2019年今年一年を振り返って 5 新時代の到来と民意の反映 自分の頭で考えること

2019年今年1年を振り返っての第5回目です。 前回は新時代の到来に来ているという話をいたしました。今までのやり方が通用しない、世界でそういうものが垣間見られており、世界各国でうまくいかなかったり、とりあえずの成果を出しているところまで説明しました。 そこで、今回はこれからの新時代について話をしましょうと言いたいところですが、その前にしなければいけないことがあると思います。 国境を高くすることについては以下を申し上げますね。国境を高くすることでもある程度、政府によって自国の政治や経済がコントロールできるということがだんだん証明されるようになってくると、各国の為政者はその方針を進めていくことになるでしょうね。 結局、国連や国際機関の人間なんているのは選挙で選ばれた人ではありませんね。国際間のドロドロとした関係に対してうまく立ち回れる人たちの集まりだと私は思います。 でも、そんなことをやっても、本来各国にある根本的な問題の解消にはつながらないのですね。国際間の妥協の中で決まった方針が、各国の問題や課題の解消に直接的にはつながらないのです。 米国のクリントン政権やオバマ政権、民主党政権に代表されるような鳩山・菅・野田政権というようなお花畑の政権下でグローバリズムのような政策が推進されていきましたね。世界平和や国境はいらないというと一見、正しく見えますが、実際はどうしてもうまくいかない。結局儲かるのはシナ共産党の一部のファンドと米国の一部のファンドだけだったというのはだんだんと誰の目にもわかっ…

続きを読む

ITリテラシーはあなたを救う 3 確定申告 1

ITリテラシーはあなたを救うの 第3回目です。ITリテラシーの前に、余談ですが、これから、10年〜15年ぐらいに何が必要ですか?なんていうことを時々ですが、大学生の方から質問を受けます。就職も人手不足から、学生が有利な立場ではありますが、これからどういう世の中になっていくかも見据えて、学業や就職活動に生かしたいとのことです。結論から言ってしまうとあまり、代わり映えしないのですが、私はIT、会計、外国語だと思いますね。 ITに関してはこのシリーズでも申し上げていますので多くは触れませんが、結局のところ、働き方の見直しにつながると思っていますね。会計に関しては結局働き方を見直したけれど、どれだけ、効率化できたのか?どこが非効率なのかを分析する必要があるのですね。ですから、会計の概念が必要だと思っております。ビジネスにいちばん使える会計の本 新入社員から社長まで [ 安本隆晴 ] - 楽天ブックスそれと外国語ですね。外国語については今後申し上げましょう。 今回は、ITと会計が融合したテーマとして、確定申告を取り上げたいと思います。 か自分ですらすらできる確定申告の書き方平成31年3月15日締切分 [ 渡辺義則 ] - 楽天ブックス 税金の話。究極の金儲けは節税です。ITも会計も外国語もやるだけやった究極の姿が節税ということになります。ですので、端的に言って、世界でも有力な企業である、GAFAがありますけど、ある意味、こう言った企業はITと会計と外国語を駆使した節税企業ともいえるでしょう。 th…

続きを読む

2019香港 3

国際的な観光地で知られる香港の国際空港で欠航が相次いでいます。 原因はなんだ!とききたがる人がいるでしょうけれど、原因や理由は立場によって異なります。 色々あるでしょうが代表的な者として、大きくは以下があるでしょうか。一つは、香港国際空港側が示威運動が空港で座り込みを始めたので、業務に支障をきたしていますね。機体の離発着を止める。と言うことでしょう。でも、それは示威運動側としては、立場が異なります。示威運動をすると催涙弾、ゴム弾の攻撃を香港警察らしきものから受けるので、外国人の多い空港で抗議活動を行い、全世界に、香港政庁のシナへ犯罪者引き渡し政策への反対をPRすると言う目的がありますね。示威運動側の目的は空港の機能を止めることではない。 香港政庁側としてはどうでしょうか。香港政庁側としては香港人の示威運動そのものを認めないのです。ですから、示威運動によって、混乱させた報復として空港の機能そのものを停止して、示威運動の効果を無くすと言う狙いがあるものと思われます。香港政庁から香港国際空港側へ指示があったかどうかはわかりません。 いずれにしろ、一義的には香港国際空港がサービスを停止したと言えるでしょう。示威運動側の目的と空港機能がストップすると言う目的が異なりますね。 ですので、表面上は何かが混乱して、空港機能がストップしたと言うことにしか見えませんね。 では何がどう言う問題かと言うことを整理する必要がありますね。 デモ、でも長くなりそうなので今回はこのくらいにしますね。 …

