2nd SARS後の世界 5  〜オンラインフィットネスの拡大もじわじわと〜

今回はフィットネスクラブの話をしましょう。2nd SARSの感染拡大期に感染拡大の場ともなったフィットネスクラブなんですけどね。 これは大変だということで、感染拡大防止の観点からは多くのフィットネスクラブが休業状態になりましたね。さらに追い討ちをかけるが如く、緊急事態宣言を受けて、外出自粛ということになりました。 外出自粛期間は運動不足になるのですね。ですから、運動したくなるのですが、当然外にでませんから、運動はなかなか難しいですね。無料動画配信でも運動系の動画はあるのですが、どうしても無料だと本気にならないし、3日坊主になりますね。 以前、私が申し上げましたとおり、お金を先に払ってしまわないとやろうとしないのは人間の愚かさなんですけど・・・・。いずれにしろ、自宅で人で運動しようと思っても長続きしませんね。 一方、外に出ることが感染する可能性が高い上に、フィットネスクラブ自体はマシーンなんていいうものはいろんな人が触って、いますし、当然汗をかくので、顔を拭ったりしますよね。また、スタジオでのレッスンなんていうのは密閉した空間にインストラクターが大声を上げるということになりますので当然感染のリスクが高くなりますよね。 潜在的な需要はあるのだけれども、元々のフィットネスクラブのビジネスモデルでは立ち行かないのです。 ではどうするのでしょうかということで、気になっていたのですが、私自身も運動不足という懸念を抱えていたままでした。 ちなみに私自身も以前フィットネスクラブの会員になっていた…

続きを読む

2nd SARS後の世界 4−2 リアルを求めてしまうと望ましくない結果を生む

再度、2nd SARSが蔓延し始めましたね。現状認識としてはリアルな世界つまり、元の世界を求めしてしまうと、どうなってしまうかをまざまざと見せつけることになるでしょう。ここからは反面教材との対峙する時間が過ぎていくと思います。 昔習った歴史を思い出してください。 江戸時代が終わり、明治時代になりました。刀やちょんまげが全くステイタスにならなくても、かつて、刀やちょんまげをしてた人はその世界にすがりつくものですね。でもやっぱりしっぺ返しを喰らうのですね。それが、西南戦争を最後とした武士の叛乱でしたね。でも、今まで見下していた農民の軍隊にあっけなく負けてしまうのですね。 それ以来、明治新政府に対しては武力で、つまり、刀やちょんまげで逆らうものはいなくなりましたね。 今はGoToキャンペーンをやっている場合ではないのですね。これこそ、佐賀の乱や西南戦争と同じですね。後になって、無駄な抵抗であったと思われるのでしょうか。 望ましくない状態が続きますね。 望ましいということは自分の今まで経験していた中での可能性が実現できることなんですね。望ましくないということは自分の今まで経験してたことが通用しない状態になることにですね。 2nd SARSではどうなったのでしょうか。今までの生活通りに過ごしていくと、今までは病気にならなかった。 朝起きて職場に向かい、仕事をして、帰り際に仲間と食事をしたり、お酒を飲んだりして、家に帰宅する。今まではこれをすることで、人生が過ごせていたのですね。これは自分…

続きを読む

2nd SARS後の世界 4-1 Web会議システム〜リアルに近い世界での交流〜

東京の新規感染者数は1日で200名を突破していますね。やはり、残念ながら、元の生活に戻すと2020年の4月の状態が再現することが見えてきてしまいました。ですから、元の生活に戻るとはとても思えないという可能性が更に高くなってきてしまいましたね。 もちろん、ワクチンや特効薬が開発、普及すれば元の生活に戻せるという希望は少しだけ残っていますが、それはもう少々時間がかかるでしょう。 その間に世界はどんどん変わっていってしまって、元に戻らなくなる可能性が高くなっていくのですね。 ですから、この世界は可能性が低い方には流れていかずに、可能性が高い方に流れていくでしょう。可能性が高い方に変化をしていくことを考えたいと思います。 もう元の世界には戻らないと仮定しましょうね。言うならば不可逆的なんですね。 前回はリアルな世界が失われていくと申し上げましたね。リアルな世界は感染のリスクが高いのですね。ですが、ここからは色々な未来が描けると思うんですよね。ですから、想像上のことでも良いので気軽に色々なことができるでしょうね。当然作り話でOKなんですから、申し上げたいことをどんどん申し上げれば良いと思っています。 では行きますね。 今のところは、感染のリスクを抑えるために私が最も注目している手段はWeb会議システムです。私自身、色々Web会議をやりながら思ったんですけど、ライブ動画とのちのストリーミング配信が圧倒的に武器になるとは思います。 それは、文字情報や静止画よりは圧倒的にリアル感があったんです…

続きを読む

2nd SARS後の世界 3 リアルが失われた世界の縁に立っている

2nd SARS後の世界の第3回目です。先回はリアルな世界が力を失っていくことについて申し上げました。これからの世界はリアルな世界を取り戻そうとするのだけれども今後どうなっていくかを予想します。 リアルな世界では人は生まれて、少年少女から大人になっていくにつれて、人と人との繋がりの中で社会性というのを身につけていきますね。 赤ちゃんを見ると、いろいろ触って、色々、口にくわえて、体全体でそれを感じて、学んでいきますよね。子供から大人になる時も、集団生活で同じ様に人と人が表情や声と言った五感に訴える形でも社会性を獲得していきます。 ここで言う、リアルと言うのは五感を動員して感じる世界のことです。リアルでない世界は五感が動員できない世界を言います。一方、今の世界は、聴覚と視覚のみでかつ、それが電子デバイスを通じてしか、感じられない状況ですね。 と言うことは今後の世界は、嗅覚、触覚や味覚と言うものが直接発揮できないと言うことになりますね。もちろん、家の中、家族同士では分かりますが、家族以外の人と人では分かり合えないと言うことになりますね。 前置きが長くなりました。それでも、やはりリアルを失った後はどうなるか?と言うことで話を進めますね。これを考えるヒントとしては今我がどこに立っているのか認識することだと思っております。 今まで、リアルの世界にいたときに知っている人についてはリアルが失われた世界でも、リアルな時代でのストーリーが残っているので、大きな変化が無い可能性がありますね。初対面の…

続きを読む

2nd SARS後の世界 2 リアルそのものが力を失う世界 リアルに近いものは何か?

