Fox center in Japan Kitsuneの本部へ行ってきました 1

内地のBAYMETALの聖地としては色々あるそうですが、霊的な聖地としては阿佐ヶ谷神明宮だそうです。メギツネの映像が撮影されたところだそうです。でも今回は阿佐ヶ谷ではありません。 4狐Kitsuneの本部に行こうと思いました。 阿佐ヶ谷で祀られている神様はアマテラスだそうです。 狐の神様は当然お稲荷さんです。 全国各地に稲荷神社はあるのです。 その総本部というものが京都にあります。 それが伏見稲荷です。 当然行ってみました。色々面白かったです。 今日はこの辺で詳しい話は次回以降。 続きます。 See you!

続きを読む

スマホ室というのはどうだろう?

イライラするのはタバコの煙なのだろうか? 有害だからという。 有害なものは殲滅せよ! なのだろうか?違う。と思う。こいつらは「弱いから殲滅せよ!」といっているように私には聞こえる。 どこかの国のいじめというものと同じで害虫とかバイキンとかそういったものを感じる。 そういった行為は日本語では弱いものいじめとか卑怯者ということではなかったのか? 今、内地にて最も危険なものはタバコの害でなくスマホの害であると私は思う。 喫煙者という弱いものを叩くのではなくスマホ人という強いものに向かっていくのならば、世界最先端を自称できるのでは? 思い切ってスマホ禁止してみよう。 ただし、喫煙者と同じで喫煙部屋(すでに撤去のところもあるのでは)はスマホOKとする。 いかがであろう?

続きを読む

BABYMETAL LIVE AT WEMBLEY review 3 音楽は誰のためのもの?

ここまではBABYMETALと英国、欧州について私なりの見解を申し上げたのだが、もちろん日本の3人の少女が欧州や英国を動かすのは現実にはありえないしあったとしてもファンタジーの領域だ。 もちろん。アーチストが単独で政治や経済について意見を言うのもリスクが伴う。また、音楽に政治や経済を持ち込むなと言う心情も非常によくわかる。でも、音楽ほど取り巻く環境、政治や経済に影響を受けるものはないとも思っている。以下それについて話を進めたい。 音楽や学問はなかなかそれ単独ででは生計を立てるのは難しい。もちろん美術や文学も同様だと思う。 貧困と名声は紙一重だ。それは音楽や学問に関わった人々が切実に感じている問題だと思う。 ピコ太郎のヒヨコ選別という曲のネタでもあるが売れない芸人であれば40歳を超えるおっさんがバイトをしていなければいけない。また、それをネタにしているのだけれども。売れさえすればとんでもない名声も富も入ってくる。モーツアルト、ベートベン、ショパン、ビートルズ、ロールングストーンズ同様だ。 大昔は楽譜、近年では円盤(古くはレコード 今はCD、 BABYMETAL語ではデロリアンというらしい)がかつてのように売れなくなって久しいが、売れなければ当然、新しいものは作られないし発表もされない。 やはり芸術家でも娯楽音楽家でもどこかのエスタブリシュメント(=既得権益者)と親しくなり、その注文に応じなければいけない。西洋音楽という領域があるならば西洋音楽の発展及び衰退…

続きを読む

BABYMETAL WEMBLEY 2 Metal-Brexit is on your side

この映像はBABYMETALの音楽だけではなく、激動の英国、欧州2016年を記録したものとしても重要な記録であろう。すごく素晴らしい。当時は英国、欧州とも非常に過酷な状態であったと推測される。よって、願わくばもう少々英国、欧州の当時の映像記録としての役割の部分も欲しかったなと思う。もちろん非常に贅沢な注文であることは承知の上だが。 さて思い起こすととBABYMETALのFox-day2016年4月の2nd発売この公演が非常に昔のように思える。 当時を概観すると、2016年4月ウェンブリーアリーナ公演。その取り巻く環境として、パナマ文書、フランス・ベルギーテロ、そして6月の英国のEU離脱国民投票つまりBrexitである。そして7月英国キャメロン内閣崩壊である。 そして、たった今2017年1月17日のテリーザ・メイ首相演説によるEU強硬離脱宣言である。 Hard-Brexitである。 てなことで私がどうしてそう思ったのかについても以下申し上げよう。 繰り返しで申し訳ないが、2016年の衝撃的な出来事として英国のEU離脱があった。 エリート中のエリートでエスタブリシュメントの代表とも言えるキャメロン内閣崩壊後、私は英国メイ首相及び英国人がどういう対応するのか気になっていた。 英国に直接行ければ良いのだが、行かれない。よってメイ首相の行動や言動、英国人の考え方や行動についてネット上で注意してみていた。 英国首相の言動、英国人及び一部の欧州人の振る舞いを…

続きを読む

BABYMETAL LIVE AT WEMBLEY review 1

ようやく12月になって待望のウェンブリーアリーナ LIVE版DVD版を入手しました。 全17曲です。 全体的な感想Death。 音が厚いです。各演奏楽器の分解能が高く。ギンギンします。悪い意味ではありません。 METAL色が強いということですね。ダンスも演奏も素晴らしとしか言いようがありません。特にKARATEからの後半は感動してばかりでした。カネを出して見る価値はありますね。 さて、とはいえ一方で、年末からロック系の人たちの前座があります。レッドホットチリペッパーズ。ガンズアンドローゼズ。METAL系のファンだけではなく、ロック系のファンも取り込もうということですね。 と言っていたら1月11日にメタリカの前座がソウルでありましたね。韓国は大変なことになっております。 特にソウルでは今何が起きているのか実際に行って見ないのでわかりませんが、とんでもない力が働いているようですね。 と言うことで、1回目なのでとりあえず軽く。 続きます。 次回以降は深刻です。 お楽しみに。 See you!

続きを読む

今年を振り返る2 来年に向けて

前回はただ思いつくがままに今年を振り返ったのだった。 もう元には戻らない。難しくと言うといわゆる不可逆的なんだけど。 従来の考え方では全くダメだ。と言う考えは私自身も年初から日増しに強くなって行った。 では、何をしたら良いのかな。 これが一番大事だろうね。 やれ、共産主義はとっくに元からダメ。グローバリズムはダメだとか、資本主義は終わってしまったとか。 ダメ、ダメは連続なのだけれど。進む方向は見えないのに自分のいる場所がどんどん消滅している感覚だ。 前回も言及したように日本にはもうお手本は無くなってしまった。どこに向かっているのかわからない。 筑波大学大学院教授の古田博司先生の本を読むと「黒船の来ない幕末」と言うのが正確なのだろう。 前回思いつくままに書いたところから言うと。やはり、人のためになることをしようと言うことだろう。 C国の従来型の考えでいくと、と言うよりもむしろグローバリズムに共通しているのはカネと権力。 カネと権力が最上の価値観になることの虚しさ、愚かさはシナ人自身が一番感じているのだろう。 とは言え、カネも権力も全くなければどうにもならないので、自分のいる場所があるうちに進むべき方向性を考え出す必要はある。無職になって借金だらけでは何も始めようがないよね。 ではどうするのか。 でもお手本は少なからずあるのだと思っている。 相変わらずワンパターンであるがBABYMETALである。ピコ太郎でも良し。 この旬で世界に衝撃…

続きを読む

BABYMETAL SU-METALさんMETAL-QUEEN 誕生秘話(仮説) 3 倍音について

さて、前回の高音域の獲得で真似された方も多いかもしれません。 できましたか?90分続きましたか? できないでしょう。いまから始めなくても良いですよ。どうせできませんから。 なんだぁ。それを早く言ってくれよ。と言わないでくださいね。だって、あれだけまねするなといったでしょ。 いずれにしろ、90分(少なくとも1枚のALBUM分)前後は持たない。それはなぜか。 それが今回の主題の倍音が鍵になるからです。 はっきり言ってもちません。例え訓練によってアルトの人がソプラノの地声音域を獲得したからといってそれだけでは90分は持ちません。 ではなぜ、SU-METALさんは持続可能なのですか? それは倍音を使っているからなのです。 倍音を使うメリットとしては以下あげられます。 METAL音のバッキング音にもかき消されない。 透明感がある。 遠くの観客まで声がクリアに届く。 自分自身の声がモニター音で聴き取りやすくなる。(BABYMETALはイヤーモニターであります) それに加え歌い手にとっても長時間発声が持続できるのです。 つまり発声による筋力の消耗を避けることができるのです。 倍音発声はどうするのか。 その前に倍音とは? 端的に言ってオクターブ音のことです。 簡単に説明しますとドレミのドの音を出すとします。 倍音が出せる人は1オクターブ高いドや低いドが同時に出せると思ってください。 ピアノがあるかたはやってみてください。ドの鍵盤をひと…

続きを読む

BABYMETAL SU-METALさんMETAL-QUEEN 誕生秘話(仮説) 2 高音域獲得

ひとことで高音域と倍音発声を獲得するといっても簡単ではありません。 今回は高音域獲得をメインに話を進めましょう。 私なりに考えてみましたので以下述べましょう。 しかし、それはSU-METALさんの成長の過程を音で聞いて仮説を立て判断しているので、あなたにそれが適応するかどうかはわかりませんし且つ保証はしません。くれぐれも喉を壊さないでください。 まずは、男声と女声の違いから行きましょう。 成人男性の声は一般的には低い。一方成人女性の声は一般的には高い。 一般的にはそう言えます。 もちろん女性でも非常に低い声を出す人がいますし、男性でも非常に高い声を出す人もいます。 さて、ここでは一般論で行きましょう。例外もありますが置いておきます。 男声は変声期があるといわれております。いわゆる声変わりです。 成長期に急激に声のトーンが低くなり、ノドボトケが見えてきます。 少年時代は高い声がでたのに高い声が出なくなり、逆に低い声が出てきます。 一方、女声は男声と比べて明確に変声期というものがないと言われています。 しかし、目立たないだけで、年齢とともにスピードは遅いですが男声同様に声は低くなっていきます。 ということであるのでまずは低い音を出すにはどうしたら良いのかと。 年齢とともに出るようになってくるので安心してくださいと言えます。 では逆に高音を出すためにはどうしたらよいのでしょうか? 基本的には難しいです。 先ほど言及したように自然の摂…