続きを読む

2019香港 2

先日、モニターをアマゾンで購入したと申し上げましたね。そのおかげで、土日は香港の示威運動をライブ中継を見ながら、このブログを書くことができます。 別の画面で見ながら、安全な場所で、ゆっくりとのんびりとこの記事を書いています。示威運動側はレーザービームも使うようになっておりますね。 示威運動側も装備がアップグレードしてきましたね。組織化されつつありますね。長期化していますよね。長期化し終わりが見えないのですね。でも、大陸側もメンツがありますから、現在はハイテク化の攻防でしょうが、今後、人民解放軍を投入して、香港の示威運動側を鎮圧することになるでしょうね。 ですので、示威運動側としては、今後、人民解放軍と市街戦を戦うことになるでしょうから今は勉強中でしょうね。 とでも思っていますね。人民解放軍との市街戦の時にはスマホでのんびりと撮影するのは、難しくなるでしょうね。瀋陽領事館のハンミちゃんの時の撮影の必死さが必要になると思いますね。 でも、いずれにしろ、今後、どうなるかは全くわかりません。 ちなみに昨日のラーメン屋で私はラーメンを食べていましたが、隣は香港の親子3人水入らずでしたね。ゆっくり、1週間日本旅行をしているとのことでした。 でもこの示威運動をしている若者たちは、嫁すらもらえそうに無い、若い無名戦士なのでしょうね。 では See you!

続きを読む

2019年香港 1

そもそも、このブログができたきっかけは私が香港に行ったからです。また、一時期停滞して、復活したのも、香港の影響が強かったからですね。現在の香港の状況はどうなっているかは、推測の域を出ません。よって、語れないものは沈黙せざるを得ないのですね。 今回の件、つまり、大規模なデモが起こっているようですが、本質的なところを一言だけ言わせてもらいます。 香港はシナの一部です。香港人はシナ人です。 かつて、多くのシナ人がシナ人としてのある程度の領域を確保したい、と考えるようになりました。それが、中華民国ですね。清朝が滅亡しましたね。しかし、シナ人が広大な領域を支配する、統治する、その際は、強権的な統治が無いとシナ人はシナ人をコントロールできません。 一方、強権的な統治は困る人達もいます。それが、香港です。一種の出島なんですね。香港自体は、市民が香港を守ろうとしているところもありますが、忘れてはいけないことがあります。 それは統治する側からの出島の必要性なんですね。 今回の動きは、強権的な統治は勘弁してくれ!と多くの人達が主張しているように見えます。 出島の機能として、シナ人という強権統治地域から、一時的に避難できる地域が香港なんですね。昔は上海も出島の機能がありましたが、今は強権統治地域に飲み込まれてしまいました。 もともとシナの出島は広州にありました。それはともかく。出島にいる住民が困っているのですね。出島の好き勝手にやれる気ままが良い。ということですね。そういう、出島という背景をもう一度…

続きを読む

仮想通貨の話の前に   通貨の支払い不能

先週から仮想通貨の話でネット上では持ちきりですね。仮想通貨については貨幣・通貨とういう概念と暗号技術の概念が必要になると私は思っています。 その前に貨幣・通貨という概念について説明及び私の考えを申し上げたいと思います。 Coincheck hackers sent stolen NEM coins to Philippine ICO Plundered cryptocurrency also deposited in Czech, U.S. and NZ exchanges コインチェックという会社の仮想通貨が支払いが不能となってしまったことについてですね。 この英文の状態が本当ならば仮想通貨ゴッコ。ただのネズミ講と変わりませんね。 なぜ数百億円も無くなってしまったのでしょうね。 それはそれとして、内地の多くの人は貨幣の概念がない或いは殆どないと言っても良いのかもしれませんね。江戸時代から金銀の流出に苦しめられましたし、ニクソンショック以降も通貨制度に苦しめられています。 ようやくここ数年、現行の政権及び日銀総裁になって安心して見ていられる状況になって来たと私は思っています。 しかし、年末年始にかけて政府や色々な識者からあれでけ仮想通貨なるものは、警戒するように方針を出していたにも関わらず、この状態ですね。 どうしてこんなことになってしまったのでしょう。またどうして内地の人々は通貨に苦しめられるのでしょう。 現在の通貨日本銀行券です…

続きを読む