2nd SARS後の世界の第2回目です。 人に会えないのだけれども、人に会っている様な状態になっていないといけないのですね。それにはITの力を借りなければいけないということを以前申し上げましたね。 一つがWeb会議システムを使いこなすことが大事だということも申し上げましたね。バーチャルなんですけれど、よりリアルな世界に近づいた状態で人と接した様な状態を作り出すことが今後は重要になってくると考えます。 今回はリアルそのものが力を失う世界 リアルに近いものは何か?なることについて申し上げたいと思います。 2nd SARS前の世界でしたら、さほどバーチャルだけれどリアルな世界は求められませんした。リアルが圧倒的に力を持っていた世界でしたので人と人の交流の中ではリアルで良いのです。そこそこの交流に関しては、文字情報なんていうのでも、十分であると考えておりました。動画の世界は一部のYOUTUBERといった人々のものだと考えていたのですね。 しかし、2nd SARS後の世界ではリアルという現実がほとんどなくなってしまいましたね。 家にいる家族でしたら、特に問題はないでしょう。家にいればマスクもビニールカーテンも必要ありませんね。 外に出て会話をする時にはマスクやビニール越しにしかには人と接触することができなくなりましたね。レストランでも席が向かい合わない様に座ること、なんてなってきていますよね。 抗菌 透明シャワーカーテン 120×150【日本製】防水 透明カーテン 透明シート 透明ビ…

続きを読む

2nd SARS 終息後の方が厄介ですかね

ようやく、緊急事態宣言も解除になりましたが、厄介なことがありますね。世の中が、社会が変わってしまっているんですね。もちろん、社会の構成員は人間ですから、人間が変わったのと同義ですね。日本人が変わってしまいました。世界の多くの人々も変わってしまいました。 ですから、既についていけなかった人は相当頑張らないと、新しい社会についていかれなくなるでしょう。第2波、第3波の備もしながらですけどね。 布団の中でブルブル震えていて、布団の中に潜り込む前の世界がまだあると思って、外に出てみたら、あら不思議、風景が変わってしまったと言うことでしょう。開けてびっくり玉手箱の浦島太郎ですね。 例えば、経済的に困窮し出した時に、動く界隈の人々がいますね。 今その動きを見ています。その動きにごまかされない様にしましょうね。実はその動きで、世の中の変容をごまかしたい人もいるのではと勘繰りたくもなりますがね。リーマンショックから10年(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.386)成長率鈍化 格差拡大 投資銀行の収益低下 世界に遺した爪跡【電子書籍】[ 竹田幸平 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア リーマン・ショックの経験があるので、相当、日本国民も学習してきたなとは思います。総理大臣に漢字テストをして、国民の憎悪を煽っていましたね。 大衆扇動にまんまとはめられない事ですね。 自分たちにできることはIT化を進めることです。そして粛々と古いもの、古い媒体である、テレビや新聞などを無くして行く事ですね。古いもの…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 11 歴史的位置づけは?  様子見です

緊急事態宣言が延長されましたね。 世界は元には戻らないという声もちらほら聞こえましたね。ということは、今、マスク小さいとか賃料が払えないとか売り上げが減ったとか言って、文句を言っている人は残らず、無駄なことをしていると思えますね。 日本が色々転機になったことは歴史でも勉強していますし、自分たちの経験でもありますよね。 例えば歴史で習ったりした近現代史も含めて以下の出来事がありますよね。 1868 明治維新1894 日清戦争1904 日露戦争1914 第一次世界大戦1931 満州事変1941 第二次世界大戦1950年代から        高度成長1979 オイルショック1991 バブル景気とその崩壊2008 リーマンショック2011 東日本大震災そして 2020 2nd SARSですよね いずれにしろ、これらの前と後では社会のあり方だけではなく、人々の行動や仕草に至るまでありとあらゆるものが変わってしまっていると思いますね。でもその当時のことで見ると毎日社会や人々は変容しているのでしょうが、毎日見ているのであまり、変わりませんね。 東京にそれまで住んでいて、東京を離れて数年無人島で暮らしていて、また東京に戻ってくると全く違った風景なんでしょうね。 まずは、人と人との距離が開く様になっているでしょうね。あとはどうなって、どうなってか・・・・。と思いたいのですが、私もどの様になるかを考えてはいますが、見通しができません。 今は様子見ですね。 鍵は2nd SARSの第2波、第3波がど…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 10 ちょっと失敗

緊急事態宣言下の社会も既に10回目ですね。 ちょっと失敗した話をしましょう。 緊急事態宣言下当然家にいる時間が長くなりますから、今までやりたくても出来なかったことをしようと思いました。 本当は10年ぐらい前にやっておくべだったんですけど、家の棚を整理していまして、VHSテープが出てきたんですね。数年前に、ハンディカムでとった録画はなんとかIEEE1394があったのでデジタル化したんですけど、また、VHSのテープはデジタル化してなかったんですね。 VHSのデッキもここ10年以上一度も動かしていなかったんですけど、何とか動いていたので、思い切って、以下の製品をポチりまして、買ったんですね。 バッファロー BUFFALO PC-SDVD/U2G2 [ソフトウェアエンコード対応 USB2.0用 ビデオキャプチャー]です ビデオキャプチャと言って、アナログ画像をデジタル化してくれるものなんですけど、ちゃんとWin10のソフトで動くのですね。 購入しました。ビデオキャプチャが私の手に届きました。VHSのデッキ(写真とは違いますが・・・)を動かしましたね。30年前に購入したものですが、動きましたね。リモコンの電池が液漏れ寸前でしたが、本体から動かせば大丈夫でした。さて、ビデオキャプチャのソフトをインストールして、VHSのカセットを挿入しましたところ、うまく行きました。20年前の画像がデジタルデータになりました。 やはり、アナログのデータだった時代と今では時間の感覚が違いますねということが…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 9 憎悪の向く矛先 