続きを読む

BABYMETAL SU-METALさん METAL-QUEEN誕生秘話(仮説)1

今までは歌唱法の謎を追う形でSU-METALさんの歌唱法を枚挙してみました。 とすると色々なことが見えてきませんか。 ではなぜ、METAL-QUEENが誕生したのかという視点から考えたいと思います。 非常に面白いことが見えてきます。 以前、私はMETALエリート・ファンを自称するならばBABYMETALに取り込まれる。 さもなくばMETALエリート・ファンをやめなければならない。 と申し上げました。 その反対の現象がBABYMETAL側にも発生していたと思われれます。 もちろん仮説です。 本当かどうかは本人たちに聞かないとわかりませんが仮説を以下申し上げたいと思います。 結論から申し上げますと、 BABYMETALそのものとBABYMETALフアンがMETAL-QUEENを生み出した。 それだけではなく、 BABYMETALそのものとBABYMETALファンがMETAL-QUEENを生みださざるを得なかった。 と考えております。だからBABMETALとそのファンは家族とも言えると思います。 アイドルでいれば良いのか?その上を、アーチストを目指すのか?という選択も含まれます。 BABYMETALがもしアイドルの範疇で良かったのならば、METAL-QUEENは生まれていないでしょう。 なぜなら、歌が上手くないアイドルはたくさんいます。 残念ですが、アイドルのライブははっきり言って口(クチ)パクが多いです。 確かBAB…

続きを読む

BABYMETAL SU-METALさんの歌唱法の謎 3 歌が上手いとはどういうことか

歌が上手いとはどういうことか? リズム(テンポ)→メロディー→表現力 この要素が揃っていることだと思います。 リズム及びメロディーが間違えなければ大体OKですが、プロのレベルになると表現力が問題になります。 さて、差し出がましいのですが、我々のMETAL-QUEENのSU-MEYALさんの歌声には多くの謎があります。 とりあえず、以下が枚挙できます。ネット上にある質問をQとして回答をAとします。 Aは勝手に私が回答しました。しばしお付き合いを。 Q1: なぜ、アイドルなのにSU-METALさんは歌がうまいのですか? A1: 知りません。 アイドルでもうまい人とうまくない人がいます。 SU-METALさんは元来歌が上手い女の子。その子をアイドルとして売り出しただけではないでしょうか?順番が違うと思います。 でも今はアイドルではなくMETAL-QUEENという称号をいただいております。 Q2: SU-METALさんに誰がMETAL-QUEENという称号を授与したのですか。 A2: METAL-QUEENという称号授与式はありません。世界のMETAL界では殆どそれで通ります。もちろん納得しない人もいます。 Q3: なぜ、SU-METALさんはアイドルなのに口(くち)パクではないのですか? A3: 歌がうまい人は口パクでなくてOKです。というより、口パクは音楽の専門家及び音楽に詳しい人にすぐ見破られます。 彼らは口パク…

続きを読む

BABYMETAL SU-METALさんの歌唱法の謎 2 倍音をコントロールせよ

ウェンブリー・アリーナ公演のライブ盤が出るのが待ち遠しいDeath。 また、2nd のSU-METALさんの歌を繰り返し聞いています。 それはともかく。 今や全世界的にMETALクイーンの称号を得た SU-METALさんです。しばらくぶりに記事を書きます。 まずは基本的なことなんですが、前回言っていなかったことがありました。彼女の声はアルトであろうと思われます。 私は個人的には歌でなく彼女のアルトの喋り方が好きです。 (そんなことは聞きたくないでしょう) 本題の歌唱法に戻ります。 本当はそんなに高い声が出ないはずなのです。 でも、彼女はハイトーンボイスを地声で引っ張り上げられる能力もあります。 その音域もプロとしてすごいのではありますが、彼女の何がすごいのかというと、倍音で発声できるということです。今回の主題です。 これは多くの人が気が付いています。また、指摘もしております。 共鳴とか反響とか言いている人もいます。いずれにしろ、ここでは倍音としましょう。 METAL音楽は音が厚いので一般的にボーカルがドラム、ベースやギターといったバッキング音に負けてしまうのです。 だから、BABYMETALは素人ではなかなかコピーできません。 これだけ世界的に有名なメタルダンスユニットなのですが、動画サイトを見てもモノマネできるのは極めて一部のバンドですね。 その理由は、なぜかと申しますと、素人がコピーしようとしても、ボーカルが一方的に負けてバ…

