熊本地震 “窃盗団”横行

熊本県や大分県で頻発する群発地震で“2次被害”が多発している。無情に降り注ぐ冷たい雨とともに被災者を苦しめるのは自然の脅威だけではない。人気のなくなった住宅地などに侵入し、金品を奪う「火事場泥棒」が横行しているというのだ。熊本県警に寄せられた窃盗事件などの被害件数は22日午前6時現在、実に17件。被災地には不届き者に対する憤りや恐怖が渦巻いていた。  冷静に歴史に学びましょう。 震災のときは思い出して欲しい。日本史だ! 震災=戦争とは申し上げた。 震災である。当然、通常の指揮命令系統が寸断されているので、 外部からの進入を受けるとひとたまりもない。 でも、虎視眈々と窃盗団は火事場泥棒、震災泥棒を狙っているのだ。 肉食動物は草食動物が群れからはぐれるのを虎視眈々と狙っている。 熊本が狙われている。 日本史上最大の窃盗団の被害を受けた事件はなんだったであろう。 それは、1945年8月7日から終戦後まで続いた ソビエト(現在のロシア連邦)侵攻である。 南樺太、千島と日ソ中立条約を一方的に破棄し 侵攻したのである。 ソ連侵攻を手引きしたのは日本人だった。 もちろん共産主義者である。 共産主義者は火事場泥棒を是とする。 共産主義者の主張は資本主義そのものが間違いなので、 そいつらからは金は奪っても良いと定めてある。 こいつら共産主義者は監視の対象にすべきなのだ。 北方四島返還だけでの平和条約などとはとんでもない。 …

続きを読む

熊本地震 募金お願い 被災地、おにぎりが余り過ぎて破棄!ネットで怒り爆発

朝のブログでも述べたが、現時点は物はいらないのだ。 必要なのは指揮命令系統だ。その次は経済力だ。 指揮命令系統がはっきりしていれば 現時点で何が必要かを正確に要求できる。 すでに1週間たつのである。 すでに物はいらなくなりつつある。 インフラも回復しつつある。 そこで必要なのは金銭的負担の軽減。 だからわれわれにできるのは募金ですね。 まじめに働いている人は税金も払ってくれれば良し。 手っ取り早いのは熊本の製品を買うことだよ。 戦争もそうだが、最終的には経済力が上回った方が勝ち。 売名的に募金するやつもいるからこの国は困ったもんだ。 いずれにしろ金はいくらあっても困らない。

続きを読む

戦争 震災 熊本の地震に思う

この度、熊本の地震にて、 被災を受けました方々へお見舞い申し上げます。 また、亡くなられた方々への哀悼を申し上げます。 さて、日本は地震国である。 戦争との関連を検証したい。 中には、この時期に戦争を議論するなんてひどい。 と思う人は別に良いのだ。 Babymetalなんてメタルではない。ギミックだと思う人と同じだ。 これらの人々とは議論する気も起きない。どうでも良いのである。 そう思う人がいるからこそこの問題は本質である。 ちなみに情報戦は物理的ではないのこの議論からは除く。 本当はデマということで関連はあるがここでは対象外とする。 戦争(戦闘)=震災 である。 なぜか。以下の大きな共通点があるのだ。 だから、自衛隊、警察、消防のような組織の 大規模な支援が必要なのだ。 ①陣取り合戦である。包囲戦である。   戦争は相手を孤立させることが必要。外部との連絡を   (通信、動力、食料等)遮断し、包囲して殲滅する。   震災、震源地を中心としてインフラ物流網が遮断される。   通信も確保できなくなる。   孤立した陣地を救い、復旧させるために援軍乃至は   物資を送らねば殲滅してしまう。 ②波状攻撃をされる。   戦争は相手方に対して絶え間なく波状攻撃をして   壊滅および決定打を与える。立て直す時間を与えてはいけない。   震災は一度の本震だけのときもあるが殆どが   本震なみの余震…

続きを読む