写真はSis. Angerを披露するBABYMETAL 緊急事態宣言下で、人が行列をなしているところがありますね。それはスーパー、コンビニや薬局が代表的なところとして挙げられますね。たくさんの店が自粛で営業をやめている状況下、これらの販売店は閉めようという人はいませんね。人々が生きていく最低限度の食事や医薬品が途絶えてしまうからなんですね。 先日、薬局の人と話をする機会がありました。スーパーや薬局は非常に景気が良いらしいねぇ。と申し上げました。ですが、大変なことがあるらしいですね。 現場の店員さんが非常に消耗しているとのことですね。特にあげられるのがマスクと消毒薬ですね。その渦中にトイレットペーパーもありましたけど・・・それは置いておきます。 マスクがだいぶ市場に出回るようになってきたみたいですけど、まだ、足りないところでは足りないですね。ですので、マスク販売で有名なところですと、薬局ですよね。ついでに消毒薬も買いましょうということになりますね。 ところがどっこい、マスクも消毒薬もおいてないではないですか。 当初は棚に欠品中の表示がありましたが、店員さんに質問が繰り返されるということなんですね。店員さんとしては呼び止められて、「マスクはありますか」と聴かれます。店員さんは「すみません。マスクは置いてないんですよ」 ただでさえ店員さんは忙しいのにこのやりとりだけでも大変だそうですね。 これだけでも忙しいのに「なぜ!おいてないのだ!」ですとか、どうでも良いこと。日頃の鬱憤を…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 8 ビジネスチャンス 生き残る先生?生き残る生徒?

緊急事態宣言下の社会 6の続きになります。 先回では、今後、教育の現場でオンライン授業が進んでいくと、講義形式の先生は一部の先生が勝利し、ほとんどの先生は淘汰されるであろうということを予想しましたね。 では生徒は講義形式の授業で学力が向上するのでしょうかね。 一部は向上するでしょうが、大部分はそうでは無いでしょうね。講義形式の授業というのはどう見ても講師側の都合でしょうね。 講師側からすれば、多くの生徒を集めて授業料をいただければいただけるほど、効率が良いですからね。 生徒の習熟度というのは千差万別だと思いますね。習熟度が上位の生徒は自分で勉強できる人材も多くそもそも講義形式が退屈になる生徒さんもいるでしょうね。でもそういう生徒さんは教科書や参考書を与えておけば勝手に勉強しますね。だから大きな心配ないと思います。 一方、習熟度が下位の生徒はそもそも講義形式の授業ではついていかれないでしょうね。質問したくても、オンラインでは中々質問するのが難しいですね。場の雰囲気が分かりにくいですからね。日本人はこういうところを気にしますからね。わからないまま、話が進んでしまって、どんどんついていけなくなるでしょう。ですから、講義形式の教育方法では下位の生徒には向いていないと思いますね。 でもよく考えたら、教育って、下位の生徒の学力向上に価値があるのですよね。上位の生徒は勝手に勉強して行きますからね。 下位の生徒の学力向上されることができれば、世の中にとっては非常に価値があることになりますからね…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 6 ビジネスチャンス 〜勉強しない若者たちと先生たち〜

緊急事態宣言が5月6日までということなんですけどどうやら、感染者が減らないので、延長されそうですね。そうなると、東京や大阪の学校は3月からずーっと休みですね。 愛知県では早々に5月末まで休みなんですってね。ホワイトボード (マグネットボード) 木枠付 450x600 ナチュラル木目/こげ茶木目 オンライン授業にも最適 - 岐阜の木工屋3月、4月、5月と勉強しなくても良いというわけではありませんが、オンライン授業を準備しなくては行けませんね。 オンラインできる環境をととのえましょうよ。と思いますけど。教える側の先生方がその準備ができていませんね。もちろん、先生方だけではなく生徒側もできていませんから、難しいのですけど。 会社のようなテレワークでしたら、企業秘密の漏洩の心配がありますから、スマホよりもPCの方が良いでしょうけれども、小中高生の授業自体が隠すことがないのですね。結構スマホで済ませたら良いのにと思わないでもないんんですけど。まぁそれはともかく、もっと大事な話をしますとね。 実はこの波、意外に先生の側からは大変な大きな波だと思います。オンラインでできる先生がいるのでしょうけど、できない先生が用済みになってしまことが、明確になってしまうからになってしまうと思います。 例えば同じ英語の先生でも、うまくITを使いこなせて授業を円滑に運ぶことができるとしますよね。でもそういう先生というのは、極端なことを言えば、日本に1名いれば良いのですよね。後で、ビデオで見ても良いのですよね。 まる…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 5 ずっと自宅にいるのならば、やめてもOK?

自宅にいなくては行けなくなりましたね。収入が減った方もいらっしゃるでしょう。10万円が支給されそうだから、と、ワクワクしている方もいるでしょうけど大事なことをお忘れではないでしょうか? ・通勤、通学定期券の解約・スポーツジムの解約・携帯電話の解約 家から出ないので携帯は必要か?固定電話がなければ仕方がないですけど。・塾とか教室等の習い事の月謝 退会 解約 いずれにしろ、定期的に引き落とされているのは見直しをして、解約して家計を浮かせた方が良いのではないでしょうか? でもこれをみんなで進めたら、合成の誤謬ということで、どんどん景気が悪くなりそうですどね。 とは言え、〜テレワーク編〜で申し上げました通り、IT環境投資も必要ですからね。節約するところは節約して投資をしましょうね。 では See you!