続きを読む

BABYMETALに学べ! 2  トランプ次期米国大統領対策

最近、SNS上(BABYMETAL専用サイトでもなんでもない)で私がいつものように政治、経済の内容の書き込みをしていたら、一人の熱烈なBABYMETALフアンからここは多くのBABYMETALフアンが見ているのであなたの政治や経済の書き込みはふさわしくない。 私に対してこの手の発言や書き込みはご遠慮願いたい。 別のところでやってくれという趣旨のお叱りをいただいた。 お叱りはお叱りでありがたく頂戴する。叱っていただけるのはありがたいことです。 とは言え、私にお叱りをいただくのは一向に構わないが、このお叱りはBABYMETAL及びBABYMETAL FANに対して失礼ではなかったのか。 私のBABYMETAL論の主軸はMETALもBABYMATALも既存の音楽や概念を破壊することこそが素晴らしいである。 もともとこうである、こうでなくてはならいという、既存の概念にとらわれていることこそが非METALであり非BABYMETALであると私は考える。FANも既存の概念を壊すそのことに感銘していると私は考える。 かつてのエリートMETALでは許されなかった、ダンス、女の子バンド、レゲイ他との音楽との融合 様々な分野を取り込んできたのがBABYMETALである。 でもそろそろ、BABYMETALもそのFANも「道無き道を行け」ではなくて同じ道を何遍も繰り返す方が 楽だと思うようになり、いつかは新しいことをやらなくなるのかもしれない。 もちろんそうは期待し…

続きを読む

BABYMETALに学べ!  爆買い失速対策  漢語 ダメ! ゼッタイ! 

“爆買いバブル”の減速が、いよいよ深刻化している。 10月1日から始まった、中国の国慶節に絡んだ大型連休。今年も多くの中国人が日本へ向けて旅立った。訪日観光客に人気の銀座も、この連休中は多くの観光バスや、キャリーケースを引く観光客が溢れた。 その一方、三越銀座店の空港型免税店「Japan Duty Free GINZA」は、あまりにも閑散としていた。空港型免税店とは、消費税だけでなく関税や酒税、たばこ税まで免除される免税店。今年1月末に、沖縄県を除く初の店舗として銀座店の8階にオープンした店舗だ。ところが、今や高級ブティックには文字通り人っ子1人おらず、中国人女性に人気の美容家電を販売する特設コーナーでは、商品を手に持った女性販売員が所在なさげに立ち尽くしている。高級感溢れるお酒とタバコの売り場には、1月下旬の開店当初はなかった「じゃがポックル」や「キットカット」などのお菓子が、うず高く積まれていた。 三越・伊勢丹とあろうものがなぜこのような単純なミスを起こすのか? 私のBABYMETALの英語 ダメ! ゼッタイ! の記事をご覧いただいた方ならば、なぜ、老舗デーパートの爆買いが失速したのかわかると思う。 三越・伊勢丹だけではない。インバウンドを狙う店舗の共通した間違え、ミスである。 ミスでは済まされない。シナ人の二重国籍の党首の方も国会の追求でよく言うよね。 日本人の特性から仕方ないとも言えるが、なぜ、シナ人が爆買いをするかの分析が足りない。 と…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 5-2 英語 ダメ! ゼッタイ!

英語圏で英語を使わない音楽が英語圏の人間への衝撃となる。 これこそがまさにグローバリズムへのカウンターである。 グローバリズムを推し進めた結果我々はどうなったであろうか。 英語が普及することによって幸せになったのであろうか。 確かに一部の人間は豊かになった。 英語エリートは豊さの象徴であった。 但し、大多数の人は豊かにはなれない。 英語圏の英国、米国ともにそうであろう。 たとえ英語を使うことができたとしても、ごく一部のエリートだけが豊かになるだけである。 米国では0.1%の人間がほとんどの富を独占しているという。残りの1%がまあまあの生活。 98.9%の人々が貧困となっている。実情は「貧困大国アメリカ」という本に詳しい。 英国も同様だと聞く。 一部のエリートがロンドンのシティで働き、その他大多数が貧困に苦しんで居る。 だから英語がネイティブ並みにできたとしても90%以上の可能性で貧困になるということだ。 貧困だからといって不幸であるとは限らない。 確かにそうだ。では、英語圏の人間は幸せなのだろうか。 英語ができたからといって幸せにはなれない。 英語の役割はグローバリズムとそれを支えるエリートのための言語になっていると私は考える。 先般、言及した英国のEU離脱がそうである。 英語エリートたちの事前の報道では離脱派は少数であるとの認識であった。 しかし、予想を覆し離脱派が勝利。 投票後もなぜ離脱派が勝利したか…

続きを読む

BABYMETAL 漢語表現から見るC国の新概念獲得の特徴

(写真はMOA-METALさん) BABYMETALは新概念である。 誰にでも新概念の理解や習得は難問である。 どうやって、見たことも聞いたこともない人間に伝えるのであろうか。 新概念の伝達方式としての良いサンプルと思っているのが漢語表現としてどう伝えているのかを見てみたいと思う。 漢語がわからない人にも面白いと思うので紹介しよう。 まずは、シナのポータルサイトの百度からの引用が以下である。 BABYMETAL (日本少女偶像金属乐队) 编辑 BABYMETAL是日本演艺经纪公司Amuse于2010年推出的少女偶像金属乐队,由SU-METAL(中元铃香)、YUIMETAL(水野由结)、MOAMETAL(菊地最爱)组成,三名成员全部来自少女偶像团体樱花学院。有多个唱片发行公司,日本为BMD FOX RECORDS、欧洲为earMUSIC、北美地区为RAL。 2010年,乐队凭借歌曲《心跳☆早晨》在网络上获得知名度。[1] 之后于2014年及2015年分别举办世界巡回演唱会。 中文名 …

