#PPAP 再び #ピコ太郎

年末なったのでしょうかね。別に年末の忘年会で隠し芸をやらなくても良いのですが、ふとしたことがきっかけでピコ太郎のPPAPを無料動画サイトで見てしまいました。 最近も何曲もリリースしているらしかったのですが、色々面白い動画が加わったでいて楽しかったです。でもやはりPPAPを見に行ってしまいましたが、これがとても面白かったですね。以前は何度も見たハズなんですが、また、3回も見てしまいましたね。 1分程度の動画なので3回見ても時間の無駄にはならないのですし、面白いですね。やはり笑ってしまいました。 とはいえ、今年は色々なことがありましたからね。新時代ですから仕方のないことでしょう。年末特に忘年会で出し物をするわけでもありませんんが、オススメはPPAPリバイバルともう一つ紹介しましょう。 それはTT兄弟でしょうかね。えっ!?TT兄弟を知らない?知らない人たちはネットで自分で調べてください。 あす楽 コスプレ セクシー 制服 衣装 パーティー イベント スーパーロー価格 ピコ太郎 ピコタロウ ペンパイナッポーアッポーペン ダンサー コスプレ コスチューム 舞台 演出 衣装 キャラ ハロウィン クリスマス★ピコ太郎風のなりきりコスチューム★フリーダム セール sale - スーツドレスカジュアルフリーダム クリスマス 忘年会 TT兄弟 【 コスプレ 上下セット 】大人 子供用もあり! tシャツ パンツ セット コスプレ おもしろTシャツ 男性用 女性用 歓迎会 送別会 余興 結…

続きを読む

持続可能性では何を言っているのかは全くわからない 1

ピコ太郎さんが外務省に協力して国連でPRした持続可能性について ここ数年来時々聞く言葉です。 とはいえ、サスティナルブですとか持続可能性と言われても全くわかりません。 そうですね。ここでは言葉だけで考えますよ。持続可能性のあると言われてもピンと来ませんね。考えた人があまり考えてないからこういうとんでも和製漢語を生み出しますね。 漢語及び日本語のセンスが無いですね。だから普及しませんね。言葉は音楽と同じで普及しないと意味がないのですね。それはともかく。結局今の内地のいわゆる「英語が得意な人」は発音をディスコのDJみたいに大げさに表現する人なんですね。 でもカッコ良いだけで、全くありがたくない。むしろ、ありがた迷惑なんですね。本当に内地の人にとってありがたい英語ができるという人は漢語や日本語がうまい人でかつ英語もできてセンスがある人なんですね。 でも多くの局面で英語を普及させようとする動員や運動は行われますね。文科省とか教育界とか大好きですね。英語を伸ばそうとすればするほとそれを支える日本語力つまり和製漢語力が落ちているのですよね。 筋トレする前提の筋肉がない。ということです。だから練習ができない。 だから持続可能性なんてわかりにくいとんでもない言葉が生まれるのですよね。 続くのサスティンと可能のエイブルを組み合わせたから単に持続可能性と言っているのです。 英語の直訳なんですよね。考えた人間は非常に勉強家ですがセンスがないですね ひっく…

