定通貨の流動性が高まったということがありますね。日本でも、給付金というのがありましたね。また、旅行代理店とか航空会社に関しても給付金というのが支給されているのですね。現在、第2次の緊急事態宣言ですね。飲食業は夜8時までの営業に従ったところは1日6万円のお金がもらえるということなんですね。お金がジャブジャブと湧いてきているのですよね。 日本以外の国も同様に、厳しい産業やロックダウンを行なった場合には給付金というのが出ますね。でも、ずっと家にいて、お金をもらっている状態なんですけど。やっぱり暇なんですね。暇ですけど従来の商売はできないのですね。また、別のビジネスをしようにもすぐにはできないのですね。 ですから、もらったおカネを手っ取り早く預金するってことを考える訳なんです。 でも、マイナス金利の時代ですからね。預金を預けておいたって、ATMは減らされているし、振り込みの手数料もかかるし、普通預金の金利はほとんどないんです…

続きを読む