シェアサイクルにチャレンジ

bg_01.jpg

4月になりました。緊急事態宣言を解除してから感染者が増えていますね。
ということは緊急事態宣言が効果があったということですね。

夜の飲食で感染しているということが証明されたということでもあるのですね。
夜の飲食業の方々は非常に厳しい現実を突きつけられていると思いますね。

それはさておき。

春になりましたし緊急事態宣言も解除されましたのでいっちょ、外出して見てはいかがですか?
もちろん密にならない状態でですが、ちょこっと街中を歩いてみたいでしょ。やはり春の風を切って進む自転車が良いと思います。ですので自転車のお話をしたいと思います。

最近私の近くにもシェアサイクルの置き場ができましたね。

冒頭の写真にありますように昨年から街中にドコモ系のシェアサイクルが目についてました。しかし、他人が触ったハンドルを掴むということに抵抗感がありまして、レンタするのに躊躇していました。

そうこうしている間に、最近は私の家の近くにもシェアサイクルの置き場ができましたので、ネットで検索してそのシェアサイクル置き場と目的地の近くに乗り捨てられる場所がある確認しました。そして料金も確認しました。

ソフトバンク系だと思いますが、ハローサイククリングというのがあるらしいのですが、せっかく家の近所にできたので使ってみようということで利用してみました。
img_6716-e1569168380775.jpg
利用するにはスマホとスマホアプリでの会員登録と決済手段・・・例えばクレジットカード等が必要ですね。
要はスマホとクレジットカードがあればできるということです。

料金は時間制ですね。当然長く借りれば借りるほど料金が高くなるのですね。ですからとっと乗ってとっとと返せば安い料金で乗れるということになりますね。逆に長距離には向かないということでしょうけど、私の地域では15分70円でしたね。地域によって価格が異なるらしいですね。
IMG_9833.jpg
とりあえず、安そうなので、登録することにしました。使ってみないと始まらないですからね。スマホで氏名とか電子メールアドレスとかを登録します。

スマホで登録が完了になるとあとは簡単ですね。
乗る時の手順の概略を紹介しましょう。

まずスマホのアプリを開き、地図上にある自転車置き場を選択して乗りたい自転車を予約をしますね。
そして、自転車置き場にいき、電源をオンにします。
それからスマホに表示された暗証番号を自転車にある通信端末に入力しますね。
1534426249931-e1534431103661.jpg

初めは戸惑いましたが、やってみたらわかりますが、わかりやすいですね。

そうすると自動的に鍵が解除されて自転車に乗ることができます。

終了時も終了の操作をこちらの通信端末で行うだけですね。当然ですが、シェアサイクルなので乗り捨てがOKです。
これが良いですね。乗り捨ててあとは知らないというのが良いですね。

レンタサイクルで以前も使用しようと思ったことがありますが、返さなければならないのが面倒ですね。帰りの心配をしなくてはいけないのですね。乗り捨てが良いですよ。でもレンタルサイクル屋さんでも乗り捨てられた自転車がどこにあるか心配ですね。捨てられているか、盗まれているかもわかりませんで、自分の手元を離れた商品がどういう状態にあるかわからないのですよね。

でも時代は変わりますね。

やはり、自転車が電動化になり通信機器を搭載したことが大きいでしょうね。

もちろん利用者が電動自転車に慣れているというのも大きいと思いますね。電動自転車に慣れていない人だと操作は戸惑うでしょうね。この自転車はヤマハ発動機のタイプでしたね。ちなみにヤマハ発動機の電動自転車はたくさん売れているそうですね。
それは置いておきます。

電動化していればその自転車に通信機器を設置することによって、その自転車の位置情報や充電、貸し借り状態がわかるのですね。
盗まれてても追跡できますからね。

それとスマホと決済の電子化の普及でしょうね。

要するにスマホと電子決済と電動自転車と通信機器を組み合わせたビジネスなんですね。

ですから今後は動くものでも通信機器を搭載して常に電源が入っているものはレンタルしやすいし、乗り捨ても可能になりやすいということになりますね。

まぁ今後は自転車だけではなく、シェア〇〇ということもビジネスになっていくでしょうね。観光地へ行ってからスマホを見て
〇〇の空き状態を見て、スマホでロックを解除するというようなこともあるかもしれませんね。

要するに今までは貸したいのだけど、借り手が信用できなかったので貸したくても借りれなかったのですね。自転車を貸しても、リサイクルショップに売りに出されてしまうかもしれないのですね。要は貸し手が借り手を信用していないのですね。でも、通信機器がついているので、追跡できるのでその心配がほとんどなくなったということですね。

自転車の乗り捨てが普及すれば今後もカーシェアも普及していくかもしれませんね。私は今度はカーシェアの方もやってみたいと思います。
皆さんも色々チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

では

See you!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント