とりあえず食べ放題 12 結局どういうこと?

結局どういうことだったのか? そうですね。 交通が飛躍的に便利になります。 全く見ず知らずの土地に行くことができるようになりました。 日本人でもシナ人でもネットでポチッと押すだけでホテルに泊まれるようになりました。 ですけどハズレもあるんですね。当然。ネットですから。嘘も多いんですよ。 その結果が大阪のホテルの大繁栄なのですね。 とりあえず食べ放題の原理なのです。 初回に言いました。広東人、香港人は日本に来ても食事のことが頭から離れない人が極端に多いです。 ですから、失敗したくない。内地のレストランは全部初めてです。いったことがありません。冒険です。 だから広東人・香港人たちはとりあえず食べ放題のレストランを選びました。放題の文字は読める。それを目印にする。 多少まずいものがあったとしても全滅はないだろう。まるで大航海時代の冒険者が北斗七星、南十字星を目印にするがごとくです。 そうです。現在はシナ人の爆買いが減少し爆移動の急増になっています。 日本の色々なところに行きたい。地方の変なホテルに連泊して失敗したら大変です。 特に西日本はホテルの選択肢が大阪に限られています。 奈良も徳島も頑張ってはいますが如何せんホテルが少なすぎる。 だから、大阪の便利なホテルに宿泊して日帰りで西日本の各地をまわるのです。 関西の私鉄各線も訪日外国人への営業がうまいです。 要するに爆移動放題現象(ばくいどうほうだいげんしょう)が…

続きを読む

とりあえず食べ放題 11 ようやく四国徳島2

大阪に泊まって初めて四国へ行きました。 四国は非常に良いところです。非常に好きになりました。 私は四国が好きです。ですが・・・。 大阪から日帰りができるのは徳島と香川だけでした。 行って見てよく分かりました。四国経済の衰退は衰退して当然です。とも言えます。 非常に残念ですがね。でもケチをつけるというわけではありません。良くなって欲しいから書きますよ。 偉そうに申し上げますので覚悟してください。 単に努力が足りないだけなのです。ホテルの予約だけでもわかります。 大阪にいるないしは本州にいる人は四国の人と比べて何が違うのか、歯を食いしばって頑張っているのですただそれだけです。 本州の忙しい人は5月の連休ぐらいしか休めない。 でも四国には行けない。大阪のホテルに泊まって四国に日帰り旅行で行くしかない。 大阪のホテルは90%以上の稼働率ですがなんとか営業努力をします。 四国のホテルの稼働率は軒並み低いです。でも5月の連休にピークが来てしまうと 許容量をすぐにオーバーしてしまいます。 先回言及しましたが、徳島のホテル・旅館数は全国の都道府県中最下位です。 泊まりたくても泊まれないのです。 だから数少ない徳島の目玉である阿波踊りを見る人も大阪に泊まるでしょう。 そうなってしまうんですね。 馴染みのお得意様は宿泊できるでしょうが、ちょっとの興味本位の一見さんには厳しいところです。 私と同じようなことが起きているでしょう。西日本に行…

続きを読む

とりあえず食べ放題 11 ようやく四国徳島1

まず言っておきます。 地方のホテルはピークに耐えられない。 一人でも多くに人を止(泊)めようとしているとは思えない。のですと・・・・。 なぜ四国徳島の話題にしたのかと言いますと以下長々と説明します。 お付き合いください。 そもそも数年前ですが私に取って、 四国出身の知り合いができました。 しかし、私は生まれてこのかた、四国へ行ったことが無い。 だから私とこの人との間にこの人の地元である四国の共通話題が無いのです。 そこで私はあるとき四国へ行こうと思いました。 5月の連休だったと思います。 しかし、5月の連休をネットで調べました。四国のホテルはどこも空いていない。 次の年の5月もそうでした。 その次の年の5月もそうでした。 そんなこんなしているうちにその人と縁遠くなってしまいました。 私は内地に戻りました。内地を見たいのですがやはりその時無念だったのか 四国に行こうと思いました。でもネットで調べるとやっぱり空きがない。 仕方ない。でもやっぱり行きたい。四国へ行くために私は大阪のホテルに泊まります。 大阪のホテルは客室稼働率はダントツの全国最高位80%~90%の驚異的な数字です。 でもなんとか予約できました。やっぱり大阪になってしまうんです。よ。 四国のホテルではないのですね。 それでも何とか予約させようと大阪の人たちは努力します。 一方四国のホテルはネットでは予約できずじまいでした。 まるで、予約が入らないとい…