続きを読む

緊急事態宣言下の社会3 早期終息は難しいでしょうね。戦いは始まったばかりですね。

国民の生命と財産を守るが国家だと思いますね。家族のメンバーの生命と財産を守るのが家族だと思いますね。 では、生命と財産と比べた場合どちらが重要なのでしょうかね。というのは、東京都の都知事さんが言っていますよね。 都市封鎖をしようにも夜の店で飲み歩いている人が感染を広めているらしいのですね。でも、夜の店を閉めれば良いのではということなんですけれど、店側も収入が断たれてしまうと、とうぜん、家賃も払わなくてはいけませんし、従業員にも給料を払わなければいけないのですね。 この防衛ラインになってきました。人類には現在この2ndSARSウィルスに対してはワクチンと特効薬がないものですから、今は人類は押されっぱなしなんですね。アビガンなんていうのが効くらしいということは耳にし始めましたけど、ワクチンは難しいですね。何せ今回の2ndSARSウィルスの恐ろしさなんですね。 ウィルスの特徴がわかればどういう未来になっていくかわかりますね。ではウィルスの特徴からどうなっていくのでしょうかね。 私は医療関係者でも感染症の専門家でもないけど、高校の生物の知識くらいはわかります。DNAとRNAの違いくらいは当然の様にわかりますよ。1stSARSでシナの被害をこの目で見てきました、その経験から、予想しますね。 2ndSARSですけどやはり基本的にはSARSウィルスと親戚なんでそうですね。コロナウィルスなんですね。ですけど、1stSARSの方は何がすごかったのかと言えば、致死率が凄まじかったのですね。10%という…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 2  やっぱり新たなビジネスチャンスにしか見えなくないですか?

2ndSARSは緊急事態宣言の段階に来ましたね。娯楽とスポーツはほとんど壊滅状態ですね。 生きるか死ぬか、財産を失うか失わないかというところに来ているんですね。そういうところで、娯楽やスポーツは残念ながら2の次になってしまうのですね。 体験を届けることが今後の娯楽やスポーツの課題なんていうことが声高らかに言われてました時もありましたが・・・・。 体験を利用者に届けるにはバーチャルよりも、リアルですね。リアルに叶うものはありませんけど、大相撲や競馬など無観客試合でやっていますけどね。どこまでリアルとしてできるでしょうかね。 格闘技などの対人競技はほぼ不可能になりますね。 ダンス教室もそうですね。 でも、リアルばかり追求して見えなくなってしまったのが感染症ということですね。 感染症は目には見えませんよね。 今回の2ndSARSがこれだけ蔓延してしまったのは人間側の落ち度がありますよね。それは正常性バイアスというものと目に見えないものは一部の人々は信じてもらえない、ということなんですね。 目に見えないのだから、安心して良いのだということで全世界の人々のほとんどが行動してしまいましたね。体験が欲しいのでしょうね。でも体験なんて自分から求めないとえられないものですね。 ようやく自分に身近な人たちが感染し重症化すると自覚するのですね。知識から行動を変えることができると良いのですが、中々そうは行かないんですね。 ということは多くの人が自覚しないうちに新たなビジネスを始めるチャンスだとも…

続きを読む

緊急事態宣言下の社会 1  武漢肺炎でのビジネスチャンス 〜テレワーク関連〜

4月になりましたね。令和2年4月7日に緊急事態宣言が安倍首相より出されました。 令和2年4月7日から5月6日までの1か月間とし、実施すべき区域は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、及び福岡県の7都府県とします。改正新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第1項の規定に基づき、緊急事態宣言を発出いたします。 細かいことは以下をご覧くださいね。 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000620039.pdf 色々書いてあるのですが、私が注目したのは以下の内容と思います。 特定都道府県は、法第 24 条第 9 項及び法第 45 条第2項に基づき、感 染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)開催の制限の要請 等を行う。これに関連し、国及び地方公共団体間で緊密に情報共有や連 携を行うものとする。これらの場合における要請等に当たっては、第1 段階として法第 24 条第9項による協力の要請を行うこととし、それに 正当な理由がないにもかかわらず応じない場合に、第2段階として法第 45 条第2項に基づく要請、次いで同条第3項に基づく指示を行い、これ らの要請及び指示の公表を行うものとする。 要するに言うこと聞いてもらいます。聞いてもらえない場合は内容を公表しますよといことですね。あなたところ、イベントをやめなさい。店を閉めなさい。ということが公表できるということですね。 沢山ありますので、皆さんも解析してみてください。だんだんこの…

続きを読む

2ndSARS #武漢肺炎 都市封鎖について 1 #都市封鎖 が与える打撃

都市封鎖は何とか避けたかったのです。 しかし、今回の2ndSARSウィルスはそれを許してくれませんでしたね。 ウィルスというのは人間の体を利用して移動しますね。人間が移動することによって、ウィルスは移動します。そして別の人間に感染しますね。ですから、ウィルスを移動させないことは人間が移動しないことです。 ワクチン(予防接種)や特効薬がない時点でのウィルス感染症との戦いは現時点では、人間の移動を制限するということしかありません。ですのでシナの武漢と湖北省では2ヶ月以上の都市封鎖を実施しましたね。 結局、武漢化になってしまい、医療崩壊が起きてしまうと人類の対応手段は都市封鎖しかなくなるのですね。 ですが、都市封鎖というのは人間の心や経済活動に非常に打撃を与えます。 非常事態宣言が出されて、人の移動が制限できるようになったとするとどうなるでしょうかね。 外出が禁止されますが人は家を出ようとしますね。でも外出してもらっては困りますから、警察が取締ることになりますね。あなたはどうしても、外出したくて家を出てみたと仮定してみてください。あなたは、渋谷区のワンルームマンションに住んでいると仮定しましょう。 渋谷のスクランブル交差点に歩いてきました。でも誰も歩いていません、薬局しか空いておりません。他の店は全て閉まっています。途方に暮れていると後ろから声をかけてくる人がいます。そうですね警察です。あなたは警察から家に帰るように告げられます。しかし、あなたは反抗しますね。 私はワンルームマンシ…

続きを読む

2ndSARS #武漢肺炎 都市封鎖について 2 自粛をしている方々を讃えよ!

