テーマ:歴史

借りてきた時間 哈爾濱編 3 番外編 氷棍

哈爾濱には独特な習慣があります。 真冬に屋外で氷棍(アイスキャンデー)を食べるという習慣です。 哈爾濱に代表される北満州は寒冷地であります。 農業が産業の基本ですので冬は産業がなくなります。 そこで、哈爾濱は冬の期間はこの寒さを利用した観光業が盛んです。 氷祭(氷雪大世界)は有名です。 哈爾濱人以外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年を振り返る2 来年に向けて

前回はただ思いつくがままに今年を振り返ったのだった。 もう元には戻らない。難しくと言うといわゆる不可逆的なんだけど。 従来の考え方では全くダメだ。と言う考えは私自身も年初から日増しに強くなって行った。 では、何をしたら良いのかな。 これが一番大事だろうね。 やれ、共産主義はとっくに元からダメ。グローバリズムはダメだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今年を振り返る1 ちぇっ。頭にきた。絶対日本に行ってやる!

平成28年が終わろうとしている。 世界的には2016年であるが、この年は日本としても世界的にも大転換点であったと未来になって思うのであろう。敢えてここではまとめはせず、思いつくがままに振り返ろう。 私自身も年初の第二次チャイナショック(上海株式市場の大暴落)と香港旺角騒擾、銅鑼湾書店関係者逮捕に衝撃を受けた。それにより拙いブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借りてきた時間 哈爾濱編 2 近現代史最大の移民現象とは?

トランプ勝利の衝撃の11月初私は哈爾濱(ハルビン)にいた。 しかし、哈爾濱滞在中からもやもや感が消えなかった。 結局そのまま哈爾濱を後にしたのだが。 もやもやを解消しようとして今、本記事を書いている。 トランプ勝利の衝撃以前から、今や欧州、米国、日本も移民についての話題で持ちきりだ。 不法移民云々、入れるの入れないのなどな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借りてきた時間 哈爾濱編 1

香港で独立派の立法会議員さんの議員資格を大陸の全人代は認めないそうだ。 借りて来た時間の終了が迫りつつあるのか。 私はその時零下10度の哈爾濱(ハルビン)にいた。 写真は当日撮影した哈爾濱市道里区の建物。 1922年の哈爾濱は租界や租借地はなかったけれど。 結果から見れば借りてきたような時間の表示が脳裏に焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜここまで腐敗するのか 3

北京で24日から開催されていた中国共産党の第18期中央委員会第6回総会(6中総会)は27日、4日間の日程を終え閉幕し、総会を総括するコミュニケに「習近平同志を核心とする党中央」と明記された。  「核心」は毛沢東ら強力な指導者に使われた呼称で、習総書記(国家主席)の「1強体制」は一層強化された。習指導部の2期目の人事を決める…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜここまで腐敗するのか 1

中国共産党の重要会議である第18期中央委員会第6回総会(6中総会)が24日、北京で開幕した。国営新華社通信が伝えた。来年秋の党大会で任期折り返しを迎える習近平指導部は、党規律の厳格化を進めて権力基盤の強化を図る構えだ。  総会では、集団指導体制の堅持を盛り込んだ1980年制定の「党内政治生活に関する若干の準則」を改正し、党総書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シン・ゴジラについて

シン・ゴジラ 映画を見た 結論から言ってしまえば、評論家の佐藤健志さんの「自閉性」に一言で表されている。と私は思う。 佐藤さんはシンゴジラ以前からゴジラを自ら演じていたり、ゴジラ 評論を発表している。元々の深い考察によるものだろうが的確である。 さて、他人のことはさておき、私としては何の衝撃も受けなかったのが衝撃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十年 2 飛べない鳥

かつて、レスリーチャン(張国栄)とマギーチャン(張曼玉)が主演の映画 「阿飛正傳」(※)においてレスリーチャンだったと思うが 鳥について語ったシーンを思い出した。 鳥についても一言。 鳥とは? 普通の人がイメージするのは空を飛ぶ脊椎動物だろう。 ならば、ダチョウは?ペンギンは?鳥なのか? 鳥とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十年 1

香港の映画賞で、中国政府の影響力が一段と強まった10年後の香港社会をテーマにした話題作「十年」が最優秀作品賞に選ばれた。 「十年」は5人の監督が製作した5本の短編からなり、2025年の香港社会を暗いトーンで描いている。民主化を求める学生や若者が、香港中心部の道路を占拠した「雨傘運動」が発生してから1年4カ月あまりとなるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バブルと恐慌 日本経済とC国経済 今後の行方

歴史を見ると未来がわかる。 歴史は未来学ではないが予想はできる。 もちろん未来など保証できないが。 バブルと恐慌 バブルといえば80年代後半から90年代初頭のの日本が 象徴的だった。 金融、製造業も不動産も株も絶好調だった。 東京の不動産価格だけでアメリカ本土の不動産を買えるとまで言われた。 日本全土の賃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南京で日本人が忘れてはならないこと