続きを読む

とりあえず食べ放題 10 まずは奈良

先回ギョッとすることを申し上げました。 一般的に内地特に地方が疲弊している。限界集落という声も聞こえて久しいです。 疲弊している地域は他の地域の人々を呼び込んで観光業を盛んにすれば良いと思うでしょう。 多分大多数の人はそれが正しいと思うでしょう。 では仮に地方に人を呼び込もうと強力に運動するのです。そうするとどうなるか。 ますます、逆説的に東京や大阪といった大都会に人が集まるようになるのです。 特に地方への観光業への推進は現在の東京への一極集中の原因の一つになっている程の逆説を生んでいると私は思います。そればかりかむしろ安易な地方への観光の誘致は東京・大阪の大都市への集中の原因の一つになっていると私は思います。 なぜ、そう思うようになったかですが、もちろん大阪そのものを見てそう思いました。 東京、横浜、梅田、難波の駅で人の流れを見ていました。特に大阪がキーです。 西日本に行っている人々は大阪に宿泊しています。 それでなんとなくわかったのです。ここに色々なデータがあります。 先回徳島と言いましたが少々お待ちください。今回は奈良の話にします。 徳島を紐解く前に奈良県の話をしましょう。かなり以前の奈良県のデータがここにあります。 1997年の厚生省のデータです。47都道府県中、ホテル・旅館の数の最低はなんと奈良県でした。 えっー!!!修学旅行で京都府や奈良県にあんなに行くのではないか。 嘘だろ!!とい声が聞こえてきそうです。 でも本当で…

続きを読む

とりあえず食べ放題 9 単純な疑問からの発想

旅に必要なものは? 時間とカネとパスポートこれがあればだいたい大丈夫です。 時間とカネをかけて移動手段を駆使して日常では経験できないものを味わう。 ということでしょうね。 但し、トラブルは嫌なのです。安全、安心、利便性にこだわるのでしょう。 旅=ビジネス?とも言える。 そういう現象が出てきていますよね。 だから、爆買いではなく、爆移動したい。しかし、というかそれゆえに東京と大阪に人が集まるのですね。 何が言いたいかといいますと。 いろんなところに行きたければ行きたいほど東京などの大都会に人が集中するのだと思います。 例えばいつもの思考実験をしますよ。 昔なら旅好きの方は温泉で山や海の景色を見ながらってなるんですけど、やはり温泉や山や海の近くはホテルとしては厳しいのですね。別に私はホテルを経営したことはないですが御免なさい。勝手に言わしてもらいます。 絶景があるような僻地のようなところでホテルや旅館を始めようとするのならば電気、ガス、水道のインフラはなかなか貴重ですよね。息を呑むような断崖絶壁の付近にそもそもインフラはない。行政としても財政が豊かではない。ゴミもなかなか回収してくれない。だから、やはりトイレが汚かったり、ゴミの臭いがしたりと大変なんです。 人材でもそうです。難航するでしょう。僻地には学校や病院も少ない。だから送迎バスで従業員を都会から送り迎えしなくてはならない。人手不足です。元気な労働力の若者はこの僻地にいませ…

続きを読む

とりあえず食べ放題 8 新たなる切り口

内地はどうなっているのかというより、内地を知るには実際そこへ行って見ないとわからないのです。 限界集落という言葉がありますが、まだ限界集落のうちは良いですが、何もなくなってしまったらつまり原野になってしまったらもうそこへ行く術がありません。道すらない場所へ行くのは陸路では不可能です。 というところで内地を見るにはどうしたら良いだろうかについても考えたいと思います。 内地の描写をするためには内地という、場所へ行かなければならない。 そこに行かれるのか? 対象はあるのか? 行ったところで対象を捉えられるのか? どこから行くべきなのか? 色々あると思います。 当ブログでは当ブログらしく、訪日外国人から学ぶということでいかがですか? 訪日外国人から学ぶというのはとても面白いです。 特に旅行、観光については非常に変化が生じていると思います。 内地は変化が乏しいと行っている人がおりますが、私の主観では観光業、旅行業の世界は激変しております。 それに人の動き、交通の動きは誰の目にも見えるのですが、心の中は見えないのです。 人々の心の奥底に刻まれた内地は他人は見えないのです。 ですのでその人々がどういう行動をとったのか?どういうデータを残したのかで心の奥底についての推測や仮説を立てることはできると思います。 さて、先般私も指摘しました。内地の訪日外国人は爆買いが爆移動になっていると申し上げました。 これについて次回以降細かく…

続きを読む