東京オリンピック・パラリンピックが延期になりましたよね。 東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンも自粛で休園しております。 大相撲も中央競馬も無観客試合。春の甲子園も中止。 ダイヤモンド・プリンセスの下船者を受け入れたホテル三日月も立派ですよね。 当然、BABYMETALもツアーを控えていますよね。 私が良く試聴するYOUTUBERのスーツ氏も外出を遂に自粛しますね。 家に引きこもっているのがあなたの祖国と家族を救うのですね。でも家に引きこもっていると、その間に心がだんだん荒んできますから気をつけてください。来るべく新時代に向けて、新たなビジネスをするべく力を蓄えることが一番だと思いますね。 安倍首相が非常事態宣言を出すか出さないかという議論になっていますけれど、結局は自粛があなたの祖国と家族を救うのですね。とても名誉のあることなんですね。 娯楽産業や観客が必要な人々が、休業の補償を求める人がいますけれども、それはあなたの妄想でしかないのですね。 この状態であなたが観客な必要なショーや試合を実施したとしましょうね、 でも、こんな時に人を集めること自体が、自分たちの祖国や家族を傷をつける行為なんですね。 そもそも、娯楽や観客が必要な産業に従事する人々はその覚悟が必要ですね。それは、東日本大震災で痛いほどわかっていたはずなんでしょうけれども、やはり、人間というのは忘れやすいのですね。 娯楽や観客が必要な産業の人々が自粛をすることによって、我々は救われている。も…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 9 油断した都市は封鎖をしなくてはいけないのでしょうか?

2ndSARSウィルスに対してはまだ、特効薬もワクチンもありません。現在は人類はこのウィルスに対しては人間の移動を止める以外に対応する術がありません。ですから、本当に危機的になった場合は都市封鎖を行わなければいけません。 すでに全土を封鎖している国もありますが、都市封鎖を行う国は欧米の多くの国で実施されています。 封鎖をしなければ防げないとするのならば、どこの世界も、都市封鎖を行わなければいけなくなりますね。武漢封鎖はそろそろお終いのような報道もありましたよね。 【北京時事】中国湖北省政府は24日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、1月23日から実施していた同省武漢市の封鎖措置を4月8日に解除すると発表した。武漢市以外の都市は3月25日に封鎖解除を実施。武漢市は最初に感染が広がったが、封鎖から2カ月を経て沈静化に一定のめどが付いたと判断したもようだ。 武漢は2ヶ月半年封鎖をしているのですね。 実質武漢市は2ヶ月半家から外出できない状態に置かれましたね。もちろん、食料や病院に行く時だけ外出は可能ですけどね。 2ヶ月半人間が自宅にいないといけないということはかなり厳しいですね。私自身、1stSARSで2週間ホテル隔離になりましたが、精神的には相当追い詰められますね。 それが、2ヶ月半自宅待機になるということは精神的にはほとんど持たないと考えられますね。もちろん、経済的にも相当厳しいですけれども・・・。シナの様な独裁政権であればある程度、可能とは思えますが、民主主義の場合は政権…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 8 油断による第2防衛ラインに隙  人類への貢献

2ndSARS武漢肺炎の世界的蔓延を受けて、3月24日 安倍首相とIOCバッハ会長との会談を通じて、東京オリンピックの開催が事実上延期されることとなりました。 また、東京都では重大局面として3月38日と29日は外出の自粛要請ということになりました。続いて、各府県でも外出自粛要請となっております。 日本国内でも欧米と比較してスピードは遅いものの、感染者数は拡大し続けている状況になっております。 本日3月38日安倍首相緊急事態宣言は回避されているものの、余談を許さない状況であるとの見解を示しました。 さて、現在は第2防衛ラインの一進一退の攻防が続いております。すでに、第1防衛ラインを突破した2ndSARSウィルスが、医療崩壊をさせるべく、第2防衛ラインに攻撃を仕掛けているのがわかります。 防衛するには外出を控え、拡大を防ぐことなんですけど、東京ではいくつかの病院で院内感染が起きている状況で一進一退の攻防がまさに行われている状態になっております。 3月に入って、欧米各国ではパンデミックの状態になっているのにもかかわらず、日本はよく抑え込んでいるということから、人々は多少油断してしまって、多少小規模なイベントや飲み会をしてしまったのでしょうね。 無理もありませんが、ワクチン、特効薬ができるまでは、人類ができることは罹らないようにすることそして、第2防衛ラインを堅持することしかありませんね。そして時間を稼いでいるうちに、ワクチン、特効薬を作り出すことなんですけどね。 医学に直接貢献できない人…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 7 欧州の状況で初めて驚いた人に驚き  #新型コロナウィルス #武漢肺炎

