#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 2  #新型コロナウィルス 1st SARSからの帰還民より

【訳あり】N95マスク GIKO1400 25枚入 【領収書発行不可】【クレジット決済専用】【コンビニ払い、銀行振込決済はキャンセルます】N95/口罩/マスク - 橋本クロス どうやら水際の防衛ラインは破られたみたいですね。人の行き来を制限しなければ水際の防衛ラインは強固になりませんね。 どうやら、次の防衛ラインの話になってきた様相ですね。 感染症で一番怖いのは医療崩壊ですね。どの感染症も同じなのですが、病院に院内感染が蔓延して、医師や看護師を含めて医療体制のシステムが崩壊することですね。 例えばある地域でノロウィルスが広範囲に流行したとしますよね。その地域の病院は何時間待ってもノロウィルスの患者を見てくれなくなり、また、お医者さんや看護師さん自身もノロウィルスに感染してしまうということですね。 患者としてはフラフラの状態できますが、病院が相手にしてくれない場合病院の床でも寝るしかないのですね。ですから、シナの武漢病院では床や廊下に寝て点滴を打っている様な患者が多く映像として見られましたね。 病院が崩壊しているのですね。 こういう状態が続き、かつ長引けば長引くほど、いずれその地域の医療は崩壊しますね。ですから、すでに2nd SARSの蔓延が避けられないとすれば、対策としては次にやってはいけないのが病院崩壊なのですね。 全力で行わなければいけないところですね。 軽症の患者は病院に来させてはいけません。電話での相談で、自宅待機させなければいけません。 医者と看護師を守るとい…

続きを読む

#新型コロナウイルス シナ全土流行の兆し 3 全土に蔓延は間近? #武肺 #2ndSARS

新型コロナウィルスの記事の第3回目です。 一応、シナでは既に旧正月が明けたことになっておりましが、各企業は来週になって稼働を始める様ですね。 しかし、この新型コロナウィルスは収まるどころか、依然として流行が拡大していると思われますね。 シナ全土に影響力があるのは北京、上海、広州、深センだと思いますね。こちらは人口規模及び人の出入りについても国際都市として引けを取らないですね。こちらの年の一角の広州が封鎖されましたので、かなり深刻だと思いますね。 ここまで、全土に拡大してしまっていてはすでに私は第2次のSARSと思えて仕方がありません。 日本国内でもマスクや消毒液が不足しているとのことですので、お気をつけてください。 できる事は手洗い、うがいでしょうか。 まだ、言っている人は少ないと思われますが、敢えて、2nd SARSとでも呼んでおきましょう。 では お体に気をつけて See you!

続きを読む

#新型コロナウイルス シナ全土流行の兆し 2 シナの統計学 #武肺

先回にシナ全土での流行の兆しということを述べさせいていただきましたが、既に武漢市を中心とした湖北省だけではなく、既にシナ全土に拡大している模様ですね。 おかげで、日本も含めて、全世界的流行を蔓延の可能性が高まったということですね。もちろん、可能性が高くなったということで必ずしも全世界的流行になるとは限りません。あくまでも可能性が高くなったということです。ですが・・・。 今後の人類の課題はこの新しいコロナウイルスの拡散を防ぐことでしょうね。 以下AFPの報道をもとに一部修正しました。 ⭐️シナ 1日時点で259人が死亡、1万1791人の感染を確認。感染者の大部分が武漢市内とその周辺に集中している。死者のほとんどは武漢地域で確認されたが、北京など他地域でも複数の死者が確認されている。 <アジア太平洋地域> ■日本  これまでに14人の感染を確認。うち2人については、人から人への感染が確認されている。武漢からの観光客を乗せたバスの運転手とツアーガイドが、最近のシナへの渡航歴がなかったにもかかわらず感染した。 ■香港  これまでに13人の感染を確認。 ■マカオ  これまでに7人の感染を確認。 ■オーストラリア  これまでに10人の感染を確認。ほとんどが武漢または湖北省から訪れた人々。 ■カンボジア  これまでに1人の感染を確認。武漢から到着した60歳の男性。 ■インド  1月30日に1人の感染を確認。武漢大学(Wuhan University…

続きを読む

#新型コロナウイルス シナ全土流行の兆し 2003年のSARSの記憶から

写真は武漢三鎮の一つの駅漢口駅です。 3M(スリーエム) N95 使い捨て式 防じんマスク (オイルミスト対応・防臭タイプ) 8577 (10枚入)国家検定DL2合格品 防災 大気汚染 粉塵 - ツールオンラインMAT 武漢は既に交通の使用ができなくなりましたね。そして、1000万都市が封鎖されましたね。日本政府は武漢にいる邦人救出のためのチャーター機を準備中とのことです。 日本にいると徒歩で隣の街に行けば良いのではと思うでしょうが、シナは面積は広大なのです。隣の街に行くと言っても県を徒歩で端から端まで歩く距離になります。 また、都市と都市との間の農村は何にも無い。限りなく畑と水田が連なっております。電気もない様なところがほとんどです。ですので、都市が封鎖されるという事はとんでもないということなんですね。 2003年のSARS大流行の記憶から申し上げます。武漢以外に滞在中の日本人はすぐに帰国した方が良いと思います。武漢は既に封鎖されておりますので帰国は難しいでしょう。 できなければ、マスクを多めに準備しましょう。効き目があるのはサージカルマスクか粉塵用の高級マスクです。安いマスクはほとんど意味がありません。偽物もあるので注意しましょう。 次に食料と水を多めに準備しましょう。病院は大混乱になっているでしょうから、風邪程度の症状では相手にしてくれませんし、かえって危険です。 他の病気の時でもできるだけ病院に行かない方が良いでしょう。人混みは極力避けましょう。 武漢ではまだ商店…

続きを読む

#新型肺炎 のインパクト 2003年 #SARS の記憶から

2003年に猛威を奮ったのがSARSです。SARSとは、コロナウイルスに感染することで発症する「重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)」のことを指します。コロナウィルスとインフルエンザウィルスとは結構違うそうですね。詳しくはわかりませんが、皆さんで調べてください。 かつて、2003年3月頃から - シナ で新型肺炎SARSが大流行、死者700人超。最初は広東省で流行っていて、なんか得体の知れない病気が流行っているぞ、おかしいな?ということだったんです。そして、北京政府も適当に無視していたのですが、ついに北京でも流行しまして、フィンランドのお役人さんがシナで死亡しまして、北京政府も国際的には隠せなくなりまして、それから、大騒ぎになったんですね。当時は怪しい村は全部生き埋めなんていうデマもありましたね。私の記憶です。 そして、2020年の現在は別の?コロナウィルスの新型肺炎が流行し始めていますね。シナの武漢で流行が確認され、シナの国内各地や日本(患者はシナ人)でも確認されていますね。 だいぶシナでは当時と比べて衛生状態は良くなったとは言えますが、やはり、シナは人口が多く、人の流動が当時より増えております。今は人から人への感染は微妙ですが、いずれ、このコロナウィルスが、人から人への感染が確実にできるようになった場合には大変なことになるでしょうね。 SARSは飛沫感染もしたので、マスクが非常に入手困難になりましたね。パンデミックに…

続きを読む