新年明けましておめでとうございます 2019年 3

新年明けましておめでとうございます。 2019年の第3回目です。 1回目と2回目でPCのリニューアルについて申し上げました。 毎年年頭に今後世界はどうなるのか、だから、どうするのかを考えたいと思います。 時代がこれまで以上に変化していますね。2015年ごろに私は拙いこのブログを再開したのですが、変化が徐々にではありますが、確実に早くなっていますね。変化への対応を怠らずに、むしろ、率先して変化を先取りしたいですね。 変化への対応には攻めと守りが必要だと思いますね。有利なものは攻めを行い不利なものは補いつつ守ると言うことですね。 今回はどう言う環境の変化がありどう対応していったら良いか私見を多く申し上げます。 もちろん私自身は皆様に申し上げた手前、率先して取り組みますしできれば、お手本にもなっていきたいと思っています。 まず申し上げたいのは、世界のデジタル化への対応です。世界はデジタル化の流れがドンドン進んでいきますね。いつの間にかスマホでポチッとするだけで、海外旅行の航空券が取れたり、銀行振込ができたり、車検が申し込めたり、するようになりましたね。今までは仕事を休んで行っていたことが、通勤や移動時間中でできるようになりました。 とはいえ、あなた方の会社での仕事はデジタル化の進み具合はどうでしょうか? まだ、仕事で手書きFAXを使用しているなんていうものがあるのではと思います。 あなたはデジタル社会に適応できているでしょうか? できていたら、大丈夫です。ドン…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 7 活力があれば限界集落にはならない?

マーケテイングはよそ行きの第7回目ですね。 だいぶこのブログも間が空いてしまいました。 その間に内地では地震や豪雨と言った自然災害から、猛暑から、色々ありましたが、世界はどんどん動いていますね。 マーケティングはよそ行きの前回は安倍首相やトランプ大統領の各国の話をして終わってしまいましたが、まさにここにきてマーケティングというか外の世界の経済の大きなうねりが起きておりますね。 まさにマーケティングはよそ行きであり、外の世界へ向かって行くことなんですと私は言いたいのです。 本来ならば通貨や為替や今回トランプ大統領が取り上げた関税といった話をしたいのですが、通貨や為替や関税がわかる前に感じたことですね。 何よりもマーケティングはよそ行きであり、活力だと申しあげたいのです。 活力がある人活力がない人色々いるでしょう。でも個人名をあげると面倒なので場所にしましょうか。 同じ内地でも、限界集落の方々は何かが違いますね。 全部の限界集落を回って見たわけではないですが、やはり、活力が少ない。 もちろん、東京、名古屋、大阪、福岡などと比べてですがね。 比べる相手が違うでしょと思うでしょ。でも、都市も人も同じだと思いますね。都市にいると若々しくなる。それはなぜでしょうね。もちろん、全員がそうではないのはもちろんですが、地方にいる時より、都会にいる時の方が活力が湧いてきますよね。活力の源はなんでしょうかね。 都会は色々な情報が集まってきます、色々な実験的…

続きを読む

あるCD屋の閉店 2 音楽配信普及の波

あるCD屋の閉店 の第2回目です。 前回は、ある都市の昭和創業のCD屋が閉店になったということを皮切りに、音楽配信サービスの動向もあり、今後、CD屋の閉店は加速するだろうと予想しました。 不思議に思うのですが、音楽配信サービスの会社はどうやって、売上を決めるのでしょうね。それもありますし、無料配信する会社はどうやって、その著作権者つまり、アーチスト側に費用を支払うかですね。 もちろん広告収入があるらしいのですが、エンドリスナーとしてはすごい数をダウンロードしますよね。 それをどうやって管理するのでしょうかね。 私も音楽配信に登録してやってみました。お試し期間中は何曲でも聴けるしダウンロードし放題です。 今までお金を払っていた楽曲が、無料でダウンロードできます。 以前でしたら、もちろん、BABYMETALの楽曲は躊躇せずにおカネを払ってダウンロードしていましたよ。 でも、ちょっと良さげな曲だなぁとか、全く知らない楽曲は実際聞いて見ないと良し悪しはわかりませんけども、それを聴くためにはおカネを払わなくてはならいのでしたね。 だから、相当良い曲だねとわかるまではダウンロードすることに躊躇していました。 ところが、今は無料配信ですからね。どんどん気兼ねなくダウンロードできます。よって、ハードディスクの空きがなくなるまでとは言いませんが大量にダウンロードしてしまいました。 でも良く考えたらネット配信ですのでハードディスクに落とす必要はないので…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 6  外の世界は大変だ