イタリアのコンテ首相より。 4月3日まですべての非重要な生産活動を閉鎖します。薬局と食品は開放されたままです。これは戦後以来最も難しい課題です。不可欠と考えられる活動のリストには、とりわけ農業、漁業、食品および飲料産業が含まれます。 とのことですね。イタリアだけではなく、欧州の主要国フランス、ドイツ、スペイン、イギリスも同様な状態になりつつあるそうです。ネットを見ていましたが、日本はなんとか第2防衛ライン(1)を堅持する形で一進一退ですね。そんな状況も分からない人々の中にも、ようやく欧州の状況を見て、大騒ぎする人がいますね。 今更ながら呆れますが、まぁ、今までの武漢や南朝鮮の状況が飲み込めないから、安倍総理の談話や厚生労働省の呼びかけにも反応せず、取り敢えず正常性バイアス(2)が働いてしまった結果だと思われるのですけどね。欧州の人も、武漢、南朝鮮、ダイヤモンドプリンセス号の状況を見てひと事だと思ってしまった人たちなんでしょうね。こいつらアジア人は特殊なんだよね。だから俺たちは大丈夫と勝手に思ってしまったんでしょうね、東日本大震災の時にも大津波警報にもかかわらず、高台に逃げずに家に止まった沿岸の人々ですね。 もちろん、全員が命を落とすということではありませんけれども、やはりある一定の確率で命を落とすことになりますね。東日本大震災の経験をして、そういったことには敏感だったはずの日本人でさえ、まだ同じような過ちを犯すことが不思議ですね。 もちろん、比較的被害の少なかった、北海道や西日本…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 6 早期発見のお馬鹿さん  #新型コロナウィルス #武漢肺炎

あまり、こんな時期に、馬鹿にしたくはないのですね。多少不愉快なのがネットに落ちているのを見つけました。日本は第2防衛ラインをなんとが堅持しているところなんですが、ネットにこんな馬鹿げたものが落ちていましたね。 テストしないから、ウイルスがないのだ。本当は日本は蔓延している。日本は嘘つき。という願望ですね。事実は全く逆ですがね。日本を貶めようとしているのでしょうね。だいぶ労力がかかっておりますが・・・。書いた作者は相当暇ですね。 日本が感染者、死亡者を抑え込んでいる欧米社会が驚嘆の眼差しですね。信じられないのでしょう。テストを無理にしない作戦が奏功していることが驚きなんですね。やっている方は狙ってやっているし、国民の側もそれが理解できるのですね。日本人の大抵の人は理解できるが、それが、理解できないのですね。 第2防衛ラインの堅持に奏功している国はほとんどありませんね。うまくいっているのは大体、第1防衛ラインを堅固にすることですね。第1防衛ラインが崩れると大抵の国は第2防衛ラインが崩れるというのがわかってきましたね。欧州各国はどちらも、非常に脆弱でしたね。 日本の抑え込みの要因は、第1防衛ラインと第2防衛ラインの構造を理解し、貴重な医療資源を温存しつつ、うまく取り組んだ事でしょう。私も事前に申し上げましたが、日本政府も医療界も頑張りましたね。もうひと頑張りだと思います。 治療法がない病気の場合は、早期発見しても、早期治療ができないため、役に立たない。だから、早期発見に貴重な医…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 5 パニック売買  #新型コロナウィルス #武漢肺炎

日本では北海道と大阪が心配でしたが、北海道は非常事態宣言は解除されましたが、現在は兵庫県と大阪府が心配ですね。 武漢肺炎の世の中になり、ついに、WHOもパンデミック宣言をしましたが、世の中がどんどん変わっていくのが見えますね。特に、当初は影響がみられないと思えました、金融市場特に株式市場や為替市場ではすごい状況になっていますね。 乱高下を繰り返していますね。 これは多分、投げ売りをする人もいるでしょうし、莫大な空売りをする人もいるでしょうね。莫大な空売りをすると莫大に買い戻しをしなくてはいけませんね。ですから、乱高下はするでしょうね。 でも、総じて、売りがまさっているので、ここまで下げていると言えますね。 いわゆるパニック売りですね。 でも、パニック売りをしている人はなんでしょうね。結局、スーパー・マーケットやドラッグ・ストアでパニック買いをしているのですね。 パニックの売り、パニックの買い 悲喜交交(ヒキコモゴモ)ですね。 リーマンショックの時も凄かったですが、値動きをみていると人間の愚かさに気がつきますね。もちろん、スーパー・マーケットの爆買いでもそうですけどね。 パニックは狼狽ということですけどあたふたしたさまが目に浮かびますね。リーマンの時もそうでしたね。パンデミックが終息すれば、基本的には元に戻るだけだと思いますけどね。 いずれにしろ、株の世界は未来のことは保証できませんけど・・・。 どうせ、時間があるのですから、自宅や空気のきれいなところ、山や海で、じっく…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 4 連休でもじっとしていてね。でも通風は忘れずに #新型コロナウィルス #武漢…

大事なことを思い出しました。 1st SARSが終息しかかって行った時のことですね。終息したと思われましたが、また、少し感染者が出るのですね。 人々は予防に疲れてしまいまいますから、どうしても、多くの人と話したい。外に出ていろいろな人と会って話をしたいとなりますね。ですが、やはり、少し感染者が出てしまいます。 中々終息しないのですね。 でも、決定的だったと思われるのが通風ですね。窓を全開にして外気を入れることだったと私は思っています。そうすれば、多少、感染者からウィルスが放出されていても、ウィルスは大気中に拡散してしまえば、感染の可能性はほとんどなくなります。 密閉空間に長時間いると良くないですね。特に古いビルで、中央での空調制御をしているビルでは、ウィルスがどんどん拡散してしまうビルもあるのですね。昔は薪ストーブや石油ストーブなどは直接、火をたいていましたから、換気をしないと、ウィルスよりも怖い、窒息という恐怖があったのですね。 ですから、換気することは必須でしたね。 現在は酸素を減らさない空調が発達しているので、換気をあまりしなくなりましたね。ですから、狭い室内に長時間いると、感染症が広まってしまいますね。 狭い部屋にいるときも換気をしましょう。 どうしても交通機関を乗る時はバスや電車で窓を開けよう!ですね。 なんとか、頑張りましょう、生き延びましょう。 では See  you!