続きを読む

ピコ太郎とBABYMETAL 2 PPAPとギミチョコ

前回も散々申し上げました。既に内地のメディアはこういうことを全く取り上げなくなりました。世界でどういうことが起きているのかを把握するのはネットです。 新聞やテレビといったフェイクメディアでは嘘、虚偽ばかりが流れております。 もしかして疑惑があるかもしれない。むしろ疑惑は深まった。そんな根拠もないくだらないレベルで本当か?嘘か?という不毛な議論が繰り広げられているのですね。 日本のメディア(特に新聞、テレビ)のレベルはシナでの紙幣は偽札か否か?と同じレベルですね。 メディアの偽札現象と呼ばせてください 本当かどうかわからない。疑いだしたらきりがない。頭の弱い人は悩んで悩んで夜も眠れない。 でも、頭の良い人はこんなところにいたらダメだ。とはっきりわかるのですね。 真偽の論議をしている間に電子通貨になっていく。それだけですね。真偽の判別に時間をかけるくらい暇な人は良いですが、基本的には暇ではない。だから、電子媒体に移行していきますね。これは避けられないですね。 禁煙の運動をするよりも禁フェイクメディアをすることが日本のため、世界のため、あなたを救うため、身近なものを守るために必要だと思います。禁煙運動と森かけです。無駄なことです。無くさなければいけないのはフェイクメディアです。排斥運動する対象も同じくフェイクメディアです。 さて、前置きが長くなりましたが、ピコ太郎とBABYMETALの2回目です。 ピコ太郎さんが国連や外務省の仕事に協力…

続きを読む

ピコ太郎とBABYMETAL 1 先ずはギミチョコ

最近、内地のフェイクメディアのフェイクぶりがすごいのですね。どうでも良いから闇雲に捏造ということですね。今までは時々嘘を混ぜてましたが、最新はほとんどが嘘で本当のことはほとんどありません。 まるで、シナのプロパガンダ放送局や新聞社の手口のようですね。シナのグローバリズムの影響をもろに新聞・テレビ業界は受けておりますね。 私は既に10年以上も前から内地の新聞からもテレビからも情報を入手していません。新聞もテレビも媒体としての価値は既にゼロです。つまり情報源としてはネット以下。つまりゴミであるということ結論づけたことからであります。 まだ、シナのプロパガンダ新聞社、プロパガンダテレビ局の方が政府がどうプロパガンダしようとしているかがわかります。その点では重宝しています。 ほとんどが嘘の情報(新聞・テレビ)にカネを払うないしは時間を投入する内地の人は気の毒で仕方ありません。 とはいえ最近の捏造っぷりはひどいですね。自ら壊滅を早めているとしか思えません。まぁ。どうせ壊滅しますけど。 ちなみに、ネットは嘘と本当が入り乱れていますので嘘を見分ける能力が必要になります。 それはともかく、いずれにしろ本題に行きましょう。 ネットを注意深く見ていましたが、何とピコ太郎さんがまたやってくれたらしい。 私は以前以下の内容を書きましたよ。2016年に既に頭一つ抜け出したのはBABYMETALとピコ太郎です。 つまり、別の世界、別の次元のレベルに到達したのはBABYM…

続きを読む

PPAP(ペンパイナッポーアポーペン)の衝撃 の謎を解く 2

さて、PPAPの二回目である。 前回、非英語圏や準英語圏の人に衝撃を与えていると言ったが、とはいえ英語圏の人にも相当衝撃を与えているのでは?という反論の声が聞こえてきそうである。 そう慌てなさんなって。もちろん、英語圏人々の反応も理解してある。つもり。 これは非ネイティブスピーカーによる英語ネイティブスピーカーへの挑発ないしは実験だと思う。 以下説明しよう。(一部ネタバレしてすみません) 普通の日本人ならわかると思うが、以下のフレーズ。 I have a pen.とかThis is a pen. 英語の授業で教わったと思う。 私も同様である。本当に英語教育の初歩のフレーズだ。 私はかつて英語初学時代に本当に習ったこのフレーズが通じるかと思い、実際にネイティブスピーカーに試したことがある。 私は自分のペンを持って、「私はペンを持っている。これはペンです」と言ってみた。 そうしたら、相手はすごい表情をした。非常に複雑な表情をした。のを覚えている。 一瞬奇妙な雰囲気が支配し、それで終わり。 その後、私は英語の先生に対して、「せんせー。I have a pen.を習ったので実際試してみましが、相手には通じませんでした」と言ったことがある。その英語の先生も拍子抜けした表情をしたのを覚えている。 当然である。冷静に考えて欲しい。普通の日本人は人が良いので怒らないだろうが。 目の前にペンがあるのにも関わらず、ある人に私はペンを持ってい…

続きを読む