G7 先進7カ国首脳会談が先ほどカナダで開かれたそうですね。 安倍さんが言うには貿易に関して激しい議論の応酬があったそうですね。 結論としては自由貿易を継続しましょう。つまり、関税等で他国の製品やサービスを排除するのはやめましょうと言うことになったそうですね。 沢山の写真が出回っています。 特に話題になっている写真をアップさせていただきました。 もちろん詳細はわかりません。これだけでどうこう言えることではないのですが、私がマーケテイングはよそ行きと言っております。外交なんてよそ行きの代表選手ですね。各国首脳およびその官僚たちがその国の看板を背負って周到な準備をしているのですし、各国も個別に国内事情を背負っている。 だから首脳としても必死なわけですね。下手に妥協してしまったら、何の面下げて帰国するのか?とでも言われてしまいますね。 高いカネをかけて、時間をかけて準備して、何の成果もなしと言うこともあるのですね。外の世界に出ればそう言うこともあるのですね。 でもやはり外の世界に立ち向かっていこうと言うことなんですよ。自分の殻に閉じこもっていては長続きしませんね。全く異質のものに立ち向かってこそ、儲かるアイデアが浮かびますし、新しい局面も増えるでしょう。 ですから、内地にいてつくづく思うのはなぜ外の世界に出ないのですかねと言うことですね。家の中でゴロゴロしているのは非常に楽ですね。 でもやはり危険を覚悟で外に出ていくのですよ。家の中…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 5

マーケティングはよそ行きの第5回目です。 前回は狩猟社会、農業社会、工業社会、そして情報化社会について述べましたね。 そもそも我々人類は生きていかなければいけないですね。だけど、ただ生きているのではなくて、よりよく生きて行くこうとするのですが、どうしたら良いかわからないですし、学校でも教えてくれないのですね。 それは特に学問と金儲けの関係を教えていないことも一つの原因ということを延々と述べさせていただきました。 少々脱線しますが、公教育では一般企業の経済活動の事例というは教材とするのは難しいというのはある程度わかります。しかし、現時点の様に殆どカネ儲けについて触れないという小中の教育は疑問ですね。 まぁ、いずれにしろ、結局、カネが儲かるようにしたいどうすれば良いかそれはマーケティングと言われています。 でも、マーケティングと言われているがよく分からないという声を耳にしますね。というか、内地の多くの人々は分からないし、わかろうとする動機付けもないのでは?と私は思いますね。 海外とりわけ欧米ではビジネス書等でもマーケティングというのは出てきますね。 儲けるということはとどのつまり、カネを稼ぐということでカネを稼ぐというのは抽象的に言ったら、顧客の創造なんていう言い方も成り立つのですね。 ビジネス書で語られていることは、顧客の創造ということからさらに抽象的に言ってみるとマーケティングであるなんて詳しく説明されていますね。ドラッカーさんとかポーターさんとかコト…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 4

マーケティングはよそ行きの第4回目です。 先回は外へ出よう。外にでてカネを稼ごう。でもカネを稼ぐことはテイクtakeではなくてギヴgiveであるともしました。 何のこっちゃ。と思われることかもしれません。 なぜ、カネを稼ぐのに相手に与えなければいけないのかわからないと言う人もいるかもしれませんね。そう言う人もいるでしょうね。そう言う人は狩猟民族型に分類されるでしょうね。外に出て獲物を仕留めて帰ってくることですね。 ギヴがわかる人は農耕民族系だとも言えます。世話をするのが好き。毎朝早く起きて、稲という生物のために暑い日も雨の日も風の強い日も労力を惜しまずお世話して、秋には収穫することですね。 どちらも、良い悪いはなく、昔から今まで続いているのですね。元々は人類は狩猟民族だったのでしょうね。 それから考古学者の言うことを信じれば、ここ、1万年前から数千年前ぐらいで農耕や栽培が始まってきた。 と言うことですね。 内地で言えば縄文時代は狩猟の生活でしたね。海の近くでは魚や貝を採って来る。大森貝塚とか加曽利貝塚に行くとわかりますね。 それが稲作の伝来に伴い稲作の生活になって行くのですね。登呂遺跡に行くと弥生時代をモデルとした田んぼがありますね。 狩猟は野生動物や木の実をとるために外に出ます。取ってきたら棲家に帰ります。でも、だんだん取れなくなってきますね。取り尽くしてしまえばそれで終わりですね。また何処かへ移動しなくてはなりませんね。 せっかく慣れた土地…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 3