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 3 第2防衛ライン堅持と武漢肺炎後の世界 #新型コロナウィルス #武漢肺炎

#2ndSARS 感染症対策の社会 の第3回目ですね。先日紹介しましたね。ウィルスとの戦いなんですね。現在は治療法がないのですから、防衛ラインを堅持することが大事ですね。第1の防衛ラインを突破されて、今後は第2防衛ラインの攻防になっておりますが、何とか日本は、第2防衛ラインの攻防戦で耐えている状態ですね。 一方で、韓国やイタリアは第2防衛ラインが崩壊し始めていますね。第2防衛ライン突破されてしまうと、武漢化が進んでしまいます。 日本は第2防衛ラインでなんとか耐えていますね。そこで時間を稼いでいる間に第1防衛ラインの強化をしましたね。 どういうことかと言いますと。第1防衛ラインはいわゆる水際対策ですね。 本来ならば感染症にかかっている疑いのある地域の人間を一律に入国させないことが重要だったんですが、すでに第1防衛ラインは突破されてしまいました。シナ人を入国させないことだったんですが、これはまだ、広まっていないので未然防止の強行策は取れなかったというべきでしょう。第2防衛ラインは医療崩壊をさせないということですね。医者と看護師を守ることです。現時点でなんとか第2防衛ラインで踏みとどまっていますが、陽性者が急増している北海道と大阪はギリギリですね。なんとか耐えてほしいですね。 第2防衛ラインでなんとか耐えている状態ですね。ここで時間を稼いでいるうちに第1防衛ライン、シナ人と韓国人の入国を実質禁止しましたね。これは良いことだと思います。 でも、現在は欧州その他の地域にも感染源が拡散してしま…

続きを読む

#2ndSARS 感染症対策の社会 2 武漢肺炎後の社会 #新型コロナウィルス #武漢肺炎

感染症対策の社会の第2回目ですね。 前回は娯楽産業は感染症に弱いと言うことを申し上げましたよね。ですけれども、世の中楽しいことばかりではないのですね。 こういった辛い時期もあると言うことですね。もちろん、2011年の東日本大震災の時もそうでしたが、人々が娯楽する暇もないんですよね。生きていくのが精一杯になるんですね。 政権の中枢にいる人も組織のリーダーの人も矢継ぎ早に対策案を考えてないといけませんね。末端の人も時々刻々と変化する指示通りに動かないといけない。 ですので、娯楽産業は感染症対策の社会では対応が難しいですね。実際、感染しなくても遊んでばかりですと、周りから白い目で見られますよね。 ですので、従来の娯楽産業というのは一時期はお休みということになりますね。 では何をしなければいけないのでしょうかね。それはこの武漢肺炎後の社会を考えてみてどういうことが必要になってくるかを考えてから行動しましょうね。 大きな災害が起きるとどうでしょうかね。つまり、従来の共同体の繋がりやしきたりというもので支えられていたものが支えられなくなりますね。ですから、本当に必要なものと本当はそんなに必要ではなかったというものが、鮮明になってくると思います。 衰退するものが誰の目にも明らかになるでしょうね。年初初めに申し上げましたが、新しい時代、新しい社外が加速して見える様になるでしょうね。 一つ例を挙げますよね。今までは在宅勤務やテレワークが中々進まないといっていましたが、ここにきて、資生堂や電通が…

続きを読む

#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 6 お尻に火がつかないと #新型コロナウィルス

先回は非常にゾッとすることを書きましたけど、私なりに考えたことからの仮説ですので、ご意見がありましたらよろしくお願いいたします。さて、今回はではどうするのかということですが、シナの強硬策が目立ちますよね。都市を全部丸ごと封鎖するという荒療治をしていますよね。 ですが、それと比べて日本政府の対応が遅いだということを言う方もいらっしゃいますね。ですけど、自由選挙で選ばれていない国のことと簡単に比べても仕方がないとは思いますね。 ある程度強硬なことができる国とできない国の違いがありますよね。 個人の権利が制限できる国とできない国ではできることは違いますよね。 未然防止としての動きというのはある程度分かりますが、あまり未然防止をしすぎるとやっぱりやりすぎだったねという批判をされてしまいますね。起こらなかったことのありがたみはわからないのですね。これは昨年夏の八ッ場ダムの時もそうでしたね。洪水が起こらなかったことのありがたみは誰もわからないですけれど、洪水が起きて家が流されてしまったら全てを失ってしまうのですね。 まずは、多少の犠牲が出ていないと、多くの人を説得できないんですね。 武漢の状況は分かってはいるのですが、交通機関を止めるにしても、これだけ、死者が出ているのだからということでないと説得できないんですね。これが、自由選挙がある国の難しさなんですね。 おかしいことはたくさんありますけどね。 マスクの品薄もそうですよね。 マスクの需要があれば高く売れば良いのですが、高く売らない…

続きを読む

#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 5  実は厄介なウィルス? #新型コロナウィルス【閲覧注意】

