救世主は留学生? 2

救世主は留学生の第2回目です。 日本に住む外国人は年々増え続け、256万人余りと過去最高を更新しています。外国人が増えているのは東京や大阪などの大都市だけではありません。NHKが独自に分析してみると、北海道や九州といった地方の自治体で急激に外国人が増えていることが分かりました。 なぜ地方で? 聞こえてきたのは「救世主は留学生」という声でした。 私はテレビや新聞は基本的には見ませんので、この手の報道がどう言う状況でなされたのかはわかりません。 Web情報だけなのですが、非常に拙いと言うか、非常にクオリティーが低い報道だと思いますね。 まず、日本側の学校長が経営が苦しいから、9割がシナ人であると言うことですね。日本人は1割と言うことは報道されていました。 ですが、日本側にとって中国人留学生はありがたいものであるのですよ。救世主ですよ!感謝しないさいとでも言いたげな内容ですね。 このニュースの酷さを説明しましょう。 そもそも中国人留学生はありがたいのでしょうか? 全然ありがたいのではないと思いますね。学校法人側はそうかもしれませんが、結局、学校法人は日本人に受け入れられなかったので生徒の減少を招いてしまったと言うことですよね。 その補填としてシナ人留学生をと言うことですが、シナ人側に受け入れられているのかどうかが釈然としないのです。でも題名からいうと、何か日本の疲弊した地方都市のためにシナ人が骨を折って面倒を見てあげているのだよと言うような感じ…

続きを読む

救世主は留学生? 1

日本に住む外国人は年々増え続け、256万人余りと過去最高を更新しています。外国人が増えているのは東京や大阪などの大都市だけではありません。NHKが独自に分析してみると、北海道や九州といった地方の自治体で急激に外国人が増えていることが分かりました。 なぜ地方で? 聞こえてきたのは「救世主は留学生」という声でした。 ここは中国!?ある私立高校では 取材に訪れたのは、宮崎県えびの市にある私立高校の入学式。 いきなり記者は驚かされました。 校長先生のあいさつは中国語で、生徒たちは中国の国歌を歌うのです。 と言うことなんですけど、別に悪いことではないでしょうね。 中国国歌を歌うと言うのは少々理解に苦しみますがね。 でもシナ人が内地に留学に来ると言うのは昔から行われていることですね。そうですね百年は続いていますね。 清朝末期から1910年代前後の歴史を知らないからですね。と言うより内地では殆ど教えていないですね。 と言うことで、何のことやらわからないでしょうが、 これに関しては報道する側に問題ありと、とりあえず、言わせていただきます 続きます。 See you!

続きを読む