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 番外編2 BABYMETALによってもたらされた行動

さて、前回ではギターを購入したことについて触れた。 しかし、エレキギターである。アコースティックギターなら買って終わりだが・・・・。 当然、必要なものがまだまだある。 エレキギターはそのまま買って弾いても音がほとんどでない。 だからアンプというもので音を増幅させる。 原理的に簡単に説明しよう。エレキギターの弦は金属できている。 弦は振動すると磁力を発生する。 それをピックアップという巻線を巻いたコイルで弦の振動で発生した磁気の振動を電気信号に変換する。その電気信号に変えたものを増幅する機械がアンプというものである。 まぁピックアップはマイクみたいなものであるが、アンプというのはスピーカーも付いていて増幅した電気信号を音声に変換する。 それで購入したのはこれ。ヤマハのTHR10Xにした。写真の通りである。 購入した経緯を再現しよう。 当然アンプについても20年以上のブランクである。 どれにして良いか全くわからない。 楽器屋はシナの某所である。店員に聞いた。 (もちろん以下やり取りは全部シナ語です。店員も当然シナ人です) 私 「アンプはどんなものがあるのでしょう」 店員 「どんな音楽をされますか」 私 「・・・・・・・昔はロックだったけど20年以上ブランクがあり・・・・・。   今度はヘビーメタルを聴いてギターをしようと思いました」(正直に答えた)  店員 「どんなヘビーメタルですか」 私 「べっ・・べび…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 番外編1 BABYMETALによってもたらされた行動

さて、BABYMETALの衝撃はまだまだ続く。 先般、The BEATLES以来の衝撃だと申し上げたが、どういう尺度で計るということが課題であると考えた。 無論、衝撃は衝撃で受け入れられない人もいるだろう。 しかし、衝撃を受け入れた場合どういうことになるだろうか考察してみた。 端的に言って直接のライブ、音楽、映像 ライブ   ライブの観客動員が急激に上昇する。関連商品の売り上げ増。所属会社の売り上げを見て欲しい。 音楽    CDが売れない時代である。音楽配信には多少は詳しくなった。 映像     動画サイトの閲覧件数、動画サイトへのアクセス時間が増加する。 それではただ単に人気アーチストが出てきただけではないかという話になってしまう。 よって、どういう文化的な変化が出てくるかだ。 人々の行動様式やスタイルに変化が起こっていることを確認したい。 人々がどういう行動様式を取るようになったかを確認するのも面白いと思う。 人々がどうするかという点にも興味があるが、そもそもでは自分はどうしたかということを考えた。 自分なりには何をしたのか? まず受動から始まって能動的になってきたと思う。活発になってきた。 もちろん。1st 2ndについてはダウンロードした。 ただし、モバイル端末であるのでそこから出る音はあまり良くない。 だから、音響機器を買った。PioneerのCDminiコンポを購入した。 残念なことにP社は音的には…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 5-1 英語 ダメ ! ゼッタイ ! 

数ヶ月前になると思うがBABYMETALが出演しているNHKの番組で マーティ フリードマン(※)さんが彼女たちに対して 英語で歌わない方が良いです。 是非引き続き日本語で歌った方が良いと思います。と強調して述べていた。 私も同感だ。非常に重要な見解だと思う。 しかし、マーティさんが理由を説明していたが、なぜかは、彼女たちにはピンと来ていないようだった。視聴者および今ご覧になっている読者も一部は納得していないだろう。 No ! そうではない。マーティの考えは間違っている。 BABYMETALはグローバリズムの体現者だ、だからもっともっと英語を 勉強してbigger and bigger,faster and faster市場を開拓しなければならない!。 何処の組織にもいるグローバリズムを推進するTOEIC高得点エリートたちの要望が聴こえそうである。 では、仮にBABYMETALが英語をマスターないしある程度できるようになって英語の歌詞で歌えるようになったとしよう。頭の中で思い描いて欲しい。 Su-METALさんが英語でBABYMETALの歌を歌う。 逆に外国人喉自慢大会の外国人が日本語で歌う情景を想像して欲しい。 これではBABYMETALといえるのか? 日本の少女が売りなのにこれではアメリカの少女のほうがよっぽど流暢な英語を話す。英語ならいくらでも代わりはいるのである。 こうなるとBABYMETALは日本人である必要は全く無く…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 4 悪い大人の見本

先日言及した通り、BABYMETALは世界的大論争を巻き起こしている。 それは彼女たちが意図したものではないだろうが、 結果的にそうなってしまったからだということが多い。 また、有名になるとそれに対しての妬み嫉みも加わる。 本当に勝負をしたければ音楽で勝負をしたら良いのに 大人たちは汚い世界にいる。 そんな正々堂々と勝負はしない。 汚いやり方で相手を貶めるのだ。 本当に悪い大人の見本だ。 では。 See you!

