ふるさと納税 3 課税というものは

ふるさと納税について第3回目です。 先回は、ふるさと納税というのは「ふるさと」でもなければ、「納税」でもないということを申し上げました。その言い回しはBABYMETALにも通じるということも申し上げました。一見、METALではなさそうに見えるけどMETALについて深く考える様になるのですね。 ふるさと納税は全くの納税行為ではないが、納税について深く考えさせられる様になるのですね。 では、納税について深く考えさせてくれることについて今回は申し上げましょう。 納税については大きくは申告納税と源泉徴収というのがありますね。主に自営業者は申告納税であり、サラリーマンは源泉徴収ということですね。 ふるさと納税をした場合には基本的には申告納税をしなくてはいけ無くなります。普段、サラリーマンで源泉徴収制度で楽をしている方はちょっと頭を使わなければいけませんね。 でも、そもそも、基本的に私は源泉徴収というのがおかしいですね。なぜ、個人の所得に会社という様な企業組織が介入するかがわかりませんね。それに企業側もなんで個人の課税についていちいち心配しなければならないのでしょうかね。教養としての「所得税法」入門 [ 木山泰嗣 ] - 楽天ブックス法律的にいうと源泉徴収義務というのが企業側に生じるわけですね。アメリカ、イギリス、ドイツでも源泉徴収を行なっていますが、年末調整までは行なっていないそうですね。年末調整なんていうものまで、企業側がやるのは日本ぐらいということなんです。 日本以外の国では基本的…

続きを読む

ふるさと納税 2 財務のBABYMETAL

ふるさと納税の第2回目ですね。 ふるさと納税というのは奇妙な言い方ですね。結局、納税と言いつつ、節税なんですもんね。これはネーミングした人がうまいのかそれに乗せられる多くの人があまり賢くないのかのどちらかでしょうかね。 とは言え、これだけ、寄附行為が普及するということは凄いですね。 できた時には文句を言う人が多かった様な気がしますね。別に地元に納税しなくても良いのですね。北海道出身の人が、鹿児島県の自治体に寄付をしても良いんですよ。なに〜!それではふるさとでもないではないか!! そうなんですよね。ふるさと納税という単語があります。ふるさと➕納税 の言葉に見えますが、全然違います。 ふるさとはふるさとでなくても良いのです。ですからふるさと納税のふるさとはふるさとではない。 ふるさと納税の納税はこれもまた、納税ではありません。寄附行為です。むしろ、納税を回避とは言いませんが、節税する行為です。 ですので、この名前そのものが事実を表したものではないのですね。でも、これは多くの地方の自治体の強力な財源にもなっていると聞きます。 というよりも、特に給与所得者の納税に関して大いに考えさせられる制度だと私は思っております。 まるで、BABYMETALみたいなもんですね。 METALと名前についていますが、METALではないと思いますね。本当に彼女たちの音楽はMETALじゃないよね。なんて賛否両論が巻き起こりましたね。でも結果的にはMETALについて考える様になって、結局BABYMETALはM…

続きを読む

ふるさと納税 1

11月になりましたね。そろそろ、令和元年も終わりに近づいてきましたね。年末を控えて、忘れそうになるのはふるさと納税ですね。 ふるさと納税というのは実質的には自治体への寄附行為ですね。ふるさと納税の理論と実践 (地方創生シリーズ) [ 保田隆明 ] - 楽天ブックス寄付は昔からありまして、突然、寄付なんているのをするお金持ちがいましたよね。何を隠そう、所得の控除を受ける為なんですね。 所得の控除ということは課税対象になる所得金額を減らすことなんですね。つまり、節税なんですね。 昔から、寄付をしているということはその年の確定申告や翌年の住民税とが安くなるわけなんですよね。ですから、税金でポンポン取られるくらいなら、ということで、母校の大学に寄付を行って名誉を得たりしていたというわけなんですね。 いわゆるサラリーマンという給与所得者は昔から、節税が難しいとされてきましたが、このふるさと納税は名前がなんか、納税した気分になるのでしょうかね。これも、自分のふるさとや遠方の自治体で、支援をした気になるのでしょうかね。 年を重ねるたびに大規模になっていっている様ですね。金額は総務省のHPに詳しいのですが、平成20年では81億円程度でしたが、平成30年では5000億円の規模に膨れ上がっているらしいのですね。【ふるさと納税】たっぷり新米20kg! 「清流寒河江川育ち 山形産はえぬき」 令和元年産 - 山形県寒河江市しかし、各自治体も知恵を絞り、HPの工夫や返礼品を豪華にしましたね。政府からも睨まれて、…

続きを読む