マーケティングはよそ行きの第3回目です。 前回は人生皆悩んでいる。楽なのはあまり外でウロウロしないこと。どうせなら楽をしたいから、外に向かっての一歩が踏み出せないと言うことを申し上げましたね。 外に向かって一歩を踏み出すのは確かに難しいですね。と言うより家でゴロゴロしている方が楽ですよね。 家に引きこもって、ゲームしていられるのならばそれはそれに越したことはありません。でも、それでもやはり、親が外に出て稼いでくる。父親は働きに出て行くし、母親も買い物に外に出る。あなたは家の中でゲームだけ・・・。 でも、本当は外に出ないと生きて行かれないのですね。どんなに寒くても、どんなに暑くても、どんなに世間の風当たりが厳しくてもあなたは外にでなければならない。 我々は動物ですから自分自身で栄養を作り出せないのです。自分から収支を合わせに外へ行かなければならないからですね。 いいえ、私は株式相場で儲けていますから家の中のホームトレーディングで大丈夫です。私はユーチューバーですから外へ行きません。と言う人もいるでしょうが、長期的な視野に立ったら、その買いたい企業を訪れたり、その企業の人間に会う人の方が勝つ確率は高いと思います。ユーチューバーもネタが尽きてネタを求める必要があります。取材するためには外に出ますよね。 でも、やはり家の中にいた方が居心地が良いと言う人もいるでしょうが、それは親や先祖がたまたま裕福だったからでしょう。結局あなたの親やご先祖様がかつて外に出て稼いでく…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 2

マーケティングはよそ行きの第2回目です。 人生では何が大事だと言うことです。 当然、生命と財産でしょうね。 まぁ。いいえ、精神である。とか家族だ。という人もいるでしょうが、大体が生命と財産が大事だということに落ち着くのでしょうね。結局は目に見えるというか数を数えられるものでないとわからないのでそうなるのでしょうね。 いずれにしろ、話を進めたいので申し訳ありませんが、多少強引に話を持って行きます。 生命を維持するには安全や健康が大事ですが、安全や健康を維持するには結局カネがかかるのですね。良く内地は空気と水と安全はタダだと思っていると揶揄されますね。健康もタダでは手に入れられませんね。多くのお年寄りは死ぬほど努力して健康を手に入れていますよね。 では仮に財産が少しはあるとしましょう。もちろん、生命もある。こうすると次に何が大事ですかね。 この世に生を受けた時は多少は両親の愛、特に母親の愛というものがあるハズですね。そうしなければ生まれてこないでしょうから。そして、この世の中をある程度認識できるようになって、つまり、ある程度責任を取れる年齢になってから人は悩み出すのですけれど、そうした時から何が大事なんでしょうかね。 私は端的に言うと通常の人生で大事なのは世界の認識を行い自分の位置を確認して収支が合うよう行動することだと思いますね。もちろん極端な時はそうではないでしょう。苦しいとき例えば肉親の死に直面する。事故にあうと行ったときではとりあえず、この悲しみをどうし…

続きを読む

マーケティングはよそ行き 1

マーケティングについての第1回目です。 なぜマーケティングについて述べようかと思ったかというと。 以前、仕事を取って来る人が大事です。と申し上げました。 また、人も人生も国も収支があっていることが大事だと申し上げました。 でも収支を合わせるということはとどのつまり、稼いでくることです。稼ぐためにはマーケテイングをしなくてはいけないのですね。 そんなことが意外と多くの内地の人々が気がついていない。ということがわかった来たからなんですね。意外に気がついているようで気がついていない。こんな日常生活でありふれていて、単純なことがわからないのですね。特に思い当たる節としてあげられるのは景気回復の実感が無いです。なんていう報道を多くの人が鵜呑みにしてしまうということなんですね。 まあ。学校では色々教えなければいけないのですが、金儲けつまり貨幣のメカニズムということ国境ということを教えるということが今の内地には欠けていると私は常々思うわけです。 国境のことは以前から何回も言及していますので今回からは金儲け、つまりマーケティングを取り上げたいと思っています。 勉強しろ、勉強しろと大人は子供に言いますね。子供の頃言われたことがあるでしょう。でもではなぜそんなに勉強しろというのか?と大人たちは子供達から問われますね。大人はこう言いますよね。勉強していないと大人になったら苦労する。わかったときにはすでに遅し、苦労しないために若いうちから勉強をしておいた方が良いということを言うわけ…

続きを読む