中国・遼寧省、異例のマイナス成長 1~3月、設備過剰重く

中国東北部、遼寧省の2016年1~3月期の域内総生産の実質成長率が前年同期比でマイナス1.3%となった。マイナス成長は全国に31ある直轄市・省・自治区レベルでは異例だ。同省は重工業を中心とする国営企業が多い。中国経済全体の成長鈍化に加え、政府が進める過剰設備の解消など構造調整圧力が重くのしかかっている。  同省が通年でマイナス成長となれば、1981年以来、35年ぶりとなる。昨年は1~3月期に1.9%、通年では3%それぞれ伸びたが、いずれも全国で最低だった。今年は昨年と同じく6%の成長を目標に掲げたが、達成は難しそうだ。  同省は石炭などエネルギー関連や、鉄鋼、造船といった重工業が主力産業で、多くは国営企業だ。中国景気の減速でこうした産業の生産が真っ先に低迷したのに加え、販売の不振から不動産市況の冷え込みも目立つ。  中国政府は過剰な生産設備の解消や利益を生まない「ゾンビ企業」の淘汰に力を入れると宣言。鉄鋼会社などは減産だけでなく、人員削減にも乗り出している。既存の産業に代わる新たな産業は乏しいだけに、低成長から抜け出すには時間がかかりそうだ。  中国経済全体では16年1~3月の実質成長率は前年同期に比べ6.7%と、3四半期連続で伸びが鈍っている。 ようやく、経済悪化のニュースが流れてきた。 私の大連レポートより約1ヶ月遅い。 具体的数値でマイナスとはどういうことか? シナ共産党は本当の統計データーは出したことはない。 大連を抱える遼寧省がマイナスという…

続きを読む

経済的には厳しいな 香港 C国 大連でもこの有様か・・・ 

北の香港 大連に行ってきた。かつては北海の真珠といわれていた。 一言でいうと、大連でもこの有様か・・・。 大連駅周辺の中心部、天津街もテナントが逃げ出した後ばかり。 中心部には仕事はない。 メインストリートの西安路もレストラン以外は厳しい。 金持ちは郊外に逃げ出し、車で移動。 インフラ未整備のまま大渋滞発生。 大連港も半日見ていたが貨物船の2艘しか行きかいが無かった。 遼東半島および遼寧省の頼みの綱は頭金なしのマンション販売か・・・。 とすればこの写真のような鬼城(ゴーストタウン)も。 写真は大連港を望む鬼城。放置してかなりの時間はたっているね。 大連がこの有様ですと他は推して測るべし。 ロシア製のルイビトンを売るぐらいしかないのか。 既に偽物を作る力も無いのか。

続きを読む