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 3 RTMR メタルレジスタンスへの抵抗

METAL Resistanceの抵抗Resistanceとは何なのか? BABYMETALの世界的大論争は留まる所を知らない。 それは、BABYMETAL が世界に衝撃を与えたからだ。 世界に与えた衝撃とは何か? BABYMETAL の出現 それは METAL ファンに対して BABYMETALはMETAL であるということを認めるかさもなくば自ら METAL ファンを止めるかの選択を迫るもであった。 では結果はどうなったのか ある METAL ファンは BABYMETAL に飛びついた。 飛びついたものたちが集まる場は絶叫とともに大いなる興奮の坩堝(るつぼ)となる。 しかし、ある METAL ファンは納得できないままでいる。 納得できないものからの抵抗が起こっている様に見える。 あくまでも見えるだけ。 偽Resistance to METAL RESISTANCE(RTMR) 納得できないものたちの手っ取り早い方法は以前も述べたがともかくレッテル張りをすることだ。 ロリータコンプレックス 彼女たちはユニット結成以前に METAL を知らなかった。 BABYMETALは商業主義だ。 全く持って音楽内容や演奏とは関係の無いところで戦っている。 わざと議論のかみ合わないところで戦っているのだ。 議論をかみ合わせない戦術。論理的にかみ合うと負けてしまうので 論点をずらす方法をす…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 2 バラカン氏論争 論理空間について

さて、先日言及したことを一部振り返ろう。 BABYMETALの衝撃は留まる所を知らない。 BABYMETALは世界的な大論争を引き起こしている。 論争の焦点はBABYMETALは真のMETALか否か? BABYMATALはMETALではないとすれば真のMETALの定義と論理的に矛盾する。 METALファンはBABYMETALを受け入れるかMETALファンを棄てるかの選択を迫られる。 そこで、METALファンの心理としては非常に不安である。 実際に自分の目と耳でライブに行って確かめなければならなくなる。BABYMETALのライブは選択を迫られる儀式でもあるのだ。 そこでBABYMETALを見る。聴く。 オーマイゴッド!これはMATALだ。 BABYMETAL=METAL。等式の関係となる。 そしてMETALファンはBABYMETALファンとなるということである。 だから、ライブ映像を見る限りあんなに絶叫を上げて大興奮するわけである。 しかし、100%はそうならないのが人間社会である。 納得がいかない人もいる。 代表的なのが音楽評論家のピーターバラカン氏 METALとはちょっと離れるが以下議論したい。 ちなみに私はバラカン氏に対して感情的には好きも嫌いもないと言っておく。 バラカン氏の主張 (1)BABYMETALはまがいもの。 (2)このようなものが流行とは世も末だ。 とコメントしたという。 結構これが含…

続きを読む

続 BABYMETALの衝撃 1 世界的大論争の謎 相対主義と絶対主義

誰もが子供のころ、大人から、「気を付けなさいよ。世の中ね絶対なんて絶対無いのだからね」という言葉を言われたことがあると思う。 もし絶対は無いのならば、全ては相対となる。では全てが相対であるならば相対が絶対である。 相対であるはずのものが絶対である。ということは論理的には矛盾する。 子供なりに大人は理不尽だなぁ。と思った人も多いと思う。 この事は、現在でも哲学的には多いに議論になっている点である。このことを念頭に置いて欲しい。 さて、私がBABYMETALから受けた衝撃は先に言及したところに述べてある。これからは続編である。 以下、続BABYMETALの衝撃として議論していきたい。 さて、BABYMETALの衝撃は留まるところを知らない。私も年初から予想はしており、本ブログでも幾度と言及したが衝撃の破壊力は留まるところを知らない。 そもそも私が受けた衝撃はBABYMETAL側の志向性は無論のこと、受け手(いわゆるリスナーおよび観客)の過剰なまでの反応の部分も大きい。 今回の議論はここに言及したい。 なぜここまでBABYMETALが世界的に受け入れられたのか?の問いに対して、これもまた現在大いなる論争を呼んでいる。 私は答えよう。それはBABYMETALが世界的に衝撃を与えたからに他ならない。 どういう衝撃なのか?METALとJ-POP的要素の結合、ダンスの融合だけでない。 常に音楽、社会を巻き込んだ論争の中心だからであ…

続きを読む

BABYMETAL SU-METALさん歌唱法の謎1

以前少しSU-METALさんの歌唱法について述べた。 BABYMETALの魅力は歌とダンス。彼女の歌とダンス。 そしてYUIさんとMOAさんのフロントダンスだ。 私はダンスはわからない。 ライブのDVDを購入してダンスを見て楽しいと思う程度である。 さて、SU-METALさんの歌唱法について検証したい。 特にメタルという音楽の性格上 以下の点が難しいと考える。 ・音域   高音域や低音域が必要。 ・リズム  メタル音楽は音量が大く高速テンポや変拍子があるので、リズムをとるのは難しい。 ・音程   爆音があるため音程が取り難い。 ・響き   爆音のため普通の地声で歌ってもかき消されてしまう。 ・その他  ビブラート、ファルセット等のテクニック ではSUさんはどうなのか独断で採点したいと思う。 ◎が最高点です。◎○△×の順です。 以下個人的感想もある。且つSUさんはプロ歌手なので既にレベルが非常に高く私が検証するのもおこがましい。 ネガティブなところは敢えていっている。よって一般人よりはレベルは遥かに高いことを申し上げる。 一枚目のアルバムと二枚目のアルバムの比較する事がわかりやすいと考えた。 1st BABYMETAL ◎音域   素晴らしい。高音の伸びが素晴らしい。 ◎リズム 素晴らしい。悪夢の輪舞曲は最高。 ○音程   低音時に不安定差が感じられる。若干ふらつく。 こ…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.7