オバマ大統領の広島訪問を受けて、中国の王毅外相は「広島は注目されるべきだが、南京はなおさら忘れてはならない」として、日本に対し、第二次大戦の加害国としての立場を忘れないよう求めました。「広島は注目に値するが、南京はなおさら忘れてはならない。被害者は同情されるべきだが、加害者は永遠に責任を逃れてはならない」(中国 王毅外相) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C国発経済恐慌 その1

先立って 一言申し上げる。 経済的に困窮しても人が死ぬわけではない。 人間はもともと何も無かったのだから。 何も無い方が良い気がする。 経済的に困窮しても知的生活には殆ど困らないのだ。 でも、やっぱり経済の話。 いよいよ シナ経済恐慌の可能性が高くなっている。 実質にはシナ経済は2014年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本地震 募金お願い 被災地、おにぎりが余り過ぎて破棄!ネットで怒り爆発

朝のブログでも述べたが、現時点は物はいらないのだ。 必要なのは指揮命令系統だ。その次は経済力だ。 指揮命令系統がはっきりしていれば 現時点で何が必要かを正確に要求できる。 すでに1週間たつのである。 すでに物はいらなくなりつつある。 インフラも回復しつつある。 そこで必要なのは金銭的負担の軽減。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争 震災 熊本の地震に思う

この度、熊本の地震にて、 被災を受けました方々へお見舞い申し上げます。 また、亡くなられた方々への哀悼を申し上げます。 さて、日本は地震国である。 戦争との関連を検証したい。 中には、この時期に戦争を議論するなんてひどい。 と思う人は別に良いのだ。 Babymetalなんてメタルではない。ギミックだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱自動車工業、車両燃費試験の不正 時代を見誤り追い詰められた悲劇

三菱自動車が、燃費試験データを改ざんし、実際の性能よりも燃費性能を高く見せていたことがわかった。 燃費性能を偽っていたのは4車種62万台以上で、三菱自動車の相川哲郎社長がこのあと会見を行う。 三菱自動車が燃費試験データを改ざんし、燃費性能を偽っていたのは、2013年6月から生産している「eKワゴン」と「eKスペース」、三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ロシア】北方領土に海軍拠点検討 外務省が抗議

外務省は、ロシアのショイグ国防相が、先週北方領土を含む島々に、海軍の新たな拠点の設置を検討していると発言したことを受けて、「北方四島における軍事インフラの強化につながるならば遺憾だ」としてロシア側に抗議しました。 ロシアのショイグ国防相は、今月25日モスクワで開いた軍の幹部を集めた会議で、北方領土を含む島々にロシア海軍の太平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー同時テロ どこに嘘が隠れているか

ベルギーの首都ブリュッセルで22日朝(日本時間同日夕)、空港と地下鉄駅で連続して爆発が起きた。地元メディアによると、2度の爆発が起きた空港では14人、地下鉄駅で20人が死亡したほか、2カ所で130人以上が負傷した。ベルギーのミシェル首相は「我々の国が卑劣なテロに見舞われた」と述べ、両方ともテロ攻撃との見方を示した。ベルギー内務省は深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国境 その2 これはいわゆる北朝鮮レポートではない

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は21日午後3時19分?4時5分(日本時間)に、東部の咸鏡南道?咸興南方約20キロの一帯から日本海に短距離の飛翔(ひしょう)体5発を発射した。飛距離は約200キロと推定される。韓国軍は飛翔体の種類を分析中で、軍関係者は「口径300ミリの新型多連装ロケット砲の可能性もある」と述べた。  北朝鮮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港独立を中国高官が否定。 なんのこっちゃ。 大陸無限ループ

中国政府の高官は16日、香港が独立することは「不可能」だと述べ、2047年に香港の「一国二制度」が終了した時点で独立すべきだとする一部の主張を牽制した。 香港大学の学生会誌「学苑」は今週、ウェブサイトに「我々の2047年」との見出しで記事を掲載。香港が国連が認める独立国となり、民主主義政府と独自の憲法を持つべきだと主張した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナ近代史のポイント2 香港 銅鑼湾書店に思う。HK Causeway Bay bookseller

今日は香港銅鑼湾書店(Causeway Bay book store)の李波氏の 疲れ切った姿の記者会見の報道を見た。 過去の密入国の罪である国に拘束されていたとのこと。 彼は英国籍を捨てるということだけを告げた。 あとは円満にということであった。 ちいさな書店が大きな波に飲まれているのであろうか。 毎日胸が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大年初十三 近代シナのポイント その1 香港旺角騒擾に思う

さて、大年初十三である。上海語で十三点は広東語でチーシンの意味である。 大年初一 香港 旺角騒擾(HK Monng kok riot)によってブログを再開した。 なぜ久しぶりにブログを再開することになったのか。 一言で言えば 今回の騒擾が私の持論である近代シナの歴史的分岐点に なるかどうかを検証したいからである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more