中所得国の罠 3 罠に陥るだけでも凄いこと?

東京ばな奈「見ぃつけたっ」8個入 専用おみやげ袋(ショッパー)付き - Brings 先回までは中所得国の罠についての内閣府の基礎的な内容から説明しました。また、先進国であっても田舎から、東京に仕事に出てくるような事は案外中所得国の罠に陥っているのではと申し上げましたね。 シナは中所得国の罠に陥っているということを申し上げましたね。でも中所得国の罠に陥る前提の中所得国にすらなれない、なんてということもあるんですね。 東アジアや東南アジアでも工業化に成功しているところと、工業化に成功していないところの違いですね。明治維新史 自力工業化の奇跡 (講談社学術文庫) [ 石井 寛治 ] - 楽天ブックス中所得国の層を形成することができないということがありますね。それはどういうことかと言いますと、中所得国の罠に陥るのは大抵が工業化ができる国や地域ですね。工業化が進んだという事はそれだけで凄いことなんですね。工業化がある程度進んだけれども中所得国の罠に陥る。 工業化に適応できた層がいたのですね。 日本でも工場を建てて、工場の従業員を募集しますけど、採用して働かせてもうまくいく人とうまく行かない人がいますね。シナやアセアンでもそうですね。D17 地球の歩き方 タイ 2019〜2020 [ 地球の歩き方編集室 ] - 楽天ブックスシナやアセアンでも、工場の従業員を募集しますね。でも、採用して働かせてみると、うまくいく人とうまく行かない人がいますね。工場としては試用期間というのがあるんですね。…

続きを読む

中所得国の罠 2 実はどの国でもスキルが身につかないと・・・・・が起きる

中所得国の罠の2回目です。前回までは上海に訪問した時の風景と、中所得国の罠についてざっくりと説明しました。 中所得国の罠はとは?発展途上国は、初めは貧しい給料で勢いよく発展して行きますが、大体月10万円ぐらいになってくると頭打ちになっている。これを中所得国の罠とこのブログの間だけでは定義しましょうね。 この見方は意外と世の中の見方に参考になると私は思えるんですね。日本が高度成長した時もそうですし、NIES諸国が台頭した時もそうでしたし、現在で言うとシナが経済的に発展して行きますね。マンガ日本の歴史(55) 高度成長時代 (中公文庫) [ 石ノ森章太郎 ] - 楽天ブックス内閣府はシナの経済の低迷について中所得国の罠を引き合いに出していますね。シナの経済については中所得国の罠に陥っている可能性があるとしています。 中所得国の罠に陥るところはたくさんあるだから、なかなか先進国にはなれないと言って終わりではないはずなんですね。 という事はどういう事でしょうね。 結論を言ってしまえば、実はどの国でもスキルがないと中所得国の罠と同様なことが起きると思っております。これが本日のテーマです。 日本でも月10万円の仕事はたくさんありますよね。でも、例えば、例えばA君としましょうね。想像してみてください。A君は高校を卒業して、田舎から出てきて、東京の不動産を借りて、月10万円の仕事をしてみて、暮らしていけますかね。なんとかできるでしょうが、非常に苦しい生活水準でしょうね。普通の東京の人々からは想…

続きを読む

中所得国の罠 1 久しぶりの上海で見たものは

年末久しぶりに上海を訪問しました。 写真は上海高島屋です。ガラガラでした。平日の閉店間際に行きました。客より店員の方が多かったですね。 相変わらずなんですけど、シナは大都会でも薄暗いんですよね。昔は夜上海なんていいいましたけど、昼間はゴミが目立つので、夜の方が綺麗なんて言っているシナ人がいましたが、夜も明るくはないし、娯楽もどんどん衰退している感覚ですね。【風景・景勝地・中国語版DVD】夜上海 上海 - 中国の本屋華やかでは決してないですね。あの大いなる興奮は完全に去ったというのが私の結論です。 2年ぶりでしたが、街の風景としてはあまり代わり映えはしないようでしたが、渋滞は減っているようでしたが、これだけ高速道路ができるとどこでも高速道路で行けるようになりますので、渋滞は減るでしょうね。 トラックは圧倒的に減っていましたね。 というよりは、インフラはよくなっているのでしょうが、かつての経済成長は完全になりを潜めておりますね。 不動産価格もここ2年ぐらいは横ばいだそうです。高値安定といえば聞こえは良いですけどね。もう流石に不動産価格は上がらないでしょう。 生活の方は苦しいんだそうですね。 そうでしょうね。シナ経済のここ数年の厳しくなった要因としては人民元と米ドルのペッグ制にあると思います。人民元は米ドルに連動していますね。ここ数年で起こった現象というのが、米ドル高ですね。日本円は安くなり、米ドルは高くなりましたね。という事は人民元も連動して、米ドル以外の通貨と比較して高く…

続きを読む