中学校の教科書 文科省の失態を暴く 2 〜音読みの発明を生かせ〜

中学校の教科書 文科省の失態を暴く の第2回目です。 前回は導入部分でしたね。以下の問題を読者の皆さんに出しました。この地名を漢字で書いてくださいという、問題です。答えと解説をいたします。 Q1 チューハイ【風景・景勝地・中国語版DVD】百島の市 珠海 - 中国の本屋 A1 珠海 ジュカイ ですね。 広東省の都市名です。マカオに面しており、観光業が盛んになっています。音読みのまま、ジュカイと発音を明記すれば良いのにチューハイといったら、夕方の駅の売店でおじさんが買っている飲み物のことですよね。 でも こんな言葉が出題されて、中学生は回答しないといけません。もちろんチューハイといっても日本では誤解を受けるし、シナでも全く通じませんね。北京語の発音はジューハイに近いですが、これとて通じませんね。珠海の「珠」つまり「ジュ」の音は日本語にありません。でも音読みの方が近いと思います。チューでは通じませんね。 Q2 コワンチョウ A2 広州 コウシュウですね  広東省の省都ですね。歴史的にも有名な都市で、鎖国状態のシナの出島的役割をになって来ましたので、対外的には理解がある都市です。日本では博多や長崎を合わせたような存在ですね。発音としては北京語でグァンジョウといってギリギリ通じるかどうかですね。広州はカタカナ表記で発音しても、シナではほぼ通じません。中学校の教科書通りのコワンチョウといっても日本人にも通じませんし、シナ人の誰一人として通じないでしょう。 広東語の中心地なので、広州を広東語でいうと…

続きを読む

中学校の教科書 文科省の失態を暴く 1

以前ふとしたことから、中学生と話になりまして、シナの地名について聞いたことがあります。その中学生A君から、驚愕の発音を聴きました。それが今回の記事のきっかけです。 中学生A君はシナ語の地名を文科省検定済みの教科書通り、にカタカナ発音で私に表現しようとして、発音しました。しかし、全然できていないのですね。つまり、シナ語と日本語がわかる人にも全く通じない言葉を覚えていたのがわかりました。 つまり、中学校A君は文科省の大失敗を盲従して、更なる大失敗を犯していますね。ですがそれを改めようとせず、盗人猛々しくく、文科省は強制している!ということについて今日は触れたいと思います。 シナ語をカタカナ表記する。 それはデメリットしか無い。 と私は思っていますし、本当にシナ語ができる内地の人間は千年以上にもわたってそう思ったということです。 というよりは文科省はどう考えても、キチガイ、であると思います。キチガイというのは精神病のことです。精神病院に入院して、実社会に出ない方が良いということです。文科省は、全く、無意味というか害悪であるとわかっていて、それに時間をかけて、中学生にさせているのです。そもそも昔の教科書もキチガイみたいなことは書いてありましたが・・・。北朝鮮は工業化が進んで楽園ですね。韓国は農業国で貧しいなんていうことがいけしゃあしゃあと書いてありましたね。本当に文科省はキチガイです。 働き方改革の時代に意味のないことを時間をかけて強制しているといって良いでしょう。本当に文科省はブラ…

続きを読む