さて、最後の2曲になってきた。 最後のまとめも兼ねて検証したいと思う。 第9曲目のSis Angerでメタルの部分はほとんどお腹が一杯になってしまった。 私はそもそもメタルを殆ど聴かない。 さらに追い討ちの3曲は検証も厳しい。1曲は終わったが・・・。 The BEATLES のサージェントペパーとアビーロードをレビューするようだ。 ちなみに1stはThe BEATLESのPlease Please Me とホワイトアルバムを 合体させたように思える。 さて話をもどすと、 第11曲目 Tales of The Destinies 第12曲目 The One これらは1曲でまとめて検証した方が良いのかとも思っている。 実質は繋がっていると考えている。 特に第11曲目は注目である。 本アルバムのラストを飾る曲の前奏と考えて良い。 前奏の役割以上になっている。この曲がBabymatalを 象徴していると考える。 曲の出だしはKARATEを再現するような静寂感から始まる。 これでもかという位、ここまでのBabymetalの音楽的各要素を テンポチェンジで切り替えして一気に詰め込み再現している。 ここが大きなポイントである。 メドレーでないテンポチェンジでの切り替えし手法 この手法は1stアルバムに実験的に採用されている。 2ndではかなり洗練されて採用されている。 テンポチェンジ切り返し手法に加えてYU…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.6

のこりは3曲 本日は10曲目の No Rein,No Reinbow Death ! これも素晴らしい曲である。 これはどう表現してよいか難しいな。 まじめに作られすぎているので検証が若干難しい。 ちょっと崩れているとそこから糸口があるのだけどね。 本曲はSu-METALさんのボーカル。是に尽きる。 彼女の歌声を最大に引き出そうとしたアプローチかもしれない。 すごいことではあるが、ただ、ひたすらそれだけでもある。 私は岩崎宏美さんの若いころを思い出した。 彼女は声が良く、めちゃめちゃ歌がうまかった。 (みなさんはきちんと金をだして、聴いてみてくださいネ) 彼女の若いときはびっくりするぐらい声が良く、歌がうまかった。 岩崎宏美さんとSuさんは良く似ている。歌がうますぎると扱いが難しい。 歌唱力を引き出そうとして作詞作曲側もまじめに作りすぎてしまう。 宏美さんの初期の思秋期なんかそんなものの代表だろうな。 まじめすぎると面白くないのだ。 横道にそれる。二人とも歌唱パターンが似ている。 ハイトーンを地声でやってしまう。殆どの女性歌手ができない高音域 でそれをやってしまう。高音域のときの伸びが素晴らしく良い。 宏美さんは現在はお年なのでファルセット(裏声)を使う。 宏美さんの若いころで聖母たちのララバイをファルセットを 使う時と地声の時があった。フルコーラスを 地声で歌えたときは思わず笑顔があふれ出した場面を思…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.5

さてさて、今日は8曲目と9曲目を行こう。 8曲目 GJ!  これも素晴らしい。 構成  こちらも強烈なギターリフで始まる。  最後は三三七拍子でしめる。 歌  ゆいもあのツインボーカル 歌詞  もっともっとが印象的な内容。  若者用語、ネット用語を駆使してアップデートなタッチになっている。   9曲目 Sis.Anger これも素晴らしい。本当に本アルバムの後半は素晴らしい。 構成  8曲目同様強烈なギターリフが特徴な曲 歌  ゆいもあのツインボーカール 歌詞  本アルバムで最も印象的な歌詞。素晴らしい。  聴いた人が自分のことを言われていると勘違いするような内容。  BABYMETALを聴いた多くの人々が拒絶反応を示す。  自分のことを言われている。からかわれている。  自分への挑戦および恐怖感を感じるからだろう。  攻撃されたかと思ってBABYMETALに対して攻撃を仕掛けるのだ。  これがBABYMETALが素晴らしいという決定的証拠の一つなのだ。  解説として以下を申し上げよう。    魯迅という作家がかつてシナにいた。  彼の代表的作品で「阿Q正伝」がある。  シナ人なら全員知っている作品である。  (アジア人なら是非読むべき作品であると私は思う)  この作品が発表された当時シナ人は自分のことを攻撃されたと  勘違いし多くのシナ人はわめき散らしたという。    もちろん魯迅はこれをある程…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.4