今回の2nd SARSが厄介なところはなんでしょうかね。私は医療関係者でないので、以下申し上げますことは素人の意見ということです。ご指摘あればいただくたいと思います。人によっては相当厳しい表現があると思いますので【閲覧注意】でお願いいたします。 では1stSARSの対比で申し上げる方が良いと思いますね。 1st SARSとは?以下ネットに落ちてましたけどの説明文ですね。 SARSを引き起こすウイルスに感染すると、2〜10日程度の潜伏期間を経て、症状が出現します。SARSの典型的な経過は、突然の発熱、震え、筋肉痛などのインフルエンザのような症状から発症します。 その後2〜7日ほど経過すると咳(乾性咳)を呈するようになります。なかには、消化器症状として下痢がみられることもあります。発症者のおよそ80パーセントにおいて症状は改善しますが、急速に呼吸症状が増悪する方もいます。呼吸状態の増悪は、肺炎やARDS(急性呼吸窮迫症候群)に伴うものであり、進行し死亡する例もあります。 なんとなくは似ていますが少し違いがありますね。 2nd SARSの特徴 潜伏期間がまだ、はっきりとはわからない。 当初2週間と言われておりましたが、栃木の女性はダイヤモンドプリンセス号で2週間いた後、陰性を確認して、その後自宅に戻り、また検査したら、陽性になっていますね。ここにきて潜伏期間は1ヶ月ぐらいとも言われていますね。 重症化する可能性は1st SARSと比べて低いかどうかもわからない?当初は風邪と同じくら…

続きを読む

#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 4  第2防衛ラインを堅持すること #新型コロナウィルス 

前回は第2の防衛ラインについて申し上げましたね。 第2の防衛ラインは医療現場を守ることです。端的にいうと、医者と看護師を守るということです。 武漢の混乱というのはウィルス側によって、第2の防衛ラインを破られたということですね。多くの重症、軽症患者を引っくるめて、大量の患者が病院に押し寄せて、病院の床で長時間診察をまつことが必要になっていましたね。 酷いところでは、床に布団を敷いて、点滴を打ったりしますね。こうなると医療崩壊ですね。普通の病気の人々も救えなくなりますね。 なんとか、病院崩壊を避けることに全力をあげなければいけません。現在は特効薬がないのですから、そのためには日本国民全員が、潜伏期間中は動きを停止し、自宅に引きこもることです。 これしかありません。 あとは全員が感染して免疫力をもつということがありますが、今回のウィルスは厄介な感じですねこれは後で申し上げます。 経済的損失とか、人生の門出(冠婚葬祭)ですと言っていられまん。命は一回しかないのですからね。 もうすぐ、政府から発表があると思いますが、学校や会社の休業も含めて、厳しい状況になっていくでしょうね。ですので、できることはだいぶ前に申し上げましたが、少し多めに保存食を購入しておくことですね。【精米】秋田県産 農家直送 あきたこまち 10kg(5kg×2袋)令和元年産 / 古代米(赤米or黒米)お試し袋付き - 水菜土農園 外食が禁止された場合は自宅で食事をすることになりますが、その時はスーパーも何にも無…

続きを読む

#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 3  #新型コロナウィルス 1st SARSからの帰還民より

今回も2nd SARSの話をしたいと思います。 前回は簡単にウィルスとの戦いの話に触れました。第一の防衛ラインが突破されてしまったのは認めざるを得ませんね。第一の防衛ラインが突破されると第二の防衛ラインの戦いですね。 相手というのはウィルスですが組織的に日本国内に入って、増殖し始めている状態ですね。今回はこのお話をしたいと思いますね。 防衛ラインについて 第一のラインが水際作戦ですね。敵はつまりウィルスですね。 ウィルスは人間をのっとり、侵入するために様々な攻撃を仕掛けますね。 非常に巧妙なんですよね。 水際作戦の失敗はまず全てをシャットダウンしてから、徐々に緩めるということをしなかったんですね。まず緩めてから、徐々に絞るというのは絶対にやってはいけないことなんですね。 最初にまずは一番厳し目のことをやるということですね。徐々に厳しくするのは役に立たないのですね。ウィルスとの戦いに人権とは人格は関係ありません。 相手はシナ人ではなく、ウィルスなんですよね。 水際作戦でシナ人ということが識別が必要ならばシナ風邪や武漢風邪としてもぜんぜんOKです。相手がシナ人ではなくウィルスなのです。ウィルスの宿の多くがたまたまシナ人や武漢人が多かっただけなのですからね。 差別との戦いがしたければ、人類がウィルスに勝ってからやってくださいね。と言いたいですね。差別との戦いにかってウィルスとの戦いに負けたらどうするのでしょうかね。 お人好しの平和ボケの人は戦時と平時の区別がつかないのですね。…

続きを読む

#2ndSARS 日本全国蔓延の兆し 2  #新型コロナウィルス 1st SARSからの帰還民より

【訳あり】N95マスク GIKO1400 25枚入 【領収書発行不可】【クレジット決済専用】【コンビニ払い、銀行振込決済はキャンセルます】N95/口罩/マスク - 橋本クロス どうやら水際の防衛ラインは破られたみたいですね。人の行き来を制限しなければ水際の防衛ラインは強固になりませんね。 どうやら、次の防衛ラインの話になってきた様相ですね。 感染症で一番怖いのは医療崩壊ですね。どの感染症も同じなのですが、病院に院内感染が蔓延して、医師や看護師を含めて医療体制のシステムが崩壊することですね。 例えばある地域でノロウィルスが広範囲に流行したとしますよね。その地域の病院は何時間待ってもノロウィルスの患者を見てくれなくなり、また、お医者さんや看護師さん自身もノロウィルスに感染してしまうということですね。 患者としてはフラフラの状態できますが、病院が相手にしてくれない場合病院の床でも寝るしかないのですね。ですから、シナの武漢病院では床や廊下に寝て点滴を打っている様な患者が多く映像として見られましたね。 病院が崩壊しているのですね。 こういう状態が続き、かつ長引けば長引くほど、いずれその地域の医療は崩壊しますね。ですから、すでに2nd SARSの蔓延が避けられないとすれば、対策としては次にやってはいけないのが病院崩壊なのですね。 全力で行わなければいけないところですね。 軽症の患者は病院に来させてはいけません。電話での相談で、自宅待機させなければいけません。 医者と看護師を守るとい…

続きを読む