とりあえず食べ放題 10 まずは奈良

先回ギョッとすることを申し上げました。 一般的に内地特に地方が疲弊している。限界集落という声も聞こえて久しいです。 疲弊している地域は他の地域の人々を呼び込んで観光業を盛んにすれば良いと思うでしょう。 多分大多数の人はそれが正しいと思うでしょう。 では仮に地方に人を呼び込もうと強力に運動するのです。そうするとどうなるか。 ますます、逆説的に東京や大阪といった大都会に人が集まるようになるのです。 特に地方への観光業への推進は現在の東京への一極集中の原因の一つになっている程の逆説を生んでいると私は思います。そればかりかむしろ安易な地方への観光の誘致は東京・大阪の大都市への集中の原因の一つになっていると私は思います。 なぜ、そう思うようになったかですが、もちろん大阪そのものを見てそう思いました。 東京、横浜、梅田、難波の駅で人の流れを見ていました。特に大阪がキーです。 西日本に行っている人々は大阪に宿泊しています。 それでなんとなくわかったのです。ここに色々なデータがあります。 先回徳島と言いましたが少々お待ちください。今回は奈良の話にします。 徳島を紐解く前に奈良県の話をしましょう。かなり以前の奈良県のデータがここにあります。 1997年の厚生省のデータです。47都道府県中、ホテル・旅館の数の最低はなんと奈良県でした。 えっー!!!修学旅行で京都府や奈良県にあんなに行くのではないか。 嘘だろ!!とい声が聞こえてきそうです。 でも本当で…

続きを読む