さてさて、今日は7曲目の シンコペーション Syncopation である。 これも一言で言えば、素晴らしい。 最先端のメタルサウンドが基礎になっているようだ。 しかし、そうでは無いと思う。トリックがある。 一般の欧米人には気がつかないだろう。 更に全く、カワイイメタルでは無い。 一般の客向けの初演はまだ、無いと思う。 現時点では当分ライブは不可能と思う。 なぜか?答えは以下である。 まず、前提として、この曲は、昭和歌謡が基礎であると思う。 山口百恵さん 三原順子さん 中森明菜さん の系譜だね~。当時突っ張りと言われた系譜だ。 私の知る限り、今この系譜を受け継ぐ女性歌手は 日本にはいない。と思う。 いるとすれば、香港の謝安琪ぐらいかな。 気になる方は、彼女の藝妓回憶録という歌を金を払って聴いてね。昭和歌謡そのものおよびそれ以上だぜ!やるな!唸ってしまった。 だから香港はやめられない。 広東語の歌は全然商売としては成り立たないけどね。 さて横道に逸れそうなので、戻す。 この曲の基礎は昭和歌謡であり、リフおよびサウンドを メタルチックにしている。私はこのトリックに気がついた。 ギミックではない。非常に真面目に考えて作られている。 Su-metalさんが上述の系譜を歩むことになった場合の伏線と見た。 だから当分初演は無理だね。カワイイきゃらでこの歌を歌うのは無理だ。 今は無理だと思う。…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.3

4月2日 英国でのウェンブリーアリーナ公演 お疲れ様でした。 さて、検証(review)を続けよう。 METAL RESISTANCE 1. Road of Resistance 2. KARATE 3. あわだまフィーバー 4. ヤバッ! 5. Amore - 蒼星 - 6. META!メタ太郎 7.シンコペーション 8. GJ! 9. Sis. Anger 10. NO RAIN, NO RAINBOW 11. Tales of The Destinies 12. THE ONE 前回までの検証 1曲目. Road of Resistance 2曲目 KARATE 3曲目 あわだまフィーバー 4曲目 ヤバッ! 5曲目 Amore - 蒼星 - 今回は 6曲目  META!メタ太郎 今回のアルバムでもっとも物議を醸し出している曲である。 一言で言えば、行進曲。マーチ。 何処の国もマーチがある。どの国の若い世代も古臭いと 印象があるだろう。メタラーの中には失笑する人もあるだろう。 ただ、一言、言えるのは BABYMETALは新しいことに挑戦することに意義がある とわかっているのだろうね。 歌詞の内容が重要と考える。 非常に内容の濃い、歌詞でありすばらしい。 メタルファンへの応援歌ともいえるのかもしれない。 でも殆どメタルではない。(※) 日本人には伝統的に…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.2

さて、BABYMETAL RESISTANCE(以下2nd)の発表から一夜明けた。 五周目ぐらいです。 各所から絶賛、肯定的、否定的な意見がネットを通じて見える。 昨日申し上げたとおり。 ひとことで言うと「素晴らしい」です。 2ndは1st albumのBABYMETALと同様良く考えられて作られていると思う。 金を出しても買う価値はあると思う。 総論および意見は昨日申し上げたので多くは繰り返さない。 さて、各曲の検証(review)に行きたいと思う。 もちろん、BABYMETALは新概念なので、獲得している部分と 獲得していない部分があるので獲得してない部分は理解不能だ。 且つ、音楽というのは好みがあるから意見は当然個人的意見だ。 1曲目:Road of Resistance      この曲は2014年11月初演、2015年1月シングル発表なので、      あまり、詳しくは述べない。聴いてください。 2曲目:KARATE      この曲も既に述べたので省略。      書いたとおり出だしの歌詞が良い。 3曲目:あわだまフィーバー      昭和歌謡の様だが、J-POP要素もあり。きちんとメタルに      なっている。      これも初演はかなり前なのであまり多くを述べない。      もっと歌詞にぶっ飛び感があると良いのでは。 4曲目:ヤバッ!      これも昭和歌謡。私はベンチャーズを昭…

続きを読む

BABYMETAL METAL RESISTANCE review 2nd album ver.1

遂にBABYMETALの2ndがリリースされた。 ダウンロードに時間がかかりすぎだ。 予約をしていたのでメールも来た。ダウンロード開始。 レビューを始めるぞ! 全体的な印象 概観 ざっくりとしか聞いていないけどね。 先行して「The One」のMVがリリースしていたね。 少々下品も加えていているね。良いけどね。「馬鹿野郎」の歌詞もあるな。 別に良いのではないか。メタルだからね。逆にぶっ飛んで欲しいところもあるな。 妥協をしても何もならない。「いかれ」ていないと日本人らしくない。 個人的には歌詞は全部終始一貫「馬鹿野郎」でも良かったのではとも思う。 STAY METAL(メタルを続けて欲しいが、続けられるか?)が 彼ら(彼女たち)の宿命だからな。 METALに縛られそうで打ち破ろうとしている苦悩があり 端的に言って素晴らしい。昭和歌謡ぽっくなっているところも素晴らしい。 J-POPに行くのか昭和歌謡に行くのかの迷いも面白い。 徹底的に昭和歌謡とメタルを重ねるのも一つの解かもしれない。 と思わせる実験もあり。ここも素晴らしい。 1STを超えられないというのはアーティストの苦悩なのだから。 1stが「死」と「呪い」(ここまでは行っていないが)であったのが 今回は歌詞は聴衆に向かっての挑発がテーマかな。 でもJ-POP気味だな。J-POPが挑発になるかどうかだな。分裂しているな。 全般的には素晴らしいが、NEXT J…

続きを読む